So-net無料ブログ作成
検索選択

18.積丹半島をハイキング 女郎子岩を見に行ったよ [積丹方面]

義経伝説に出てくる、女郎子岩。
この岩を一度でいいから見てみたいと、

PB185813.JPG

小樽に住む息子を誘って、ドライブして来ました。
北海道の天気は、雨が雪に、プラス気温から一気にマイナス気温にと、
寒暖の差が激しいので、この時期は、天気予報を見ながら、
スケジュールを立てないといけない。

1.JPG

火曜日までは暖かかったが、天気は下り坂。
水曜日は少し寒そうだが、仕事も休める。

よし!決まったら何が何でも決行!

小樽に引越してから風邪ばっかりひいてる息子に、
長期保存できるおかずを作って行く事にする。

材料は至って簡単。
鶏肉は下茹でし、余計な脂分を落とした後炒める。
皮は取っても取らなくても、お好みで。

きゅうりと長ネギをカットして、水をよく切って 3種類を混ぜ合わせる。

2.JPG

今回は材料が多いので、予め鶏肉に砂糖醤油で味付けした。

3種類を混ぜ合わせたら、フライパンに砂糖と醤油を入れ、
数秒間(泡で膨れるくらい・電子レンジでも良い)温めて、

3.JPG

少し冷ましてから、野菜にドバッと回し入れる。
そうすると、長ネギときゅうりから程よい水分が出て
これがまた美味しいのです。

仕上げに白ごまをパラパラっとして出来上がり。

4.JPG

それをタッパーに入れ、頼まれた物(人参、白菜、卵)を
購入し小樽に向かう。

息子を迎えに行き、おかずを冷蔵庫に入れたが、
頼まれていた通帳を持ってくるのを忘れた[バッド(下向き矢印)][あせあせ(飛び散る汗)][がく~(落胆した顔)]
忘れた事にビックリ。ここに到着するまで気付かなかった[爆弾][どんっ(衝撃)][ふらふら]
「母さん珍しいね。」と琢磨に言われた╭(°A°`)╮

--------------------------------------

小樽を出発し、道道956で
 フルーツ街道から塩谷を抜け→
余市ニッカウヰスキー工場を通過→
国道229で 古平家族旅行村を通過→
婦美から道道913に入り、しばらく進むと 
入舸(いりか)の町に入った。

最初の標識があったが、ここではないみたいだ。


5.JPG

あッ!!看板がありました。
この看板の前は駐車場になっており、
ここからも女郎子岩に行けそうです。

しかしここからだと、山を一つ越えなければならないので、
もう少し先の、積丹・島武意海岸の駐車場まで行きましょう。

6.JPG

きっと道外からの旅行者も、ここには訪れた事があるでしょう。
車を停めて、このトンネルを抜けたら、右の写真のような
海岸「積丹ブルー」に出会えます。

しかし今日は工事中で、来年3月までは通過不能です。

7.JPG

人の大きさからも、このトンネルが
どれだけ小さいかお分かりですね?(笑)

8.JPG

トンネルを素通りし、仮設の展望台まで歩きます。
そちらが本来の私達の目的の、女郎子岩がある方です。

ここまで300m坂を登って来ました。
展望台まで来たら、眼下に本来の展望台が見えました。

PB185794.JPG

結構な強風です。
耳がしゃっこくなって(冷たくて)、ちぎれそうです。

PB185796.JPG

クネクネ三脚を木の枝に固定させて、写真撮影[カメラ]
岩にぶつかる波の音を聞きながら、灯台に向かいます。

寒いのでムクムクパンパンに上着を着ています(笑)

PB185799これ.JPG

PB185798.JPG

標識.jpg

ロン君!足、冷たくないかい?

