So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

日本に実際に起こる これからのこと [色々]

先日、テレビ番組を観ていたら
こんな内容の事をやっていました。

番組名等は不明ですが、
私のメモに書かれていた事を書きますね。
( )内は私の年齢です
2018年 国立大学倒産の危機へ
(52才)

2020年 女性の2人に1人が50才以上に
(54才)

2024年 3人に1人が65才以上の
(58才)       「超・高齢者大国」へ
2025年 東京の人口が減少へ
(59才)
2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
(67才) 
2039年 深刻な火葬場不足に陥る
(73才)
2040年 自治体の半数が消滅の危機
(74才)
2050年 世界的な食料紛争に巻き込まれる
(84才)
私は何歳まで生きるか分からないですが、
65歳になって「年金を支払えません」なんて
言われたらどうしよう…なんて考えながら
日々恐れて毎日を過ごしています。
これからの若い人たちは、一人で5人分の
老人を抱えて行かなくてはいけないので、
本当に大変だと思います。
どうぞよろしくお願いします[かわいい]

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラーメンつるや と トロッコ王国 [車でドライブ]

美深のトロッコ王国ってご存知ですか?
随分前に 6チャンネルの「ハナタレナックス」
大泉洋さんが乗っていたのを観ていて「行きたいな~」と
思っていました。
1.JPG
岩見沢を出発して旭川に向かいます。
いつも取り締まりをしている場所で、捕まっている車がいました[がく~(落胆した顔)]
2.JPG
車内で「何を食べる?」なんて話をしていたのですが、
私が
「つるやのラーメンが食べたい」
って言ったら 仲ちゃんも賛成してくれて、早速行く事になりました。

やっぱ人気のラーメン屋です。
入店するまで数分かかりました[グッド(上向き矢印)]
だけど美味しい証拠です。
3.JPG
野菜塩ラーメンです。
麺にも味が付いていて、本当に美味しいの。
だけど宣伝をしたらこれ以上混んでしまうので
宣伝しない事にしますね~(笑)
4.JPG
お腹が一杯になって満足満足。
運転するのは仲ちゃんです。
私は景色を堪能させていただきますね~。
5.JPG
岩尾内ダムを通過。
美深の目的地、トロッコ王国まであと80.5kmです。
到着時間は16:51になっていますが、
6.JPG
7.JPG
8.JPG
9.JPG
トロッコの最終時間は16時発です。
乗り方の説明を受けなくてはいけないので、
20分前までに現地に到着しなくてはいけません[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]
10.JPG
11.JPG
12.JPG
カーナビが計算した到着時間より、40分程早く到着しました。
良かった~。間に合った~[あせあせ(飛び散る汗)][わーい(嬉しい顔)]
13.JPG
受付しましょう。
14.JPG
15.JPG
「先程お電話下さった方ですね~。間に合いましたねと
お姉さんが声を掛けてくれました。

大人一人 1,500円で切符を購入。
16.JPG
ふくろうが描かれた可愛い切符です。

「仁宇布 から 美深 ゆき」と書かれています。
読み方は「にうぷ から びふか ゆき」です。
16-1.JPG
今、他の家族が帰ってくるのを待っています。
待っている間、足こぎトロッコに乗ってみます。
6月18日に行ったのですが、とっても寒く、
気温は13℃くらいしかありません。
17.JPG
18.JPG
19.JPG
20.JPG
時間を潰していると、他の家族が帰って来ました。
1歳くらいの幼児もいるのが見えます。
皆さん寒そうですね。ジャンパーの上にカッパを羽織っています。
21.JPG
22.JPG
23.JPG
はい!声が掛かりましたので、トロッコの運転に関する説明を
受けに行きますよ~。片道5km。往復40分。

24.JPG
25.JPG
寒そうなので、ジャンパーの下に3枚、首にタオルを巻いて、
手袋をはいて準備完了です。
26.JPG
耳かけも持ってくればよかったな~[がく~(落胆した顔)]
27.JPG
出発進行!![手(グー)][ダッシュ(走り出すさま)]
28.JPG
29.JPG
30.JPG
31.JPG
手すりも何もない鉄橋[手(チョキ)]
めっちゃ楽しいです[グッド(上向き矢印)][るんるん][グッド(上向き矢印)][るんるん][かわいい]
32.JPG
2.5kmのターンの注意を受けました。
ここです。↓ ↓ ↓
ぐるっと回る時、スピードを出し過ぎて、脱線して
谷底に飛んで行った乗客がいたらしいです。
スピードは十分落として回ってきて下さいと言われました。

無題.jpg
そろそろ到着です。
33.JPG
やっぱ寒かった~。
途中、耳がしゃっこくなって、耳かけを車に置いて来た事を後悔した[わーい(嬉しい顔)][ふらふら]
34.JPG
うわぁ~ 段々アップに耐えられない顔になってくる~[がく~(落胆した顔)]
しょうがないね(笑)あと3ヶ月で53歳だぁ~[わーい(嬉しい顔)]
35.jpg
乗車が終わってから、この看板を見つけたので
ちょっと寄ってみる事にしました。

36.JPG
37.JPG
38.JPG
ここかな?ちょっと写真と違うね。
39.JPG
この先立入禁止になっていたので、ここが終点みたいです。
40.JPG
41.JPG
42.JPG
43.JPG
もっと上流の方だと思うけど、春先は熊出没が怖いので
立入禁止の場所には行きたくありません。

マイナスイオンを胸一杯に吸って退散します。
44.JPG
45.JPG
陽に当たる所のフキが こんなに大きく育っています。
美味しそうですね~。
46.JPG
さて、名寄に予約してある 今夜の宿に向かいます。
年中無休の私達ですが、たまにサボらせて下さい[わーい(嬉しい顔)][かわいい]
そうそう!!
北海道を旅行される方に注意です[exclamation][exclamation]
車で走行中に必ずと言っていい程
北きつねに遭遇します。
エサが欲しくて車に近付いて来て
車を通せんぼしますが、
絶対に食べ物を与えないで下さい。

車を怖いものと思っていないので
道路には動物の死骸が沢山転がっています。
お願いします。
そっとしてあげて下さいね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

岩見沢あやめ公園&シコロ線 [散歩]

岩見沢には素敵な公園がいっぱいあります。
ここ「あやめ公園」もそのうちの一つです。
巨大な敷地に一面のあやめ。
特に書く事もないので、公園の写真をすら~ぁっと並べますね。
1.JPG
2.JPG
ポプラも大きく生き生き育っています。
3.JPG
4.JPG
花と緑と青空と雲。
なんて素敵な風景でしょう。
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG
10.JPG
あれれ?階段の上に、きつね君のフンが転がっていました。
拡大して見てみると…
色とりどりの昆虫の死骸がぎっしりです(笑)[がく~(落胆した顔)]
食べ物は豊富なんですね。
9.JPG
この辺は閑静な高級住宅街なんですよ。
でもキツネは徘徊するんですね(笑)
P7126795.JPG
P7126796.JPG
お天気がいいので、朝日~毛陽(もうよう)~美流渡(みると)を探検。

美流渡の奥の奥まで走ると、「シコロ線」をつなぐ
工事が行われていました。
P7156808.JPG
ちょっとの区間は砂利道。
P7156809.JPG
P7156810.JPG
その他の道路は工事が進み、新しいアスファルトが
敷かれていました。
P7156811.JPG
道路はここで終わり。
P7156812.JPG
ちょっとだけ、バイクで走る林道を探索。
ここなんて どう?
ちょっと歩いてみようか。
P7156813.JPG
泥が流れる場所は、土が深く掘れています。
P7156814.JPG
道と言う道ではない感じになってきましたね。
もしここで熊が出てきたら、きっと死ぬね。。。
って毎度同じ言葉を繰り返しながら林道を歩きます。
P7156815.JPG
P7156816.JPG
今日は特別暑い日です。
太陽がギラギラ照り付けます。
2人共ヘロヘロになりながら引き返します。
P7156817.JPG
P7156818.JPG
P7156819.JPG
P7156820.JPG
P7156821.JPG
下りは結構急だけど、どうする?ここに走りに来る?
これなら、Uターンも出来ないね。
P7156822.JPG
それに、この穴にタイヤがはまってしまったら
脱出出来ないかも知れないし、もし怪我でもしたら
年中無休の仕事にも支障が出るので、
この林道を走る事は断念する事にしました。
 
P7156823.JPG
走りたい気持ちを残しながら退散です。
 
P7156824.JPG
P7156825.JPG

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

幌向川林道ツーリング [林道ツーリング]

6月2日(土)
今日はオフロードバイクで林道に行きたい気分。

前から目を付けていた林道を「地理院地図」で
調べてみたら、走れそうな感じだったので
仲ちゃんと出発しました。

入口まで行ったら、看板は朽ちて倒れていました。

1.JPG
獣臭ムンムンだね(笑)熊がいそうな気配。
しかもゲートが閉まってる[がく~(落胆した顔)]
2.JPG
だけどさー
カギは
チェーンにぶら下がってるだけ。
きっと山菜採りの為に開錠してるんだね。
3.JPG
入林にはちょっとためらったんだけど、
カギが空いてるし…入ってみるか[わーい(嬉しい顔)]
初めての林道だったので、20km程行って
折り返してきた。
もうちょい走れば一周り出来そうだったんだけど、

途中で轍がなくなり、道の真ん中にイタドリが
わっさわさ 生えていて、何とも不気味な感じだったので
続きは次回にしましょうって事で、引き返しました。

↓ ↓ ↓  下記の林道なんですが、赤い所をスタートし
矢印の方に走りましたが、気持ちが悪い林道だったので
赤丸印のところで引き返しました。
無題.jpg
ゲート前に到着[ダッシュ(走り出すさま)][たらーっ(汗)]

取りあえず、ゲートの鍵が閉まってなかった事に
ホッとしました[あせあせ(飛び散る汗)]

今度こそ走りきって戻ってきましょ~っと
[わーい(嬉しい顔)][かわいい]
4.JPG
今回は初めての林道だったので、
悪路を真剣に運転していたので、
途中の写真はなくスタートとゴールだけの写真です(笑)[わーい(嬉しい顔)]
 

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

幾春別 更科食堂 [食事]

