So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

美流渡 道道1129号幻の林道~桂沢湖畔へ抜ける林道 [林道ツーリング]

新緑が眩しくなった6月下旬。
連日の雨で山の中は 水溜りだらけだと思うけど、
しばらくバイクに乗らないと身体が訛りそうで
早速仲ちゃんと山に出掛ける。
1.JPG
案の定路面はベチャベチャ。
2.JPG
だけど進む。
この道は道道か村道かは分からないが、
地図には記載がある1129号線。

「内地から来た人が車でここを走り、レスキューを呼んだとか…」
そんな話しを美流渡のラーメン屋さんで知った。
3.JPG
しばらく進むと川が流れていてゲートが。
立入禁止ではないようで進むが、ここから先は自己責任。
4.JPG
私が先に通過。
仲ちゃんも後に続きます。
5.JPG
今日は、ちょっと轍に入ると、ツルンツルンぬるぬるで
すぐにタイヤを取られて、真っ直ぐ走れません。
けどオフロードはそれが楽しいのですけどね[わーい(嬉しい顔)]
水の周りにはこんな綺麗なトンボも飛んでいました。
7.JPG
もっと写真を撮りたいのですが、平坦な所まで来ないと
バイクを停められません(笑)
私はディグリー250 足つきがいいです。
8◎.JPG
私はこのあと大きな岩にハンドルを取られ転倒。
仲ちゃんが歩いて助けに来てくれました(笑)
9.JPG
仲ちゃんお願い!!
ここからは先を走って~。

ここも酷く荒れていて、昨日の雨がまだ泥になって流れていた。
10.JPG
まだここはいい方。だって止まって写真撮ることできたもん(笑)

仲ちゃんのTSは足が付かない(笑)
だけど仲ちゃんはまだ1度も転んでない。
11.JPG
「私ここで写真撮るから、先に行ってて~~」
インカムは300m離れていても、会話は出来る。
オフロードは騒音が少ないので、相手の声が良く聞こえます。
12.JPG
ここの林道は初トライ。
同じような枝道が沢山あるので、もしここから引き返す事に
なっても、道を誤る可能性がある。
何処に出られるかも分からないし、熊に襲われるかも知れない。
ここにはたまたま古い看板があり、誰かがスプレーで
「←幌内炭鉱」と書いてある痕があった。
もう読み取れないくらい薄く、日焼けしていた。
右に進むことにした。
13◎.JPG
右に進んでしばらく来た所に最近木が伐採されたような
広い所に出た。
トラックやダンプが走った跡があると、ちょっと安心する。
けど、結構その跡も途中で終わる時もある(--;)
14.JPG
ここまで20kmは走っただろうか。
私はまだまだ元気。
今日はブーツで良かった~。
転んだけどちっとも怪我をしなかった。
15◎.JPG
何となく桂沢湖の裏側に出たような気がする。
道路が陥没しそうで、ピンクのテープがピラピラしている
所もあったけど、気を付けながら通過。
16.JPG
あ!!あれは!!ダムじゃない?
桂沢湖ダムの建設しているダムだよ。
クレーンが動いているのが見える!!
17.JPG
そんな訳で、ドロドロになりながら桂沢湖まで抜けることが出来た。
帰りは国道でアスファルト道路を帰ります。
脇道に入って、車が1台も通らない道の歩道に座り
休憩。  冷たい物を飲みます。

地図を見て、今走って来た道をチェック。
18.JPG
ブーツ泥泥。バイク泥泥。
オフ!!楽しいね(●´∀`●)
19さて…どこ行こう.JPG
本当に車が1台も通らない(笑)
20さて…どこ行こう.JPG
そうそう!!さっき林道の看板に「←幌内炭鉱」って
書いてあったよね。
…って事は、幌内炭鉱の出口ってあるのかな?

帰り道、幌内炭鉱に寄って出口を見てくることにした。
ここです。この先ってどうなっていたっけ?
21.JPG
22.JPG
バイクを停めて、その先に続く林道を見てみたら、
ちょっと歩いた所で、鎖がしてあって立入禁止となっていた。
21(2).JPG
あの時左折していたら、結局ここから出られなくて、
Uターンしないと駄目だったんだね。

今にも熊が出そうな林だよね。
22(2).JPG
今日もこんなの(クマのうんち)を3個も見た。
ちょっと古い数日前のうんち。

バイクで走っているとエンジン音で熊は逃げて行くらしいけど、
エンジンが止まった時は近付いてくると、聞いた事がある。
クマよけの鈴なんて、何の効果もないそうだ[がく~(落胆した顔)]

P6307014.JPG
夏っていいな~。
4時過ぎに帰って来てもまだ明るい。
雪も降らない北海道なら本当にいいのにな~。
洗車終わって、拭きあげです。
23ツーリング終了.JPG
明日はどこに行く?