PB185800.JPG

小さな灯台までの坂道を、琢磨にお尻を押してもらいながら
やっとここまできた~。
いんや~[あせあせ(飛び散る汗)]体力なくなったなぁ~。
母さん、25日前に50歳になったよ~[ちっ(怒った顔)]

PB185801.JPG

島武意海岸は結構来ますが、積丹半島を
歩くのは初めてで、景色に感動します。

PB185802.JPG

あの先の尖がった岩の辺りに女郎子岩はあります。
この階段を、帰りは登ってくるのかぁ~[台風]

PB185803これ.JPG

階段がずっと向こうまで続いてるよ~。
すんごい景色だね~。綺麗だね~。初めてみた~。

PB185804.JPG

あの 尖がった岩まで、あと1kmくらいか。

PB185828.JPG

手前に見える岩の下は、火山灰の断崖絶壁で、
ロンがチョロチョロするので 落ちそうで怖かった。

PB185834.JPG

そしてこの岩を越えて、さらに進むと…ベンチがあって、
入舸町から上がってきた道と合流した。

PB185817.JPG

息が切れるがもう少し。
まだ14時半くらいなのに、太陽は夕日みたいに感じる。

数分後、小さな展望台が見えて、そこに上がると…

-------------------------------------

やった~~[かわいい]見えたよ~[かわいい]

女の人が、海を見ている姿に見えるよ~。

PB185805これ.JPG

それは義経を見送る姿なのでありました。

PB185807.JPG

展望台から下りて、一人ずつ写真撮影[カメラ]
1歩背中側にずれると、崖はそこから始まっています。
落ちたら即死だな[どんっ(衝撃)]

PB185810.JPG

私は琢磨と女郎子岩を うまく写したのに、     [左斜め上]
琢磨ったら~
╭(°A°`)╮女郎子岩が切れてやんの[もうやだ~(悲しい顔)](笑)
これじゃーハトにしか見えないや
(^^;)        [左斜め下]

PB185811.JPG

水分と糖分を補給して、少し休んだら出発します。

この絶壁の下まで降りれないのが残念です。
今度はコンディションを整えて、暖かい時に来ます。

女郎子岩さ~ん さようなら~[もうやだ~(悲しい顔)]
今度は登山嫌いな 仲ちゃんを連れてきます~。

PB185812.JPG

帰りは下り坂が多くて、ちょっと助かります。
早くもここまで来ました。

ロンは速くて速くて、リードを引きずって
先に行って私達を待っています。

遠くに、あの階段が見えてきました。

PB185814.JPG

階段はここから登りです。

PB185819これ.JPG

ロン君、お待ち下され~~。
観光客が一人もおらず、貸切りです。

PB185823.JPG

黄昏~~[わーい(嬉しい顔)]

PB185821.JPG

琢磨も~[グッド(上向き矢印)](笑)

PB185824.JPG

PB185826.JPG

後ろを振り返ります。

PB185828.JPG

PB185830.JPG

ここから200m程進むと、

PB185831.JPG

こんな景色が[かわいい][ぴかぴか(新しい)] すんばらしいです。

PB185835.JPG

たそがれてます。
スキーウェアーを着て、調度いい気温です。 6℃。

PB185836.JPG

PB185837.JPG

はい もう少し。 駐車場まで あと300mです。

PB185838.JPG

杖にしていた「イタドリ」を捨てると、
車に乗り、出発です。

帰り、牡鹿が草原で草を食べていました。
牡鹿を見るのは、人生で3度目です。

PB185842.JPG

先日母と行った、白岩の夫婦岩を見て

PB185846.JPG

小樽まで送ると…
商科大学の真ん前から、展望台に上がる道があり、
琢磨と夜景を見に行く事になったが、(標高190m)
真っ暗な道を数分間 車で上がって行き、
真っ暗な駐車場に車を停め、
ホント気持ち悪い場所に旭展望台はあった。(夜だからです[モバQ]


PB185848.JPG

PB185852.JPG

しかし夜景は綺麗だったよ~。

息子とのデート終了。
今度はいつ、遊んでもらえるかな(笑)
ありがとう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

17.屈足(くったり)温泉レイクイン→然別(しかりべつ)湖→タウシュベツ川橋梁→ホテル大雪 [温泉へGo!]

10月24日(土)。
余談ですが今日は、旅行&バイク好きの父が亡くなって23年目の命日。

土曜日は仲ちゃんも私も仕事。早目に仕事を切り上げて、
ごご3時半に家を出発、↓ ↓ ↓
http://www.lakeinn.jp/spa.html
新得町字屈足(くったり)の、レイクイン屈足に行きました。

江別の紅葉は、終わりかけていて、
白樺の白い幹が、黄色の紅葉を引き立てている。

PA245609.JPG

新篠津の大橋を左手に見ながら

PA245610.JPG

幌向(ほろむい)から、岩見沢に入り、三笠から桂沢湖を経由~
R452の
三段滝を通過([トイレ]は10月初旬から冬期閉鎖されていた)~
[トイレ]我慢しながら 富良野に入る。
ここまで来たらもう辺りは真っ暗。