5月2日(水)  
5月になると 北海道は雪融けが進み 
色とりどりの花が咲き始め 急に春らしくなります。

卒業式や入学式に桜吹雪の光景を見たいのですが、
北海道の桜の開花はGW前後なので、
ドラマのようなシーンは残念ながら見られません。

北海道は桜と梅が同時に咲くんですよ。

そんな訳で…幾春別に食事に行く前に、
三笠市の「あすか梅の杜」って所まで梅を見学に行きました。

強風で寒く、梅の開花は4分咲きな感じでした。
寒くて外に出られず仲ちゃんは車で待っています。

101.JPG
102.JPG
今日のランチは幾春別にある「更科食堂」です。
仲ちゃんは蕎麦が大好きで、20年程前からここのファンです。
この写真 ↓ は平日に撮った写真ですが、今日はGW
真っ只中で、店の外には8名くらいの待ち列を作っていました。
103.JPG
席に着けるまで、20分くらいかかりそうです。
とても寒いので 身体を温める為 仲ちゃんを列に残して
私一人で散歩に出かけることにいたしました。
104.JPG
通りに出ると、染井吉野と芝桜とお花達の
素敵な光景に出会えました。
105.JPG
遠くに桜に包まれた 神社と思われる階段が見えました。
店の方を振り返ると まださっきと順番が変わって
いないみたいなので、登ってみる事にしました。
106.JPG
あ~!!三笠ジオパークの看板がありました。
三笠には 炭鉱や恐竜博物館など、沢山の
見所があるんですよ。
ここも名所の一つだったんですね。
107.JPG
上から更科食堂側を見てみます。
順番が次の次くらいまで来たみたいです。
108.JPG
ちょっと歩いて少し身体が温まりました。
店に戻りました。

更科食堂は恐らく昭和30年代の建物だと思います。
昔住んでいた家に似ています。
109.JPG
天井も昔のまんま。
昔の電灯の配線も見えます。
110.JPG
111.JPG
来た来た[かわいい]
いつも食べるものは決まっています。

もりそばか、とじそばか、ラーメンか、親子丼か、
2人で3つ頼むのが定番です。
更科食堂1.JPG
ある時はこれ ↓ ↓ ↓
112.JPG
またある時はこれ ↓ ↓ ↓
113.JPG
こちらも違う日の注文。
 
114.JPG
いつもスープまで飲んで ごちそうさまです。
115.JPG
今日もお腹一杯になりました。
いつも美味しい物をありがとうございます。
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桜の季節です 東明公園in美唄 [散歩]

4月30日。
庭の桜が満開になりました[かわいい]
P4280398.JPG

自宅に[犬]ロンと家族を招待し、
ジンギスカン&焼肉パーティです。
P4280389.JPG
その翌日は美唄の東明公園でお花見しました[かわいい]

少し寒いですが、早咲きの桜が満開です。
 
P4290408.JPG
染井吉野です。
美しいですね。

P4290409.JPG
P4290410.JPG
駐車場に戻ると、林の中から「コンコンコンコンコン」と
音がしました。
きっとアカゲラがいる筈です。

音のする方へ忍び足で行ってみると…
いたいた[るんるん][るんるん]
P4290411.JPG
木の中の虫の幼虫を探しているのだと思います。

この時期はまだお腹一杯という程
虫はいないと思いますが、沢山食べて下さいね。
P4290413.JPG
脅かしちゃってごめんなさい。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩内でホッケ釣り [岩内へドライブ]

平成30年2月4日(日)の営業が終わったのは
日にちが変わった深夜1時半。

釣りをする為、岩内に出発します。
深夜2時。R12幌向~江別~R337~当別~
銭函~小樽の朝里~

1.JPG
毛無(けなし)峠を走り~銀山(ぎんざん)~
2.JPG
泊原発のある泊村~
3.JPG
157キロ走り「盃港」まで来た頃には、
辺りが明るくなり始めていました。
4.JPG
ほっけ釣りは、周りに撒き餌している人がいる所が
穴場なんだそうですが、盃港、
5.JPG
いつもは釣り人がいる海岸…
6.JPG
この辺も…
7.JPG
8.JPG
石の浜にも…
9.JPG
10.JPG
釣り人の姿はどこにもありません。
11.JPG
そのうち車は神威岬まで来てしまいました。
12.JPG
神威岬で心が折れ、Uターン。
誰もいない強風の道の駅でトイレタイム。
13.JPG
何処かで仮眠しないと睡魔が襲ってきます。
14.JPG
ツルンツルンのアイスバーンはまるでスケートリンク。
15.JPG
16.JPG
そろそろ釣り人が現れてもいい時間なのに…
17.JPG
港を色々見て回りましたが結局 鳥しかいませんでした。
18.JPG
19.JPG
20.JPG
残念な気持ちになりながら…
21.JPG
このまま釣りしないで帰る?と弱気な2人。
22.JPG
23.JPG
24.JPG
25.JPG
神恵内(かもえない)トンネルかな?
26.JPG
あれ?ここの港…4年前に釣りに来た所かな?
27.JPG
そうかな~?
車から降りてちょっと港を歩いてみる。

仲ちゃんここまで軽く200キロ運転しているのに元気!!
28.JPG
あれれ?ここの港は前の所とはちょっと違うんじゃない?
29.JPG
うん。景色が違うような気がするよ。
それにしても、すっごく寒い[ふらふら]
30.JPG
そんなこんなで、一人も釣り人を発見できないまま
岩内港に行き、2人共睡魔に襲われ、
昼の11時まで寝てしまった[あせあせ(飛び散る汗)]
目を覚まして、寝ぼけ眼で外を見ると…
いつのまにか隣に来ていた家族が
バンバン魚を釣ってる。

仲ちゃん。起きて!!あの家族見て!!
あの魚はウグイ?
仲ちゃん ジィーーーと目を凝らし…[がく~(落胆した顔)]
ホッケ釣ってるよ~~[exclamation×2][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][ダッシュ(走り出すさま)]
31.JPG
自分達も慌てて釣りの準備。
撒き餌をして釣竿を垂れると、
短時間でバンバンかかり、竿が動く度に
周りの人が「引いてるよ!」って教えてくれて、
32.JPG
本日1番の大きさのホッケを釣った時は、
周りの人が集まってきて、遠くで釣ってた人も
「ここで釣っていいですか?」って場所を移動してきて、
和気あいあいしていて本当に楽しかったです。
33.JPG
釣ったばっかりのホッケは、ブルーやグリーンに輝いていて、
スーパーでは見られない色でした。
しかし気温はマイナス5℃。
靴下用のホッカイロに助けられました。

44.JPG

寒くて一度車に戻り、カップラーメンにお湯を入れて食べる。
34.JPG
時間は14時半過ぎ。
私達は年中無休で営業しているので、急いで帰ります。

毛無峠はスキー場の「キロロ」からの帰る客で、
峠は追い越し禁止だし、遅い車に合わせてのダラダラ運転[あせあせ(飛び散る汗)][ふらふら]
35.JPG
フゥ~~やっと朝里の町の近道まで来れました。
もう辺りは夕日に包まれています。
あと90キロ強。ガンバレ~[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]
36.JPG
18時のオープンに間に合いました。

ここから、雪で氷らしたホッケをさばくのですが、
私は苦手なので仲ちゃんが全部やります。
37.JPG
本日1番のホッケ。
私は釣りが苦手です。
釣り上げた魚が苦しそうにパクパクしている姿を
見ると、申し訳なくて胸が苦しくなります。

だけど「美味しくいただきます」と合掌し、
さばくのを見ていました。
38.JPG
シンクが深いので何度もひじをぶつけます。
切り辛そうです。
39.JPG
綺麗におろされたホッケを乾かし…
40.JPG
41.JPG
3日後、袋に入れて冷凍しました。
42.JPG
43.JPG
今年の岩見沢は例年の積雪量を超え、
本当に辛く長い冬でした。
45.JPG
46.JPG
春の訪れが待ち遠しいです。
47.JPG
48.JPG
49.JPG
店の前は毎日こんなに雪が吹き込みます。
もう腰が限界です[もうやだ~(悲しい顔)]トホホ
50.JPG

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スープカレーRAMAI と 道民の森 [食事]

札幌新道と旧石狩街道が交わる所に
スープカレー屋のRAMAIがあります。

私はあんまりスープカレーは好きじゃなかったけど、
仲ちゃんが好きなので、付き合って食べてるうちに
段々好きになってきました。


                      ※ この写真は前に夜行った時の写真です。
111.JPG

エキゾチックな内装。

112.JPG
薄暗くて落ち着きます。

113.JPG
装飾品がアジアンティックで好きです。
114.JPG
久々に2人で食べる外食です。
嬉しいな~~[かわいい][ぴかぴか(新しい)]
115.JPG
腹いっぱい食べた~~[ハートたち(複数ハート)]美味しかった~~[わーい(嬉しい顔)]
あ~~幸せ~~[揺れるハート]
116.JPG
R337から見た石狩川。
表面が凍って流氷のような氷が一面に張っています。

国道を帰るとつまらないので、
ロイズら辺から 当別方面に左折し、
4石狩川.JPG
当別から、青山ダムのある「道民の森」を
走って帰ります。
5.JPG
6.JPG
今年は雪が多く、仲ちゃんは毎日雪掻き。
入院中はパジャマで過ごせて、天国でした。
7.JPG
8.JPG
青山ダムも湖面も、雪山が高過ぎて
全く景色がみえません。
 
9.JPG
すごい雪だね~。
10.JPG
ここから右折して、月形に向かいます。
11.JPG
ここからは除雪されていませんが、
ボッファボファの雪の中をバッサバサ走ります。
12.JPG
月形と知来乙、岩見沢方面が見えました。
14町の景色.JPG
知来乙の町に入ると、黒猫が横切って
雪の斜面を駆け上りました。
15猫.JPG
そして犬の散歩をする女性の姿。
ミニチュアダックスフントでした。
16散歩.JPG
マイナス7℃です。
17雪原.JPG
北村温泉の前を通り、岩見沢へ。
18北村.JPG
温泉も行きたいけど しばらくお預けです。
バイクも乗りたいけど あと2ヵ月半の辛抱だね。
冬の間は美味しい物を食べ歩きましょう[かわいい]

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美味しい物を求めて…今日は赤字丼 [食事]

赤字覚悟の「赤字丼」は長沼町にあります。

氷点下のある日、今日行くのは
「いわき の 赤字丼」です。
1.JPG
岩見沢の南町から~志文~南幌~ローカル線を走り
長沼に入りました。
2.JPG
雪原の中に続く 直線道路。
眩しいくらい真っ白です。
2-1.JPG
長沼は岩見沢より雪が少なかったです。
可愛い ゆきだるまの 融雪口。
3.JPG
ここです。初めての来店です。
どんな物が食べられるのでしょうか。
楽しみです。
4.JPG
メニューは平成30年2月現在のメニューですので、
お出掛けの際は電話等でご確認下さい。

5.JPG
「赤字丼お願いします。」
仲ちゃんと同じものを頼みました[かわいい]
6.JPG
がががーーーん[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]
噂通り[手(チョキ)]ビックリの大盛りです。

これ食べられないよ~[右斜め下][右斜め下]
7.JPG
8.JPG
え???完食???[exclamation&question][exclamation&question]
9.JPG
いいえ(笑) 
お店の方が「無理しないでお持ち帰り下さい」と言って
無料で持ち帰れる容器を提供して下さいました。
10.JPG
こんなに残しちゃいましたが、翌日温めて
美味しくいただきました。
11.JPG
まだまだ寒い日が続きます[雪]

お身体ご自愛下さいね[るんるん][るんるん][るんるん]

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豪雪に耐えられる車庫 [色々]

豪雪地帯の
積雪150cmに耐えられる
格安な車庫があればいいな~。

内地で販売されている車庫は
とっても安い。

北海道は高いのです。

北海道はお金がかかり過ぎます[もうやだ~(悲しい顔)]
岩見沢大雪.jpg

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

40キロしか離れてないのに 気候が違う [色々]

2017.11.30 

今日は札幌で仕事です。
岩見沢で目が覚めて 外を見たら猛吹雪。
車の上には18cmくらい雪が積もっていました。

マイナス気温で降る雪はフワフワで軽いのでOK!!