R38 樹海峠を越え~幾寅(いくとら)に入ったら、
スピード違反で1台の車が、覆面パトに捕まっていた[がく~(落胆した顔)]

PA245613.JPG

南ふらのの道の駅で[トイレ]time~狩勝峠~午後7時にホテルへ到着。
夕飯はホテルでいただく事にしました。

ここへ宿泊するのは2度目です。

ここのホテルの露天風呂で、不思議な再会がありました。
前回、仲ちゃんとここに来たのは4月25日。
温泉の露天風呂で知り合い、意気投合した女性二人組み。

今夜も食事が終わって、夜11時に露天風呂に入りに行ったら…
[exclamation&question][exclamation&question][exclamation&question] 何だか何処かで見たことのあるお顔…
そして私…「もしかして…前にここでお会いした姉妹の方ですか?」
と声を掛けさせてもらった。

そしたら「え?もしかしてシュナウザーの方?」と聞かれ[がく~(落胆した顔)]
もー!3人とも素っ裸の対面でビックリ仰天[ダッシュ(走り出すさま)](笑)

彼女達もここを訪れたのは、前回以来だったみたいで、
私達もそうだったのでビックリでした。
この偶然って必然? 運命の偶然?凄い!![わーい(嬉しい顔)]

-------------------------------------------

温泉では「鹿肉」のお土産セットが販売されているのですね。
地方発送が嬉しいですね。

PA255624.JPG

PA255625.JPG

   [かわいい]翌朝[かわいい]

雪がチラつく、っても寒そうな10月25日の朝です。
今日は私の50歳の誕生日[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

PA255631.JPG

屈足湖の紅葉も終わりかけています。
朝食のレストランで、昨夜の姉妹と、
そのご主人にご挨拶をして、名前交換をして
facebookでお友達になりました[グッド(上向き矢印)]

PA255633.JPG

3人さんに別れを告げ、一足お先に出発します。
今日の行き先は…層雲峡のホテル大雪へ日帰り入浴です[いい気分(温泉)]
先ずは、鹿追方面へ右折。

PA255636.JPG

今朝方から降りだした雪が、うっすらと積もっていました。
肥料になるひまわりの花が 寒そうですね。

PA255642.JPG

畑の白黒ラインが素敵です。
秋と冬の境を見られて、ちょっと嬉しいです[るんるん]

PA255643.JPG

針葉樹の枯葉がシャーベットのようになっています。

PA255647.JPG

鹿追の有名な直線道路は走りやすいですが、
取り締まり路線でもあります。

PA255648.JPG

この看板。
昨年の11月に仲ちゃんと、無料露天風呂 鹿の湯に来ました。
  ↓ ↓ ↓
http://koborezakura.blog.so-net.ne.jp/2014-11-06

今日はここには寄りません。

先日、子供2人の生命保険に加入したら、「選べるカタログ」で、
ホテル大雪の招待券をいただいたのでした。

PA255649.JPG

道道85号線の白樺峠を越えて、然別(しかりべつ)湖を目指します。

PA255650.JPG

お~!本当に白樺ばっかりなんだね~。
標高があがるにつれ、雪が多くなってきたよ。

PA255652.JPG

今日は私のワゴンRで来ました。
峠を越える予定でしたので、
早めにスタッドレスタイヤにしてきて正解!

しかし、冬用ワイパーにして来るのを忘れて残念[もうやだ~(悲しい顔)]
ゴムが硬くなって、水はけが悪いです。

ワゴンRは仲ちゃんが、婚約指輪の替わりに
私にプレゼントしてくれた車です[黒ハート]うふふ
[かわいい]
指輪[リボン]もプレゼントしてもらいましたけどね(●´∀`●)[プレゼント]  

PA255654.JPG

然別湖まで来たら、もーー大雪になっていました。
ホテルの脇をすり抜け、ここから湖畔沿いの
危険な道に突入です。

PA255656.JPG

今年7月6日に、ここで転落事故があり、
72歳の女性が死亡しました。
然別湖畔はガードレールがなく、
道が湖畔に向かって傾斜していて、
湖畔ギリギリに車道がある為、
車が擦れ違えない程狭いのです。