今日は札幌で仕事が終わってから、
アメリカから帰国中の妹夫婦と
区役所→サッポロビール博物館へ行き帰宅。

札幌は先日降った雪が全て融けていて走りやすかった。

「札幌を今から出発するよ」と
岩見沢で待ってる仲ちゃんに電話を入れると、
「こっちは朝からずっと猛吹雪で、
3回も雪掻きしてるんだけど
またすぐ積もるんだよ。」と返事。

出発してずっとアスファルト道路を15km程走った所で
対向車の全部が 雪だるまみたいに真っ白になって
走って来るのに気付いた。

しばらく走り豊幌(とよほろ)辺りで、雪がチラチラ。
P1000188.JPG
そして幌向(ほろむい)で急に雪道になり…
P1000189.JPG
上幌向では、前が見えないくらいの猛吹雪になった。
P1000190.JPG
歩道の切れ目に表示される矢印は、点滅している矢印と
そうでない矢印が混合していて、前が見えず
とっても危険な走行でした。
P1000191.JPG
40キロしか離れていないのに、こんなに積雪量が違うのね。
P1000192.JPG
12号線から、旧12号線に入る交差点。
P1000193.JPG
うわぁ~[がく~(落胆した顔)] 岩見沢 ドカ雪です。
P1000195.JPG
長い冬に突入しちゃった[台風]
寒い冬は何回経験しても 嬉しくありません[もうやだ~(悲しい顔)]
P1000196.JPG
そして駐車場の雪掻きが終わりました[がく~(落胆した顔)] 雪がもうこんなに。
P1000197.JPG
冬本番です。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

岩見沢・万字・三笠 オフロード ラストツーリング [林道ツーリング]

2017.10.21
紅葉が進み始め、一桁台の気温が増え始めた。
今日は少々暖かいが、
明後日の天気予報は[雪]
今日が最後のツーリングになるかも。。。
1.JPG

昨日は雨がしとしと降っていたので、
ちょっと地面が湿っていて、水溜りもありますが
比較的は知りやすいです。

今日は3つの林道を全て往復するコース[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
先ずは万字線から往復。
2.JPG
太陽の光があたっている場所は、キラキラしていて綺麗[ぴかぴか(新しい)]
仲ちゃ~~ん[演劇] 写真撮るから[カメラ] 1回止まって~~[手(パー)]
3.JPG
そして万字の頂上。
天気が良いので ずっと遠くの
道民の森の方まで見える。

5.JPG
綺麗だわ~。
登山という、疲れる思いをしなくても、
バイクだったら、数分で頂上だ[かわいい]
6.JPG
ダケカンバの 白い幹がいいねぇ~~
手前にはイタドリ。
この茶色の茎を何かに使えないかな~[台風]
こんなに生息しているのに、何の役にも立たないなんて[もうやだ~(悲しい顔)]
7.JPG
この先のカーブを越えたら、空の上を走っている
感覚になるくらい、宙に浮いた道なんだよね~
8.JPG

片道11キロを走り終え、お弁当を広げます。
ここは、岩見沢~夕張に行く途中の中腹にある
「丁未風致(ていみふうち)公園」
の駐車場。


三角の小さい椅子を持ってきたのですが、
風が強くて倒れてしまうので、柵にもたれて食事。
9.JPG
この公園は今は閉鎖されておりますが、後ろに見えている
芝生は遊べるみたいで、数人の家族の姿がありました。
10.JPG
寒いけど、お腹が満たされて温まりました。
また万字線に戻ります。
11.JPG
12.JPG
13.JPG
往復22キロの林道を走り、次は三笠の林道の
入口まで移動します。
ここ!!三笠鉄道公園~唐松までの
たった4キロの林道(笑)

いってきま~ス[ダッシュ(走り出すさま)]
14.JPG
出口にはこの立て看板。
15.jpg
え?6月1日にクマのフン?

えっとぉ~~ 私、
たった今クマのフンを通過して来たんですけどぉ~[ふらふら]

そして復路[ダッシュ(走り出すさま)]

↓ ↓ ↓ ほらね。
他の車のタイヤに潰された
クマのフン
たぶん、今日か昨日のフンだと思うよ~[がく~(落胆した顔)]
16.JPG
唐松林道を走り抜け、今度は大里の
中央霊園の所から、一の沢水源地までの林道です。

私達は栗の実が沢山落ちている林道なので
「栗の林道」と名付けています。

オフロードは今年 これでおしまいかな。
もう山頂は雪が降る予定。

3ヶ所全ての林道を走破し 満足です。
17.JPG

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

道民の森 ~ 徳富ダム [車でドライブ]

2017.10.20 
紅葉がそろそろお終いに近付いた今日この頃。
道民の森へ出発。
月形の知来乙(ちらいおつ)から入る。
1.JPG
石狩川に新しく架かった橋。
地元民しか知らない橋を渡る。
2.JPG
3.JPG
田んぼの仕事が終わった農家。
野焼きが始まり、冬を待つばかりとなりましたね。
4.JPG
無人の知来乙駅の線路を渡ります。
5.JPG
遠くに見える紅葉。
今年は赤色が少なく感じます。
6.JPG
道民の森に入って行きますよ。
7.JPG
ずらずらーと写真を貼っていきますね~。
8.JPG
9.JPG
10.JPG
11.JPG
12.JPG
北海道は先日、平野部でも雪が積もりました。
私はもう少し、スタッドレスタイヤには交換しないでいます。
13.JPG
当別ダムから流れる当別川
14.JPG
15.JPG
16.JPG
17.JPG
青山ダムに架かる橋。
18.JPG
19.JPG
今日は特に 行き先は決めていませんでしたが、
「徳冨ダム」に行く事にしました。
20.JPG
21.JPG
22.JPG
徳冨ダム。
山奥に佇む すごく綺麗な景色です。
23.JPG
24.JPG
放水しています。
水の凄いが凄い迫力です。
25.JPG
26.JPG
27.JPG
あらら、でかいお尻はカットです(笑)
28.jpg
29.JPG
30.JPG
ダムのずっと向こう岸に道があります。
前回来た時は時間が無かったので行けなかったけど、
ちょっと寄り道して行ってみる事にしました。
31.JPG
今日はオフロードバイクで走る予定でしたが、
若干小雨模様でしたので、軽トラ君で出て来ました。
32.JPG
33.JPG
3日前は8℃くらいまで気温が下がりましたが、
今日は14℃くらいで、少し温かくなりました。
34.JPG
遠くに橋が見えます。
そこまで行ってみましょう。
35.JPG
おっと、その前にトンネルをくぐるのですね?
36.JPG
37.JPG
お~~!!綺麗な橋です。
38.JPG
遠くにダムの堤体がみえますよ~
39.JPG
砂利道になったよ!

40.JPG
41.JPG
お!ここから本格的林道だ。
ワクワクするね~。
42.JPG
かなり走ったけど、きっとこの先は行き止まりだよね。
43.JPG
路肩が谷に落ちて、軽トラだからギリギリ走れたけど、
キャラバンやデリカは無理だったね。
44.JPG
45.JPG
46.JPG
先日降った雪が積もっています。
47.JPG
って事で、Uターンができそうな場所を探し、
ここから引き返す事になりました。
48.JPG
49.JPG
50.JPG
51.JPG
52.JPG
1匹の狐がこの坂を駆け上がっていきました。
53.JPG
遠くにボートが1槽浮かんでいて、二人の姿が見えます。
ここは釣りやボートが禁止されている場所ですが、
このような違反者もいるのですね。
54.JPG
55.JPG
56.JPG
元来た道に戻り、ダムに別れを告げかえります。
57.JPG
58.JPG
あの遠くの山は雪が降っているみたいですね。
59.JPG
60.JPG
あの山に近付くにつれ、雨が降って来ました。
61.JPG
62.JPG
63.JPG
青山トンネルを抜けた頃には雨がやんできました。
64.JPG
65.JPG
66.JPG
67.JPG
ここからは、三笠・峰延が見えているのだと思います。
68.JPG
北村温泉近くの、畑のなかを走って帰ります。
69.JPG
3時間のドライブ&観光は終了です。
仕事に戻ります。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ジン鍋アートミュージアム [色々]

2017.07.15 
北海道のローカル番組で紹介されていた
『ジン鍋アートミュージアム』へ行って来ました。
1.JPG

ここは岩見沢市栗沢町万字仲町にあります。
2.JPG
昭和の時代には一家に一個、必ずありましたよね。
北海道の家庭にとっては、お馴染のジンギスカン鍋です。
我が家にもありましたが 父が亡くなってからは、
姿を消しました[ふらふら]
3.JPG
うちで使っていたのは…
耳みたいな受けが付いてるやつ…
これじゃない…
4.JPG
あつ!!これだ!!↓ ↓ ↓
あっ!!だけど、
真ん中に『松』なんて書いてなかったなぁ~。
『松』は「松尾ジンギスカン」の『松』です。
7.JPG
色々な形があるんですね。
この鍋は「南部鉄器」で、岩手県の鋳物だそうです。
 
5-.JPG
この展示場は、こちらの方が生まれ育った家なんだそうです。

-5-.JPG
-6.JPG

懐かしいなぁ~。
このホットプレート。
昭和の時代に我が家で、
一番最初に購入したホットプレートと同型です。
ホンチョ懐かしいです。
8.JPG
今日は外で会員の方を集めて、
ジンギスカンパーティがあったそうで、
まだ美味しそうな焦げの香りがしていました(笑)
9.JPG
ここを尋ねたら、「松尾ジンギスカン」で
ジンギスカンが食べたくなりました。

ある日の午後、滝川本店まで走り、
食べに行きました。
10.JPG

この量で2人前(笑)
これじゃーお腹一杯になりませんね。
本家本元ですので、少々値段も張ります╭(°A°`)╮
11.JPG
だけどやっぱり美味しかったです。
12.JPG
結局「ジンギスカン鍋」を購入しちゃいました。

帰りは砂川市東1条南10丁目の
「なかや」で [電話]0125-52-2575
アップルパイを買って帰りました。

6年振りに買いに行ったら、お店が改装してあり
整理券を発行していました。
有名店になったんですね。
私は予約をしていましたので、
すぐに受け取る事が出来ました。

13.JPG


これからは自宅で本格的なジンギスカンを
食べられます。
今まではフライパンで焼いていましたから(笑)
P5197008.JPG
P5197009.JPG
P5197010.JPG
P5197011.JPG
P5197007.JPG

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

朝日不動明王の滝 [林道ツーリング]

先日市内の広報誌に、朝日町にある
「旧朝日駅」と「不動明王堂の滝」が紹介されていました。

2017.09.08 気温26℃ あっちっちー[あせあせ(飛び散る汗)]の快晴の日[晴れ]
家を出発して旧朝日駅へ。
道道から駅舎が見えたので、すぐに分かりました。
9.JPG
当時の汽車が展示してありました。
芝生等、手入れが行き届いていました。
10.JPG
駅舎には入る事は出来ません。
11.JPG
隣接して公園みたいな広場がありましたので、
休日にはハイキングなんかいかがでしょうか?
-------------------------------------------
ここから数キロ走った所に、ちょっと見つかりにくい看板が。
「不動明王の滝」と書かれていましたが、
知らずに通過してしまいそうです。
ちょっとのダートを下った所の行き止まりにバイクを停めました。

え??滝はどこ?ってくらい、小さな滝でした(笑)
水がとても綺麗です。
1.JPG
2.JPG
川がとっても冷たそうでした。
ですが川底に溜まった土が深そうでした。
3.JPG
この先のカーブしている土手を歩く事にしました。
4.JPG
小魚が泳いでいますよ。
ちょっと水が濁っていて、何の魚か分かりません。
5.JPG
奥に見えているのが 折れた橋です。
川は浅いので、容易に跨げました。
6.JPG
数分前、この川を跨いで、土手を歩いて行く人が見えました。
もしかしたら…自殺?
もしも私達が第一発見者になったらどうしよう…[台風]
という不安を抱えながら、歩いて行くと
7.JPG
梯子が掛かった工事現場に出ました。
あ~良かった[るんるん]
あの方は、この現場に仕事に来ていた人なのね~[ふらふら]
良かった~[かわいい]
8.JPG
往復、結構な距離を歩きました。

まだ少し時間があるので、天気もいいし
万字線を走る事にしました。

あれ~????林道が綺麗に修復されています。
この旧道は、市で維持されていくのですね。
素晴らしい[かわいい][ぴかぴか(新しい)]
16.JPG
標高があるので、
空の中を飛んで走っている錯覚になります。
17.JPG
そして前回は走る事が出来なかった「旭林道」の
様子を見に行ったら、まだ補修はされておらず
道が落ちたままでした。残念[バッド(下向き矢印)][もうやだ~(悲しい顔)]
13.JPG
14.JPG
そしてUターンしようとしたら、左の足が地面に着かなくて
バッターーーン
[どんっ(衝撃)][あせあせ(飛び散る汗)]
私が倒しました(笑) 中ちゃんに応援をお願いしました。
12.JPG
この暑さでバイクを起こすと、体力が消耗しますね。
アクセルターン出来るように、練習しようかな[わーい(嬉しい顔)]
15.JPG
万字線を22キロ往復して帰ります。
あ~。楽しかった。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

久々の張碓林道ツーリング [林道ツーリング]

2017年…7月頃かなぁ~?
何だか久々に張碓林道に行きたくなって、
軽トラに2台バイクを積んで林道入口まできました。

一昨年セローで走りに来た時以来の走行です。
http://koborezakura2.blog.so-net.ne.jp/2015-08-13  ←その時のブログはこちら
100.jpg
右に左に入り組んだ難しい林道を
2年振りに思い出しながら走ってみる。
112.jpg
何となく記憶にはあるけど…
何となく初めて走った感じもするし…

113.jpg
そして走った事のない道をどんどん進んでいくと
馬糞がいっぱい転がっている道に出た。
Uターン出来る程の道幅がなかったので、
そのまま走ると、スノークルーズオーンズの近所の
乗馬クラブに出ました[あせあせ(飛び散る汗)]すみません[ダッシュ(走り出すさま)]

そのまま国道5号線の舗装路を張碓林道入口まで戻り、
また林道に入った。
ここまでで34キロも走ったのね~。
101.JPG
スタート地点から、今度は国際スキー場方面を目指した。
鉄塔の下を進み、川渡りや水溜りを越えて…

いんやぁ~[あせあせ(飛び散る汗)]思ってたより道が荒れていました[がく~(落胆した顔)]

18.jpg

やっとこの広場まで来ました。
102.JPG
ここでやっとドリンクタイム。
昨夜は寝不足していたので、めっちゃ体力が消耗する。
103.JPG
104.JPG
仲ちゃんは私を写してくれないので、
セルフタイマーで自撮りです(笑)
仲ちゃんのバイクにはセルが付いていないので
キックしています[わーい(嬉しい顔)]
105.JPG
高い所まで来ました。
銭函の海が見えました。
たぶんここは標高980mの銭函峠だと思います。
106.JPG
そして樿山~迷沢山の麓を通過し
春香山の登山入口小屋まで来ました。

ここまで30キロ。
109.JPG

仲ちゃんは30キロを林道で戻れるよと言ったが、
私はもうフラフラで、あの荒れた道を思い出したら
体力的に無理かな~[ふらふら][バッド(下向き矢印)]と思い、
道道1号線(定山渓レークライン)を戻る事にしました。

107.JPG
アスファルト道を40キロ戻るのは退屈で辛かったな~。
やっぱ林道は荒れていても、30キロを戻ればよかった[もうやだ~(悲しい顔)]
108.jpg
さあ、バイクを軽トラに乗せて帰りますよ。
110.jpg
おうちに帰ったら2人で調理。
今夜はもやしキムチ、玉ねぎと鶏肉炒めて、
野菜を辛子マヨネーズでたっぷり摂りました。
118.JPG

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

美流渡 道道1129号幻の林道~桂沢湖畔へ抜ける林道 [林道ツーリング]

新緑が眩しくなった6月下旬。
連日の雨で山の中は 水溜りだらけだと思うけど、
しばらくバイクに乗らないと身体が訛りそうで
早速仲ちゃんと山に出掛ける。
1.JPG
案の定路面はベチャベチャ。
2.JPG
だけど進む。
この道は道道か村道かは分からないが、
地図には記載がある1129号線。

「内地から来た人が車でここを走り、レスキューを呼んだとか…」
そんな話しを美流渡のラーメン屋さんで知った。
3.JPG
しばらく進むと川が流れていてゲートが。
立入禁止ではないようで進むが、ここから先は自己責任。
4.JPG
私が先に通過。
仲ちゃんも後に続きます。
5.JPG
今日は、ちょっと轍に入ると、ツルンツルンぬるぬるで
すぐにタイヤを取られて、真っ直ぐ走れません。
けどオフロードはそれが楽しいのですけどね[わーい(嬉しい顔)]
水の周りにはこんな綺麗なトンボも飛んでいました。
7.JPG
もっと写真を撮りたいのですが、平坦な所まで来ないと
バイクを停められません(笑)
私はディグリー250 足つきがいいです。
8◎.JPG
私はこのあと大きな岩にハンドルを取られ転倒。
仲ちゃんが歩いて助けに来てくれました(笑)
9.JPG
仲ちゃんお願い!!
ここからは先を走って~。

ここも酷く荒れていて、昨日の雨がまだ泥になって流れていた。
10.JPG
まだここはいい方。だって止まって写真撮ることできたもん(笑)

仲ちゃんのTSは足が付かない(笑)
だけど仲ちゃんはまだ1度も転んでない。
11.JPG
「私ここで写真撮るから、先に行ってて~~」
インカムは300m離れていても、会話は出来る。
オフロードは騒音が少ないので、相手の声が良く聞こえます。
12.JPG
ここの林道は初トライ。
同じような枝道が沢山あるので、もしここから引き返す事に
なっても、道を誤る可能性がある。
何処に出られるかも分からないし、熊に襲われるかも知れない。
ここにはたまたま古い看板があり、誰かがスプレーで
「←幌内炭鉱」と書いてある痕があった。
もう読み取れないくらい薄く、日焼けしていた。
右に進むことにした。
13◎.JPG
右に進んでしばらく来た所に最近木が伐採されたような
広い所に出た。
トラックやダンプが走った跡があると、ちょっと安心する。
けど、結構その跡も途中で終わる時もある(--;)
14.JPG
ここまで20kmは走っただろうか。
私はまだまだ元気。
今日はブーツで良かった~。
転んだけどちっとも怪我をしなかった。
15◎.JPG
何となく桂沢湖の裏側に出たような気がする。
道路が陥没しそうで、ピンクのテープがピラピラしている
所もあったけど、気を付けながら通過。
16.JPG
あ!!あれは!!ダムじゃない?
桂沢湖ダムの建設しているダムだよ。
クレーンが動いているのが見える!!
17.JPG
そんな訳で、ドロドロになりながら桂沢湖まで抜けることが出来た。
帰りは国道でアスファルト道路を帰ります。
脇道に入って、車が1台も通らない道の歩道に座り
休憩。  冷たい物を飲みます。

地図を見て、今走って来た道をチェック。
18.JPG
ブーツ泥泥。バイク泥泥。
オフ!!楽しいね(●´∀`●)
19さて…どこ行こう.JPG
本当に車が1台も通らない(笑)
20さて…どこ行こう.JPG
そうそう!!さっき林道の看板に「←幌内炭鉱」って
書いてあったよね。
…って事は、幌内炭鉱の出口ってあるのかな?

帰り道、幌内炭鉱に寄って出口を見てくることにした。
ここです。この先ってどうなっていたっけ?
21.JPG
22.JPG
バイクを停めて、その先に続く林道を見てみたら、
ちょっと歩いた所で、鎖がしてあって立入禁止となっていた。
21(2).JPG
あの時左折していたら、結局ここから出られなくて、
Uターンしないと駄目だったんだね。

今にも熊が出そうな林だよね。
22(2).JPG
今日もこんなの(クマのうんち)を3個も見た。
ちょっと古い数日前のうんち。

バイクで走っているとエンジン音で熊は逃げて行くらしいけど、
エンジンが止まった時は近付いてくると、聞いた事がある。
クマよけの鈴なんて、何の効果もないそうだ[がく~(落胆した顔)]

P6307014.JPG
夏っていいな~。
4時過ぎに帰って来てもまだ明るい。
雪も降らない北海道なら本当にいいのにな~。
洗車終わって、拭きあげです。
23ツーリング終了.JPG
明日はどこに行く?