事故のニュース 
http://shashuhantei.blog.jp/archives/8889684.html

PA255657.JPG

それにしても…前からも後ろからも車が来ない。
まさか…この先のゲートが閉まってるって事ないよね~。
…と内心ドキドキしながら走っていた。

PA255660.JPG

路面は結構ツルツルしていて、何度か
ブレーキテストをしながら、幌鹿峠を越えた。

PA255661.JPG

この峠を走っている途中で、携帯電話が鳴った。
私の家の 下階に住んで下さってる おじさんの息子さんからだった。

PA255662.JPG

「父が昨夜、葬式の帰りに車にはねられ、
             深夜3時に息を引き取りました」
と。

急な話しでビックリでしたよ。
おじさん、5ヶ月前に奥さんを亡くして、栄養失調気味でした。
ですから、私の母が毎日おじさんのご飯の世話をしていて、
朝と晩は、必ず母が作って持っていってあげていたのでした。

だいぶ身体も弱っていたからな~。
奥さんが迎えに来ちゃったんだな~。
私の誕生日が命日になっちゃったよ。
きっと私に「いつまでも俺の事忘れないでくれよ」って
言ってるんだろうな。

ご冥福をお祈りしながら、車を走らせていました。

PA255663.JPG

ぬかびら温泉郷への出口ゲートに、警備員が立っていて、
「何台か車と擦れ違いましたか?」と質問されたが、
「1台もいなかったですよ」と答えると、
待機していた除雪車が、私達が走って来た道道に入って行った。

PA255664.JPG

私達が通過するのを、待っていたのですね~。

そして車は国道273に繋がった。
ここから先は、
旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋
見られる場所です。

鉄道には あんまり興味はなかったのですが、

PA255666.JPG

折角ここまで来たのですから、自分達もこの目で
その橋を見てみたいと、車から降りました。

車の荷台から、冬のズボンを出してダウンを着ると
すっかり冬の格好。

PA255667○.jpg

しかしこのブーツ。。。大阪で買ったので、
靴底に滑り止めが付いていないので、滑るんです[がく~(落胆した顔)]
[バッド(下向き矢印)]

けど、雪道の歩き方が上手なのが 北海道人(笑)

PA255668.JPG

PA255674.JPG

ほほ~~ これが有名なタウシュベツ川橋梁かぁ~。

もう大分橋が沈みかけていますね~。

PA255669.JPG

こんなに遠く見えます。

事前に営林署に手続きをすると、ゲートの鍵をもらい
橋の近くまで入る事が出来るそうです。

PA255672.JPG

りか 50歳の笑顔(笑)[あせあせ(飛び散る汗)]きもっ[あせあせ(飛び散る汗)]

PA255675.JPG

PA255677.JPG

この木はデカかったね~。

PA255678.JPG

左の散策路には、鹿の足跡しかありませんでした。

PA255680.JPG

2組の観光客と擦れ違いましたが、
中国人や韓国人の観光客が増えましたね~。

ですがこの外国人…国際免許でレンタカー。
北海道の走行大丈夫でしょうかね~[台風]こわいな~

PA255681.JPG

三国峠は標高1139mで、道内最高所の峠です。
眼下には樹海が広がり、圧巻の景色です。

PA255682.JPG

PA255683.JPG

夏には、一面にルピナスが咲くんだそうです。

PA255684.JPG

PA255685.JPG

PA255686.JPG

下りは雪が締まっていて、グリップはするのですが、
もの凄い横風です。

PA255687.JPG

粉雪が竜巻みたいに、巻き上がっているのが見えます。

PA255688.JPG

13時には、ホテル大雪に着きそうですね。

PA255691.JPG

PA255692.JPG

大雪山層雲峡・黒岳ロープウエイの停留所脇に
ホテル大雪はあります。

PA255694.JPG

ホテル大雪では、3つのお風呂が楽しめます。
その度に着替えをして、出なくてはいけないのですが、
上から眺める景色が最高で、落ち着ける温泉です。

お風呂上りでスッピンですが、誕生日なので記念撮影します。きもっ
[どんっ(衝撃)]