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

万字線林道 [林道ツーリング]

6月10日(土)は朝から雨[小雨][台風]
バイクに乗れないので、軽トラ君で林道を探しに行く事にした。

万字峠を夕張に向かっている途中で、「万字線」という看板を見つけた。
1.JPG
ちょっと怖い幹事もするけど…行ってみようか。
少し走ると、(山菜採りかな?)軽自動車が出てきたので
「これは行ける!!」と思い、軽トラ君を走らせる。
2.JPG
全工程11kmくらいかな?
道路はガレていて、溝は川みたいにジャブジャブ水が流れていて、
怖かった~。

けどね、道を流れている水が澄んでいて綺麗なんだ~。
3.JPG
…って事で、軽トラ君で走った6日後の6月16日(金)。。。
快晴で暑い日[かわいい]
TSとディグリー出動です[ー(長音記号1)][ダッシュ(走り出すさま)]
4.JPG
ここまで道道を走って来ました。
この看板がスタートです。
5.JPG
先日は雨で気付かなかったのですが、こんな看板もありました。
6.JPG

さて!!気合を入れてスタートです。
7.JPG
水が流れた溝が深削られています。
バイクなら軽くクリア出きるのに、軽トラ君はお腹擦りました[がく~(落胆した顔)]
8.JPG
この林道には、レンガなのかな~?
レンガを細かくした石がずっと敷かれていて綺麗なんです。
9.JPG
数分で中間地点の頂上に到達。
暑い[たらーっ(汗)]暑い
[たらーっ(汗)]
炭酸ドリンクをゴックゴク[るんるん][るんるん]
10.JPG
頂上からは万字の町が見えました。
すっごく綺麗です。
11.JPG
12.JPG
さて、また出発です。
今度は下り。溝にはまったらヤバいです。
13.JPG
仲ちゃ~ん!!写真写すから待っててね~。
14.JPG
そしてこの林道を往復して、また元の入口に戻ったのですが、
まだ時間があるので、さっきみた枝道を左折して探索する事にしました。

2km程走ったところで、道路が滑落していました。
仲ちゃんの足がちょっと写っているでしょ。
向こうに渡るには10cm幅しかないので、バイクはここで断念。

後で地図をみてみたら、この道は夕張に出られる
「旭林道」って事が分かりました。
15.JPG
そしてまた…ちょっと戻った所を、今度は右折してみたら、

それがとんでもない道で[がく~(落胆した顔)]、笹やイタドリが覆いかぶさって
下は見えないし、泥泥で滑るし、泥の水溜りは深いし、
やっとこさっとこ出られたら…
ここは今は閉園している「丁未(ていみ)風致公園」の中の道だった。

「どうする?出られるかな~~?」と不安になっ。
だけどさっきの泥泥ツルツルの道を戻るのは嫌だな~。
って事で、出口を見つけて脱出させて頂きました。スミマセン。
16.JPG
フキの葉っぱやら イタドリやら 枝をバイクに引っ掛け来てました[わーい(嬉しい顔)]
17.JPG
そしてまた万字線の入口に戻り、「また来ます!」と心に決め(笑)
道道の峠を帰ったのでありました。
18.jpg

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

43.青山へ短距離ツーリング [250ccバイクツーリング]

久々のオンロードツーリング。
今日は5月28日。
こちら北海道もやっと16℃を越える事が多くなった。

昨夜は深夜2時まで仕事して、だいぶ疲れていた。
今日も夕方から仕事なので
あんまり時間がなかったのですが、
夏が終わるまで…、あと何回走れるか分からないので
無理してでも出発します(笑)
今日は旧道も走りたく、私が仲ちゃんを先導します。
11.jpg
ここは雨が降ると、水の下に沈んでしまう道です。
2.JPG

良い天気が続いていたので、水没していませんでした。

旧道が水の中に消えて行ってます。
3.JPG
根室の野付半島のトドワラを思い出すような風景です。
http://koborezakura.blog.so-net.ne.jp/2012-09-16
↑ ↑ ↑ 仲ちゃんとトドワラ・ナラワラをツーリングした時のブログです。
4.JPG
誰もいなくて、静かで…良い景色でしょ~?
5.JPG
6.JPG
7.JPG
そして、数分走ると、いつもの「ふくろう小屋」。
日曜日なのに誰もいません。
8.JPG
喉を潤して、「さあ!帰りましょうか」。
9.jpg
「明日も天気いいけど、どこ走る?
明日はオフロードバイクに乗り換えて
林道探検しましょうか」。
10.JPG

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

42.三笠林道ツーリング 道がなくなっていた [林道ツーリング]

2017.05.05 こどもの日
年中無休の私達。

岩見沢から少し走った所に林道をみつけ、
毎朝は無理だけど、晴れて暖かい日は
仲ちゃんと2人でトレッキングを楽しんでいます。

今日の岩見沢は桜が満開になりました。
三笠の山林は6分咲きって感じです。
58.JPG
この場所から見える炭鉱の塔。
昔ここで何百人もの人たちが働いていたんでしょうね。
57.JPG
私のバイクは仲ちゃんがメンテナンスしてくれて
めっちゃ走りやすく安定しています。
56.JPG
このブーツは私がトライアルをやっていた時のブーツなんですが、
実は最近3キロ太ってしまい、ブーツがキツキツで入らなかった。

仲ちゃんが履いたらピッタリ。早く痩せなくちゃ╭(´A`)╮ ↓ ↓ ↓
59.JPG

ここの林道は、三笠鉄道村~唐松まで抜けられる
たった4キロの林道なんですが、山あり谷ありで
すごく楽しい林道です。
60.JPG
ただ、一般車も入ってきますので、
前方に注意して走行してくださいね。
62.JPG
ここから出発して、ここでゴール。
往復8キロの林道の次は…、
63.JPG
このゴールからちょっと先にある入口に目をつけました。

どんどん中に進んでいくと、手付かずの荒れた道が
ずっと続いていて、泥の中でヌルヌル滑り
ここに行き着いた。

橋が壊れていてこれ以上行けないか?

と思ったら、仲ちゃんがスルスルと通過。
64.JPG


私も後に続き 坂を駆け上がると、
今にも熊に遭遇しそうな山奥になった。
65.JPG
そして。。。
あ~~!! 道が落ちてる~~╭(°A°`)╮

行けるかな~?左に足を着けば滑落。深い谷底。
右はステップを引っ掛けそうな狭さ。
そして歩いてみたら地盤が軟らかい。
66.JPG
やっぱここで引き返そうか…
この先どこに繋がってるんだろう。
67.JPG
家に帰ったら、グーグルアースで道を辿ってみよう。
68.JPG
右を見たら、木蓮が3本、白い花を咲かせていました。
69.JPG
残念。今日は帰ろう。
でも又来たいな~。
70.JPG
71.JPG
途中湧き水の所で、かえるの卵を発見。
春ですね~。今年は雪融けが早かったね~。
73.JPG
幌内炭鉱跡近くまで戻ると、石炭がゴロゴロ転がっていました。
74.JPG
家に帰って16時オープン。
洗車は仲ちゃんにお任せします。

たっくさん草や石を積んで帰ってきたみたいです(笑)
75.JPG
2台ともドロッドロ。
オフ車はこうじゃなくっちゃ[るんるん][るんるん]
76.JPG
自作のチェーンスライダーは調子よく働いてくれたようです。
ホームセンターで100円キャスターを買って、
削ってベアリングにはめて作ったんだよ~

P4267009.JPG
一昨年走った張碓林道のブログ ↓ ↓ ↓
36.JPG
http://koborezakura2.blog.so-net.ne.jp/2015-08-07
      ↓ ↓ ↓
無題.jpg

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

41.三笠林道ツーリング 宮島沼のマガン [林道ツーリング]

ふきのとうが大きくなり始めた 2017年4月24日(月)
気温14℃。ちょっと寒いけど快晴です。
30.JPG
今日は新しいマシンで林道を目指します。
私のバイクは「ディグリーXL250」
1.JPG
仲ちゃんは「TS200R」2ストです。
2.JPG

岩見沢を出発し、8キロ程で林道に入ります。
「一の沢水源地」の裏手にある林道です。
3.JPG
開けた場所に、ため池がありました。
本当は、「一の沢水源地」の林道を桂沢湖まで
走りたいのですが、「熊出没中」の看板があり、
ゲートが閉じていたので、入れませんでした。
4.JPG
地図を見ても載っていないこの林道。
この先どうなってるかワクワクします。
5.JPG
遠くに見える雪の被った白い山は「暑寒別岳・浜益岳」ですかね。
雨竜沼湿原方面です。
景色が綺麗な場所にバイクを止めて写真撮影。
6.JPG
仲ちゃんに置いていかれます。
7.JPG
さて、どっちに進みますか?
8.JPG
9.JPG
10.JPG
真っ直ぐ伸びた道を行きましょう。

あちゃーー。泥々だぁ~~╭(°A°`)╮
今日はバイクを汚したくないので、Uターン。
違う道を行きますよ。
11.JPG
さー!! この分岐は道なりに行き、
         次回の探検にとっておきましょう。
12.JPG
13.JPG
左側はとっても深い谷。
少しだけ雪が残っています。
14.JPG
古いガードロープと、日焼けして文字が読み取れない道路標識。
昔、人々が利用した道なんでしょうね。
15.JPG
林道を出て、「三笠鉄道村」の奥の
「幌内炭鉱跡」の駐車場で休憩です。

まだ雪が残っていて寒いです。
温かいコーヒーが飲みたいところですが、
持参したメロンソーダとコカコーラを飲みます。
16.JPG
まだ時間があるので、今度は月形方面を走りましょうか。

走りながら頭上を見ると、飛行機が飛んで行きました。
17.JPG
頭上をマガンが群れを成して、
ガーガー鳴きながら飛んでいきます。
マガンはこの先の「宮島沼」で羽を休めています。

18.JPG
ここ!! 真冬に一人で来ました。
その時マガンは、南を目指して飛んで行った後で、
姿を見る事が出来ませんでした。

だけど今日も沼にマガンの姿はありません。
19.JPG
ですが沢山の人が、大きなレンズの付いたカメラを持って

沼の方にカメラを構えています。
20.JPG
ワシか?鷹?が、木の枝に止まっていました。
21.JPG
驚いて飛んでいきました。
22.JPG
その先にはヤギ君の小屋があり、顔を出していました。
仲ちゃんが手を出すと、ウットリ撫でられているのに、
私が手を出すと、頭突きしてきました。危険危険(笑)
23.JPG
宮島沼の受付のお姉さんに「ガンは帰って来るのですか?」
と尋ねると、「今 田んぼでお腹一杯ご飯を食べていますよ~。
ほら~あそこの田んぼに一杯いますよ~」と教えてくれ、
「日が沈んだら8万3000羽戻ってくる」とも言っていました。
24.JPG
言われた田んぼに行くと、マガンがたくさんいました(笑)
25.JPG
土地か何かを偵察に来ている人に驚いたみたいで、
一部のガンが一斉に飛び立ちました。
26.JPG
日が沈みかけて、ガンが何羽戻って来ました。
27.JPG
長閑で、静かでいい場所でしょ~。
岩見沢から15キロくらいの場所です。
28.jpg
あはは[わーい(嬉しい顔)]みんな丸々太っていますね(笑)
29.JPG
今日は林道と公道を88キロ走りました。
これから深夜2時まで営業です。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

40.上富良野へツーリング / 幾春別 更科食堂 [バイクツーリング]

2017(平成29年).04.13(木) 
雪融けが進んでほぼ雪がなくなっていたのに…
朝起きたら真っ白に。

今日は札幌で仕事。今から43キロ移動します。
この時期は雪が降ったり融けたりを繰り返すので、
スタッドレスから夏タイヤに取り替えるタイミングが重要だ。

私は天気予報を真剣に見ていたので、スタッドレスのままです。
良かった~~~~[手(チョキ)]ホッ[ダッシュ(走り出すさま)] 岩見沢を出発しま~~す。


1 04.13.JPG

札幌で仕事をしている間もずっと雪は降り続いていました。

またバイクに乗るのが遠のいてしまったな~[もうやだ~(悲しい顔)]

2 04.13.JPG

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

だけど。。。その3日後の4月16日(日)
気温16℃[かわいい]になり、春の陽気[グッド(上向き矢印)]
3日前に積もった雪はほとんど融けました[雪]

岩見沢から89キロの、上富良野の高台にあるトイレまで、
休憩なしに一気に走って来ました[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

寒い寒い[台風]5枚も重ね着して、冬のグローブを
履いてきたのですが、指先が冷たーーくなっています[台風]

トイレの陽の当たる休憩所で、暖かいコーヒーを飲みます。

遠くに三角の展望台が見えますか?
あそこが日の出公園ですよ。

         ↑ ↑ ↑ 前回のブログです。

10.JPG

今日は岩見沢に戻ったら仕事なので、観光はぜず
そのまま帰りますが、美しい丘陵地帯は必見です。

土の館(トラクター展示施設)に寄ってみましたが、
日曜日なのに休館でした。

丘陵地帯でバイクを止め、写真を撮り、また一気に
岩見沢まで戻ります。

6.JPG

雪が融けたばっかりの路肩。

4.JPG

上富良野方面は曇っていて、大雪連山は見えません。

5.JPG

重ね着でパンパンのおデブに見える私(笑)[わーい(嬉しい顔)]

7.JPG

8.JPG

まだ雪が残っていますね。
やっぱまだ15℃は寒いです。

9.JPG

寒くて寒くて…寒さを我慢して走ってきたので、お腹も空いたし
幾春別で有名な蕎麦屋「更科食堂」で外食して帰ることにします。

ここは仲ちゃんお薦めの店で、
仲ちゃんは10年程前からよく行っており、
私も5回目くらいかな。

3.JPG

ご飯を食べて、シャワーを浴びて、開店です。
深夜2時まで仕事。眠くなるんだよな~。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

39.白銀荘  [温泉へGo!]

2017.03.27(月) 今日は19時から営業。
最近は近所の温泉で済ましているので、
今日は遠くの上富良野の温泉を選びました。

雪融けが進み、そろそろバイクの季節になり、
道路の下見を兼ねて、富良野方面に走ります。

1.JPG

ここは桂沢湖の峠の道路。
北海道のアスファルトは半年間雪の下に埋もれます。
雪が融けて顔を見せたアスファルトは、穴が空いてボッコボコです。
春先は、アスファルト工事で「片側交互通行」が多い北海道です。

バイクのタイヤがダダダーンと穴に嵌れば、ちょっと危険。
まだ山間部は寒いし、山越えは厳しいかな~~。

2.JPG

高台から富良野市が見えて来ました。
大雪連山はまだ雪景色です。
あの山の中腹に、白銀荘があります。

3.JPG

3/27現在。富良野の畑はまだ雪で覆われていました。

4.JPG

この季節、畑の雪を少しでも早く融かすために、
黒い粉を撒く農家さんが多いです。

5.JPG

これがその黒い粉です。
発酵鶏糞や炭、農家によって撒く粉が違うんだそうです。

6.JPG

芸術ですよね~。

7.JPG

ここから上富良野に入り、山の中腹に向かいます。

8.JPG

市内は随分雪融けが進んでいますね。

9.JPG

けど…標高が上がるにつれ、積雪が見え始めました。
バイクで温泉に来るのは、不可能ですね。

10.JPG

11.JPG

12.JPG

白銀荘の玄関先に到着しました。
雪原に付いた人の足跡は、冬山登山客の足跡です。

ここ白銀荘は、登山客が宿泊する自炊できる宿でもあるんですね~。
そして、外国人が目立っていました。

13.JPG

沢山の雪だるま君達が、お迎えしてくれました。

14.JPG

白銀荘のパンフレットからの写真です。
写真の真ん中に見える湯は、混浴の屋外温泉プールです。
今回仲ちゃんは水着がなかったので入れなかったのですが、
私だけ入って来ました。

14-15.JPG

15-15.JPG

露天風呂は4つの温泉に別れていて、
それぞれ温度も違うし とても充実します。

16.JPG

17.JPG

露天風呂から建物の軒下を見たら、
こんなに大きなつららが張っていましたよ。

15.JPG

19.JPG

18.JPG

3時間温泉を楽しみました。
これから岩見沢まで2時間ちょっと。
7時openなので帰りますよ~。

20.JPG

21.JPG

この辺の右手に「吹上露天の湯」という、無料露天風呂があり、
駐車場には5台程の車が停まっていました。

22.JPG

この下った先には「青い池」があります。
冬季間は休業しています。

その道路の付近で、車の音に向かって狐が現れました。
車を停めると、じっとこちらの顔色をうかがい、近付いてきます。

外国人観光客が餌をあげちゃうのかな~?
このような野生の動物には、人間が餌をあげてはいけないのですが…。

車や人に慣れてしまった野生動物は、簡単に道路に出てきますから
警戒心がなく、車に轢かれて死んでしまうのです。

この狐もうちらの動く車を追いかけて来ました。
ごめんね…ここで餌をあげちゃうと、あなた達が
餌を捕る事をしなくなって、飢え死にしちゃうから
何もあげられないんだよ。
追いかけてくる姿が愛くるしくて、心苦しく思いました。

23.JPG

富良野の「土の館」を過ぎた所から左折して、
丘が見える景色の良い道を帰ります。

24.JPG

25.JPG

26.JPG

日照時間の長い場所は、だいぶ雪が融けていますね。

27.JPG

帰り富良野の上空に飛行機雲が真上に昇って行くのが見えました。
凄い音だったので、ジェット
戦闘機だと思います。

28.JPG

3月のバイクはやめて、アスファルトが整備された
4月上旬に乗る事にしました。

白銀荘…良かった~~。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

38.厚田かねとも寿司 道民の森ドライブ 厚田港のニシン漁 冬景色 [山の中探検]

2017年2月26日 深夜。
岩見沢は積雪20cmほどだった。 

1-1.JPG

翌朝は当然雪掻き。

2.JPG

昨日までは雪融けが進み、もうバイクに乗れるかな??
って感じだったのに、見事に裏切られた気分[ふらふら]
[バッド(下向き矢印)]

1.JPG

どうしてもフィレオフィッシュバーガーとポテトが食べたくて…
ちっちゃくなったね(笑)[ファーストフード]

3.JPG

数年振りにマックに行き、雪原の真ん中に車を停めて
仲ちゃんと2人でパクパク[ファーストフード]

4.JPG

食べ終わるまで、車が1台も通らなかったです[exclamation]

見渡すと本当に綺麗な景色[ぴかぴか(新しい)]
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

5.JPG

ずっとずっと、夕日に染まるまで見ていたいです[リボン]

6.JPG

道民の森。。。この山の中を走り、厚田に抜けます。

7.JPG

8.JPG

車を走らせて、月形の入口まできました。
ここには「宮嶋沼」という沼があり、毎年渡り鳥の
休憩地点になる沼になります。

今は1羽もいなく、ひっそりしています。

9.JPG

この施設にいる1頭のヤギ君。
モグモグしてお休み中。

そっと手を伸ばし、頭を撫でようとすると…

10.JPG

頭突きの準備なのか、頭を下げます。
だから残念だけど、撫でるのを断念しました[パンチ]

11.JPG

きつねの足跡[猫]

12.JPG

珍しい2階建ての倉庫。
展望台に最適ですね。

13.JPG

雪の中に真っ白なロールが転がっています。
可愛いですね。

14.JPG

若干雲ってはいますが、三笠・美唄方面の山が見えます。

14-1.JPG

寄り道をしながらやっと、月形の町(R275)に入りました。
少し雪が融けていて、塩カルで雪が茶色になっています。
きったねぇーーーー[がく~(落胆した顔)]

15.JPG

月形から道民の森に入って、厚田まで抜けます。
雪が降り積もった後は、車が汚れないので助かります。

16.JPG

17.JPG

線路を渡って、ここが道民の森の入口です。
うひゃーーー楽しみ~~[ドコモポイント]

18.JPG

19.JPG

所々アスファルトは出ていますが、このような状態が
一番滑ります[車(RV)]
[台風][台風]

20.JPG

枝に雪が積もっていて綺麗です。
樹氷ではありません。

21.JPG

厚田の海岸まで出ました。
ニシン漁が盛んに行われていました。

22.JPG

何だか活気付いていて、私も嬉しくなりました。

23.JPG

24.JPG

25.JPG

クレーンで吊り上げているのは「ニシン」。

26.JPG

27.JPG

大漁ですよ~~[ぴかぴか(新しい)][かわいい][ぴかぴか(新しい)]

28.JPG

カモメの足跡が可愛く残っています。

29.JPG

「かねとも寿司」を見ると、こんな張り紙が。
いつ再開するのでしょうか。
岩見沢に住んでからは、一度も食べに行ってないです。

大将は80歳近いから、ゆっくり休んで欲しいです。

30.JPG

火曜日札幌のサラに仕事で行きました。
私は今、予約が2ヶ月待ちで、とっても忙しく、
ロンのカットは3月21日を予定しました。

今日は肛門の周りと、お腹と顔周りをカットしました。

もう犬種がわからなくなっています[わーい(嬉しい顔)]
もう少し待っていてね[るんるん]

P2227024.JPG

その後の「かねとも寿司」の情報ですが…。
お店は営業しています。
しかし、カウンターや座席はなく、
握ったお寿司をパックに10貫詰めて
販売しているそうです。
(2017.4.上旬再開しました。)


nice!(4) 
共通テーマ:自動車

37.スノーシュー と 新篠津 しんしのつ たっぷの湯 [山の中探検]

スノーシューで雪を歩くのは1年振り。

あれ??バンドの締め方が…忘れた[たらーっ(汗)]
左右が分からない…写真は完全に逆だね[わーい(嬉しい顔)](笑)

はい!やり直し[もうやだ~(悲しい顔)]

1.JPG

駐車場から見る公園。人間の足跡は一つもありません。
またまた貸切です(笑)

2.JPG

公園内の川淵を歩いていきます。
マイナス気温なので、パウダースノーですが、
あまり深くないのでサクサク歩いていけます。

3.JPG

きつねの足跡をつけて来たら、道央自動車道の下まで来ました。
しかし、きつねとの遭遇はありませんでした。


4.JPG

ポールを忘れた私。
けど雪が深くなかったので結構らくに歩けました。

5.JPG

仲ちゃんはポールがあるからスタスタ登れます。

6.JPG

私はゆっくりと、平らなところを迂回。

7.JPG

このあと2人で「新篠津 たっぷの湯」へ行き、
温泉に入る前に、腹ごしらえ。

P2207015.JPG

木の中に「かけす?」がいます。
こんなに人の多い所に、ずっと長くとまっています。
ねぐらなのかな?