PA255696.JPG

お風呂から出ると、車に10cmも雪が積もっていて、
スノーブラシを車載するのを忘れ、ホテルからお借りしました。

層雲峡は目も開けていられないくらいの、猛吹雪。

帰りはお腹が空いたので、旭川を過ぎて
芦別の道の駅で、「がたたん」を食べて帰ります。

PA255697.JPG

これが「がたたんラーメン」

PA255700.JPG

PA255701.JPG

これが「がたたんチャーハン」

PA255702.JPG

「がたたん」誕生秘話です。↓ ↓ ↓

PA255703.JPG

数十年前に閉園になった、芦別レジャーランドの観音像が見えました。

PA255698.JPG

レジャーランド…一度も行かないうちに 潰れちゃいました。

PA255699.JPG

ここからは、私の運転で、雪のない札幌まで帰ります。
帰ったら、下のおじさんの仮通夜に行かなくちゃ。

捕まらないように帰らないと。
けどまた、R337で覆面に捕まってる車を発見。
いるね~。
北海道を走る時は、スピードを落として
安全運転で走って下さいね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

16.余市ニッカウヰスキー工場→夫婦岩→オタモイ海岸 をドライブ [積丹・余市方面]

みなさん こんばんは[三日月]
昨日11/1は定休日で、母と一緒にドライブに出かけました。
最初に向かった所は、小樽のアパートに住む息子のところ→
行った時息子は、ご飯を炊いて、サケを焼いていました。

部屋を少しだけ掃除したあと、風邪気味の息子に
別れを告げ(大げさ)www

余市ニッカウヰスキー工場へ ↓ ↓ ↓

PB015656.JPG

朝の連続テレビ小説「まっさん」の撮影で使われた場所。

PB015639.JPG

ピートは、スモーキーフレーバーの香り付けに使われた泥炭ですね。

PB015641.JPG

母です。足が痛くて長い時間は歩けませんが、とっても元気です。
リタハウスは入れませんでしたが、窓から覗きました。

PB015635.JPG

ちょっと肌寒いですが、観光客もたくさん来ています。

PB015634.JPG

まっさんこと、竹鶴さんが吊った魚拓です。

PB015655.JPG

リタと、竹鶴の思い出の写真がいっぱいです。

PB015627.JPG

PB015633.JPG

PB015621.JPG

2人の自宅に入ります。
写真が展示してありました。

ニッカウヰスキー工場は、全部無料で開放しています。
太っ腹だな~ニッカさん。 ありがとうございました。

PB015620.JPG

----------------------------------------------

車は余市を出て、古平方面へ向かいます。

私はこれを観たかったんです。
新しいトンネルが出来る前までは、ここが国道でした。
ですから積丹や神威岬に向かう時は、必ず目にした岩でしたが、
今はもう、わざわざ行かないと見られなくなってしまったのです。

えびす岩と大黒岩(夫婦岩) ↓ ↓ ↓PB015660.JPG

PB015661.JPG

PB015672.JPG

こちらの海水は大変綺麗です。
これが噂の積丹ブルーです。

PB015670.JPG

後ろを振り返ると白岩が見えます。
このトンネルが、旧国道です。
雪ではありませんよー。

PB015664.JPG

-------------------------------------

日が暮れる前に、母を連れて行きたい所がありました。

オタモイ海岸です。 ↓ ↓ ↓

PB015692.JPG

PB015695.JPG

昭和7年の夢のあとがそのまま残されています。

今はもう誰も 下りる事のない階段。
ここへ立ち入る時は、電話をして許可をいただきます。
みんな勝手に入っていますけどね。

PB015688.JPG

この崖っぷちを あの門まで歩きます。
凄く狭く、手すりが海側に倒れていて怖いです。

PB015687.JPG

門をくぐり、下を見る。
ここは心霊スポットでもあり、自殺の名所。
けど、なんて素晴らしい景色と海岸なんでしょう。

後方に見える展望台には、龍宮城と呼ばれる娯楽施設が建っていました。
戦争が終わり、再開しようとした矢先、不審火で出火。
全滅したという事です。

PB015677.JPG

ここが展望台。
綺麗だけど 高くて怖くて屁っ放り腰です。

PB015680.JPG

母と2人だけでドライブしたのは、何年振りでしょうかね。
色々な話しも出来て、とっても楽しかったです。

もうひとつのブログは「アメブロ」の方に書きました。
興味のある方は、どうぞ覗いてみて下さい。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/biyoushitsusara/entry-12090875539.html



共通テーマ:旅行