P2207019.JPG

私は豚丼。

1.JPG

仲ちゃんはこちら。

2.JPG

露天風呂から見える「わかさぎ釣り(有料)」の可愛いテント。
新篠津湖。湖の上にテントが張ってあります。

3.JPG

その周りをバナナボート(有料)が、走ります。

4.JPG

バナナボートの営業が終わったらしく、小屋からお兄さんと
ワンちゃんが出てきて、ワンちゃんは膝の上にちょこんと
お行儀よく おっちゃんこ しています。可愛い
[揺れるハート]

5.JPG

ここの湯は しょっぱい茶色。
とっても温まります。

P1000014.JPG

帰りは悪天候になっちゃった。

6.JPG

冬の北海道のダンプやトラックは異常に速い。
ブワァーーと粉雪を巻き上げて、すごくカッコイイです[グッド(上向き矢印)]
[グッド(上向き矢印)]

7.JPG



 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

35.七条大滝 支笏湖周辺 [山の中探検]

今から3年前の 2月2日のお話しです[わーい(嬉しい顔)]

讀賣新聞の1面に、「七条大滝」の写真が掲載されていました。
                            (勇払川の水が氷の滝になる)
P2024162◎.JPG

こんな写真を見てしまったら 絶対行くっきゃないでしょう[exclamation×2]
札幌から1時間弱くらいでこの滝に出会えるなら…
と言う事で、早速週末に時間を作って 仲ちゃんと行く事にしました。

先日購入したスノーシューを使いたくてたまらない二人。
これまでも
百合が原公園
豊平渓ダム
西岡水源地公園
西岡水源地公園part2
さっぽろ湖 
青い池 
小天狗山の裏を歩きました。
    ↑ ↑ ↑ クリックして下さい。

拡大地図.jpg

支笏湖に出ました。
赤のラインが七条大滝です。

今にも雪が降り出しそう。
そして今日から『千歳
支笏湖氷濤まつり』が開催されます。

2.JPG

左側に見える山の中には、鹿の群れが見えました。

3.jpg

4.JPG

札幌芸術の森から1本道で、支笏湖に出られます。

あ!七条大滝への入口が見えました。

5.JPG

指定の無料駐車場に車を停めて、入口まで歩きます。

入口に外国人がいて、話し掛けられました。
『今滝から歩いて来たのですが、ポールのヘッドを
落としてしまいました。貴方たちが歩いてヘッドを見つけたら、
支笏湖の●●ホテルのロビーまで届けて下さい』との事。

6.JPG

だけど、こんなフッカフカの雪。
ヘッドを落としたら、雪に埋もれて絶対みつからないよ~
[ふらふら]

スノーシューを持ってきたのですが、道が付いていて
履く必要がなかったので、持って歩きます。

7.JPG

仲ちゃんは持って歩いていますが、私はスノーシューが
重たくてたまらず、途中の雪の中の木の下に置いて
行く事にしました。

ここでポール等で目印を付ければ良かったのに、
それを怠った為、後で大変な事になりました。

8.JPG

ボットボト…湿り気のある大粒の雪が降って来ました。

歩いたのは『平成26年2月』。

熊が現れたのは恐らくこの辺でしょうか…。
平成26年10月、
山菜採りに来た人が熊に襲われ、頭を噛まれ、
腕を骨折した事故がありました[がく~(落胆した顔)]

※この看板は10月にここを訪れた時に、入口に立てられていた看板です。

SN3N0021.JPG

9.JPG

しばらく進むと家族に会いました。
「滝はもう少しですか?」
「あ!あと10分くらいですよ」
「滝は見られましたか?」
「危険そうでしたので、下に降りなかったです」

10.JPG

そう言えば、入口で会った外国人が
「アイゼンはありますか?アイゼンがないと、
ちょっと厳しいかも知れませんよ」と教えてくれた。

11.JPG

重たい雪で、うつむきながら歩きます。
ダウンが湿り気のある雪でべっちゃべちゃになったので、
リュックからウィンドブレーカーを出して上に着ました。

12.JPG

雪が降っているだけじゃなく、木の枝からも落雪です。

13.JPG

14.JPG

やっと看板。けど…滝はどこ?

15.JPG

お~~~!!50分歩いて、やっと看板をみつけました[ハートたち(複数ハート)][かわいい][ぴかぴか(新しい)]

16.JPG

凄い急な坂です。
アイゼンは持ってないけど、何とか行けそうですね。

後ろ向きに下りた方が安全みたいです[あせあせ(飛び散る汗)]

17.JPG

秋に写した写真 ↓ ↓ ↓ かなり急でしょ~[exclamation&question]

SN3N0026.JPG

私はここでツルンと滑って、頭打って、ひじ打って…
頭痛と吐き気に襲われたまま下りていきます[どんっ(衝撃)]

18.JPG

下から見たらこんな感じ[がく~(落胆した顔)]

SN3N0024.JPG

このロープを使って下ります。

19.JPG

20.JPG

滝の音が聞こえ、氷の固まりが見えてきました[かわいい]

21.JPG

秋に見える滝は 1本です[バッド(下向き矢印)]

SN3N0025.JPG

わぁ~~oh~~[るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]

22.JPG

右下に写ってるのが 仲ちゃんです。

23.JPG

冬の滝

25.JPG

秋の滝

SN3N0023.JPG

凄い迫力[るんるん][るんるん][るんるん]

26.JPG

綺麗で、嬉しくてバッチバチ写真を撮ります[カメラ] [カメラ] [カメラ] [ひらめき]

27.JPG

28.JPG

29.JPG

30.JPG

疲れた顔ですが、1枚撮ってもらいました。

31.JPG

32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

36.JPG

37.JPG

日も暮れ始め、ダウンに水が染みてきたので、
こんなに歩いたのに 寒くなって来ました。

38.JPG

39.JPG

すっかり日が落ちて、辺りは真っ暗。
雪に埋めたスノーシューを探しながら歩きます。

40.JPG

41.JPG

しかし、スノーシューを埋めた所が分からなくなってしまい、
見つけられないまま出口まで来てしまいました。

「ポールで目印付けてたんじゃないの?」
「いんや、全部丸ごと埋めてしまって…[あせあせ(飛び散る汗)]

42.JPG

「明日、明るいうちにもう一回来て、探し出すから
今日はそのまま帰ろうよ…[もうやだ~(悲しい顔)]」疲れ果てて
仲ちゃんにそう言うと、
「いや、見つけ出す[exclamation]
[exclamation]

そう言うと仲ちゃん…また山の中へ入って行きました。
トボトボ私もついて行きます。

43.JPG

仲ちゃんが「この辺じゃなかったかな~??」
と言って、雪がこんもり盛り上がった所を掘ると…

やった~~!!出てきた~~!!

44.JPG

すっかり身体が冷えてしまったけど、涙が出る程嬉しかった[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
スノーシューの上に20cm以上雪が積もっていました。

45.JPG

入口のゲートまで12分。
駐車場まで更に150メートル。

46.JPG

ダンプが雪煙を上げて、真横を走り抜けていきます。
私はクタクタ、仲ちゃんはスタスタ歩いていきます。

47.JPG

48.JPG

まずは、水で重たくなったダウンを脱いで、

50.JPG

コンロでお湯を沸かし、暖かいコーヒーを飲みますよ[喫茶店]
寒い寒い。なかなか温まりません。

49.JPG

今日から支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり。
私は1度も見た事がないので、行ってみたいと思いました。

赤が七条大滝緑がお祭り会場と札幌方面。

場所.jpg

しばらく走ると、衝突事故があり、

51.JPG

その先は、お祭りで並ぶ駐車場渋滞が出来ていました。

52.JPG

これじゃー札幌に帰るにも時間がかかり過ぎます。
そしたら、千歳を抜けて帰るか~~。
…と青のラインを帰ることにしました。

雪が融けて、葉っぱが落ちた10月。
ゲートが開いていて、車でなら入る事が出来ました。

SN3N0021.JPG

SN3N0022.JPG

SN3N0030-1.jpg

熊には出会わなかったですが、この時期徒歩では襲われますね。

SN3N0027.JPG

29.JPG

すっごく綺麗で感動でした[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][かわいい][かわいい]


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

34.スープカレー チュッタ と ホワイトアウト [パジェロミニでドライブ]

冬に閉ざされた 真っ白な北海道。
雪の白さが目に眩しく感じます。

1.JPG

今日は仲ちゃんと、野幌のカレースープ屋のチュッタに行きます。
最近お気に入りのこの道路。
20キロくらい直線が続きます。

2.JPG

綺麗でしょ~。
道路に積もった雪がシバレて固まって、圧雪アイスバーンになっています。
このシバレた時期にしか見られない、真っ白な道路です。

3.JPG

4.JPG

5.JPG

ここから南幌温泉の裏に出て、野幌の街中を走りチュッタに到着です。

6.JPG

アジアンティックな店内です。
装飾品と色彩に癒されます。
私達は窓に面したカウンターに通されました。

7.JPG

このカウンターは、お一人様が座るみたいです。

8.JPG

装飾品。カラフルな布で作られた動物。
可愛いですね。

9.JPG

こんなのを観ると、海外旅行がしたくなります。

10.JPG

11.JPG

来ました。
私は「辛さ0」。仲ちゃんは「辛さ5(100円増し)」です。

12.JPG

ご飯はMもLも料金が変わらないのでLにしました。
スプーンにライスをもって、スープに沈め浸して食べます。

今日は寒の入りで、外気温はマイナス(氷点下)6℃でした。
雪の上を歩くと「キュッキュ」と雪のきしむ音がします。

また綺麗な景色を見ながら帰ります。

13.JPG

川が氷って、その上にパウダースノーが降り積もって真っ白な川です。

14.JPG

眩しい[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

15.JPG

16.JPG

風が強いので、道路脇の雪が風で飛んで、砂漠みたいになっていますよ。
厳しい冬ですが、綺麗です。
しかし外灯がないので、夜は路肩が分からないので怖いと思います。

17.JPG

18.JPG

向こうには雪雲が見えて、降っているみたいですね。

19.JPG

20.JPG

向こうは晴れているのですが、北海道の雪道は1秒で豹変します。

21.JPG

22.JPG

パウダースノーが強風で舞い上がり…、

23.JPG

一瞬にして、道路が見えなくなります。

24.JPG

これがホワイトアウト

25.JPG

26.JPG

バッサーーーーと雪の中に突っ込んでいきます。

27.JPG

こんなになったら、肉眼では前方の車も見えづらく、
前に車が止まっていたら、ガッシャーーーン衝突ですね。

28.JPG

ここは強風で舞い上がった雪の中。吹雪き(ふぶき)ではありません。
周りは晴れていますので、西の方には太陽が見えます。
不思議でしょ~(笑)

29.JPG

岩見沢の市街地まで帰ってきました。

30.JPG

31.JPG

北海道は雪に強く、雪が積もっても交通マヒがおこりません。
柔軟性があり、季節ごとに順応していますので、パニックになりません。
皆さん運転もお上手です。

32.JPG

市内のゴミステーションの分別棚です。
皆さんルールを守っています。

33.JPG

34.JPG

旧国道に出たら、路面は一気にアイスバーンに変わります。

あ~あ~~ 追突事故みたいですね。

35.JPG

きっと対向車線にはみ出して、正面衝突でしょう。

北海道の高速道路も、毎日事故で、通行止情報はひっきりなしです。

36.JPG

先日エグザイルのまきだいさんが乗る車が追突され、
まきだいさんが大怪我をしましたよね。
あれは、ドライバーがコンビニの駐車場から右折して道路に
出る時に、右から来た車に追突されたみたいですが、
その時も函館は、ホワイトアウト状態だったそうです。

北海道の冬道ドライブは、本当に気を付けて下さいね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

33.三笠ジオパークツアー 三笠恐竜博物館集合 [山の中探検]

平成27年10月17日 ポカポカ陽気の秋。
三笠の恐竜博物館で、「ジオパークツアー」が開催されました。

2ヶ月前の広告を見て、参加を決めました。
私は一人で参加です。

現地に集合し、参加料100円を支払います。
そこで知らない方々とグループになり、この写真の方の案内で
博物館裏の散策道を1時間半近く歩きます。。

1.JPG

ツアーの案内係は酒井さん。

2.JPG

恐竜がアンモナイトを食べています。
近付くと迫力がありますね。

3.JPG

この三笠はかつて炭鉱の町でした。
このトロッコは人を乗せるとバックで走り、
バックで地上の明かりを見ながら坑内に
入って行ったそうです。

4.JPG

昭和15年頃の写真です。
自分の夫がこのような仕事だったら…心配だろうな~。
だけど、炭鉱で働いた方の年金って、すんごく高いですよね。
今は年金でいい暮らししている方が多いです。

5.JPG

博物館の裏に、こんな素敵な景色が広がっているとは
思ってもいなかったです。
いつもバイクで走り抜けていただけで、知りもしなかった[あせあせ(飛び散る汗)]

6.JPG

この川は2色に分かれているんですよ。
二つの川の合流地点だそうです。魚はいるのかな~?

7.JPG

2色ですね。

8.JPG

橋を渡ると看板があり、今日はこの看板に沿ったツアーとなります。

9.JPG

散歩道の石の壁には、苔が生して情緒がありますよ。

紅葉も始まっています。

10.JPG

この看板の写真(右上)の岩盤が・・・↓ ↓ ↓

11.JPG

現在はこのように木が生えています。
石炭が取れた岩盤です。

12.JPG

酒井さんの案内を聞きながら、古くからの建物を観て、
自然を見て、いいな空気を吸って、何て素敵な時間なんでしょう。
日頃の疲れが次第に取れていきますね。

13.JPG

ここは石炭の大きさを選別していた場所って言ってたかな~。
雪が降るとこの建物に、鹿が寒さを凌ぎに来るんですって。

14.JPG

建物の横には、炭鉱でお馴染みのコレ(たてや?)がありますが、
ここのは背が低いですよね。
それは、ここが頂上で、この下は地中に埋まっているからだと
説明を受けました。

15.JPG

この方々と一緒に行動しました。

16.JPG

そして階段を下りて元の散策道に戻り、
少し歩いてから又更に下に降ります。

硫黄の香りがしますが、足元に流れる水は冷たいです。

17.JPG

今は閉じられている坑道ですが、昔は賑わって
いたのでしょうね。

18.JPG

そしてここは、日本国内でも珍しい「縦の地層」。
この縦断層の間に石炭が詰まっていて、当時は
夜な夜な石炭泥棒が出没していたそうです。

19.JPG

20.JPG

石炭のダイヤモンドが埋まっているのだそうです。

21.JPG

22.JPG

ここは活断層で、ここをひとまたぎするだけで、
年代がタイムスリップするんですって。

23.JPG

この先は「5000万年前の地層」って事になります。

24.JPG

この貝は、桂沢の採石場で発掘されたんだそうです。

25.JPG

26.JPG

27.JPG

歩いてきたトンネルを振り返ります。

28.JPG

今季最後のツアーはここでお仕舞いです。

29.JPG

昭和15年にはこの場所から山中に入った所に
温泉があり、炭鉱で働いていた人たちは、
その温泉で疲れを取ったという事です。

あの大きな石がトロッコの線路があった所ですって。

30.JPG

このトンネルは、石炭を運ぶ為に掘ったトンネルだったんですね。

31.JPG

ここからUターンして、スタート地点に戻ります。

32.JPG

33.JPG

34.JPG

戻って来ました。

恐竜博物館も観光したかったのですが、私は仕事に戻ります。

35.JPG

36.JPG

37.JPG

38.JPG

別の日。
紅葉が散って氷雨が降るある日、彼をつれてまた来ました。

39.JPG

氷雨でシューズが濡れて靴下が冷たくなりました。
散策路は枯葉でいっぱいになっていました。

40.JPG

いずれここも雪の中に埋まってしまうのでしょうね。
今度はスノーシューで歩いてみようかな。

41.JPG

42.JPG


nice!(3) 
共通テーマ:地域

32.美唄式やきそば [色々]

PB136797.JPG

随分前になりますが、『ケンミンSHOW』で
「袋から直接食べる美唄式やきそば」というのが
紹介されていました。

それならば買いに行きましょう!!と、雨の中、
美唄コープ(農協)に向かいます。
岩見沢からは約40分くらいです。

PB136789.JPG

「あった!あった!これ!これ!」
家族にもお土産を数個買いました。

PB136790.JPG

やきそばは、冷たいままでも食べられるのですが、
今日は寒いので、会計後にスーパーでチンしてきました。
お腹を空かせてきたので、車の中でかぶりつきます。

一種類しかないと思っていたのですが、三種類あります。
それから地元でもすぐに売れ切れてしまうと言う
「石炭やきそば」と言うのがあるらしいのですが、
今日は売り切れていました。

PB136793.JPG

途中「峰延(みねのぶ)」の農協にも寄ってみました。
岩見沢から峰延までは15分。
わざわざ美唄まで行く必要なかったね(笑)

峰延農協の店員さんが教えてくれました。
「三笠の道の駅のセブンイレブンにも売ってるよ~行ってみたかい?」

三笠なら車で10分以内。
2人で笑っちゃった~。

お天気回復して青空になったので、ちょっとドライブしていきましょう。

PB136791.JPG

夕張方面に走ると、万字の手前に毛陽(もうよう)の
直売所があります。そこに行く事にしました。

野菜や果物を格安で沢山買い物できました。
近くにこんな素敵な直売所があったなんてね。

PB136794.JPG

またきま~す。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

31.岩見沢市と万字の紅葉 [ワゴンRでドライブ]

岩見沢に住み始めて7ヶ月。
だいぶ環境に慣れました。
そして昨日、51歳になりました。
---------------------------------
2016.10.26
今日は私一人で、紅葉を見に行きます。

今年の紅葉は赤が少なく、黄色と茶色が目立ちました。
紅葉はあんまりパッとしなかったけど、
北海道はやはり、広大な景色に癒されます。

岩見沢を流れる幾春別川の景色。
買い物の帰り道にここを通ります。
凄く好きな景色です。

1.JPG

2.JPG

3.JPG

この緩やかな曲線が好きなのかなぁ~。
石狩街道のポプラ並木も豪快ですが、
こちらのポプラは若くて細いんですね~。

4.JPG

5.JPG

幾春別川を離れ、岩見沢郊外の万字方面に行ってみます。

岩見沢市役所前の紅葉はとっても綺麗に色づいています。

6.JPG

岩見沢の陸上競技場前の銀杏並木。
銀杏拾いしたかったな~。

7.JPG

少し走ると、すぐ山の道になって行きます。

8.JPG

畑や田んぼの多いこの辺は、煙が上がっているのを
よく見かけます。
今日は車ですが、バイクで走ると煙で目がチリチリしてきます。

9.JPG

正午です。日が差してきました。

10.JPG

どんな色でも、やっぱ紅葉は綺麗ですね。
稲の刈り取られた跡ですね。

11.JPG

毛陽のメイプルロッヂを通過して、万字の方へ走ったら
小さな川の紅葉が綺麗だったので、車を停めました。

12.JPG

カメラの調子が悪く、色がハッキリでないのです。
カメラ買いたいな~。

13.JPG

橋の上から、流れていく水を写します。

14.JPG

今まで穏やかだったのに、急に強風になり
カメラを手から落としそうになりました。

15.JPG

反対側。
交通量が少なく、5分程いましたが、
夕張方面へ行く車が3台通っただけでした。

16.JPG

綺麗でした~。
だけどカメラがぁ~~╭(´A`)╮

17.JPG

もう少し足を延ばして、地図に載ってた「万字線鉄道資料館」を
見に行きました。
しかし入口には休業の張り紙。

18.JPG

建物の周りは廃墟が目立ちます。
ですが、廃墟の後ろ側に、新築された家が建っていて
結構みなさん良い暮らしをしているのを感じます。

19.JPG

壊れた長屋。懐かしいですね。

20.JPG

美流渡は何で栄えた町なんでしょうかね。

21.JPG

トタン屋根の薄い壁。
ここは豪雪地帯ですから、この様な家はさぞかし寒かったでしょうね。

22.JPG

ゴミステーションの隣に、熊の看板がありました。
住宅地ですよここは…。
熊に遭遇する確立はそんなにないと思いますが、
この町の人は会った事あるのでしょうか?

23.JPG

帰りも好きな所に車を停めて、紅葉を見ながら
素敵な時間を過ごしました。

あ~~お腹すいた。

24.JPG

このカメラ…私は新しいもの好きではないので、未だにガラ携なんです。
このカメラは確か…購入してから8年は経っていると思います。

写真でお分かりの通り、画像の左下が黒く映ります。

2016092517280000.JPG

2016092517290001.JPG

たまたまヤフオクを調べてみたら、本体だけで「3000円」という
出品があり、仲ちゃんが落札してくれました。

古いカメラは部品取りの為に取っておく事にしました。

 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の30件 | -