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

万字線林道 [林道ツーリング]

6月10日(土)は朝から雨[小雨][台風]
バイクに乗れないので、軽トラ君で林道を探しに行く事にした。

万字峠を夕張に向かっている途中で、「万字線」という看板を見つけた。
1.JPG
ちょっと怖い幹事もするけど…行ってみようか。
少し走ると、(山菜採りかな?)軽自動車が出てきたので
「これは行ける!!」と思い、軽トラ君を走らせる。
2.JPG
全工程11kmくらいかな?
道路はガレていて、溝は川みたいにジャブジャブ水が流れていて、
怖かった~。

けどね、道を流れている水が澄んでいて綺麗なんだ~。
3.JPG
…って事で、軽トラ君で走った6日後の6月16日(金)。。。
快晴で暑い日[かわいい]
TSとディグリー出動です[ー(長音記号1)][ダッシュ(走り出すさま)]
4.JPG
ここまで道道を走って来ました。
この看板がスタートです。
5.JPG
先日は雨で気付かなかったのですが、こんな看板もありました。
6.JPG

さて!!気合を入れてスタートです。
7.JPG
水が流れた溝が深削られています。
バイクなら軽くクリア出きるのに、軽トラ君はお腹擦りました[がく~(落胆した顔)]
8.JPG
この林道には、レンガなのかな~?
レンガを細かくした石がずっと敷かれていて綺麗なんです。
9.JPG
数分で中間地点の頂上に到達。
暑い[たらーっ(汗)]暑い
[たらーっ(汗)]
炭酸ドリンクをゴックゴク[るんるん][るんるん]
10.JPG
頂上からは万字の町が見えました。
すっごく綺麗です。
11.JPG
12.JPG
さて、また出発です。
今度は下り。溝にはまったらヤバいです。
13.JPG
仲ちゃ~ん!!写真写すから待っててね~。
14.JPG
そしてこの林道を往復して、また元の入口に戻ったのですが、
まだ時間があるので、さっきみた枝道を左折して探索する事にしました。

2km程走ったところで、道路が滑落していました。
仲ちゃんの足がちょっと写っているでしょ。
向こうに渡るには10cm幅しかないので、バイクはここで断念。

後で地図をみてみたら、この道は夕張に出られる
「旭林道」って事が分かりました。
15.JPG
そしてまた…ちょっと戻った所を、今度は右折してみたら、

それがとんでもない道で[がく~(落胆した顔)]、笹やイタドリが覆いかぶさって
下は見えないし、泥泥で滑るし、泥の水溜りは深いし、
やっとこさっとこ出られたら…
ここは今は閉園している「丁未(ていみ)風致公園」の中の道だった。

「どうする?出られるかな~~?」と不安になっ。
だけどさっきの泥泥ツルツルの道を戻るのは嫌だな~。
って事で、出口を見つけて脱出させて頂きました。スミマセン。
16.JPG
フキの葉っぱやら イタドリやら 枝をバイクに引っ掛け来てました[わーい(嬉しい顔)]
17.JPG
そしてまた万字線の入口に戻り、「また来ます!」と心に決め(笑)
道道の峠を帰ったのでありました。
18.jpg

nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:バイク

43.青山へ短距離ツーリング [250ccバイクツーリング]

久々のオンロードツーリング。
今日は5月28日。
こちら北海道もやっと16℃を越える事が多くなった。

昨夜は深夜2時まで仕事して、だいぶ疲れていた。
今日も夕方から仕事なので
あんまり時間がなかったのですが、
夏が終わるまで…、あと何回走れるか分からないので
無理してでも出発します(笑)
今日は旧道も走りたく、私が仲ちゃんを先導します。
11.jpg
ここは雨が降ると、水の下に沈んでしまう道です。
2.JPG

良い天気が続いていたので、水没していませんでした。

旧道が水の中に消えて行ってます。
3.JPG
根室の野付半島のトドワラを思い出すような風景です。
http://koborezakura.blog.so-net.ne.jp/2012-09-16
↑ ↑ ↑ 仲ちゃんとトドワラ・ナラワラをツーリングした時のブログです。
4.JPG
誰もいなくて、静かで…良い景色でしょ~?
5.JPG
6.JPG
7.JPG
そして、数分走ると、いつもの「ふくろう小屋」。
日曜日なのに誰もいません。
8.JPG
喉を潤して、「さあ!帰りましょうか」。
9.jpg
「明日も天気いいけど、どこ走る?
明日はオフロードバイクに乗り換えて
林道探検しましょうか」。
10.JPG

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

42.三笠林道ツーリング 道がなくなっていた [林道ツーリング]

2017.05.05 こどもの日
年中無休の私達。

岩見沢から少し走った所に林道をみつけ、
毎朝は無理だけど、晴れて暖かい日は
仲ちゃんと2人でトレッキングを楽しんでいます。

今日の岩見沢は桜が満開になりました。
三笠の山林は6分咲きって感じです。
58.JPG
この場所から見える炭鉱の塔。
昔ここで何百人もの人たちが働いていたんでしょうね。
57.JPG
私のバイクは仲ちゃんがメンテナンスしてくれて
めっちゃ走りやすく安定しています。
56.JPG
このブーツは私がトライアルをやっていた時のブーツなんですが、
実は最近3キロ太ってしまい、ブーツがキツキツで入らなかった。

仲ちゃんが履いたらピッタリ。早く痩せなくちゃ╭(´A`)╮ ↓ ↓ ↓
59.JPG

ここの林道は、三笠鉄道村~唐松まで抜けられる
たった4キロの林道なんですが、山あり谷ありで
すごく楽しい林道です。
60.JPG
ただ、一般車も入ってきますので、
前方に注意して走行してくださいね。
62.JPG
ここから出発して、ここでゴール。
往復8キロの林道の次は…、
63.JPG
このゴールからちょっと先にある入口に目をつけました。

どんどん中に進んでいくと、手付かずの荒れた道が
ずっと続いていて、泥の中でヌルヌル滑り
ここに行き着いた。

橋が壊れていてこれ以上行けないか?

と思ったら、仲ちゃんがスルスルと通過。
64.JPG


私も後に続き 坂を駆け上がると、
今にも熊に遭遇しそうな山奥になった。
65.JPG
そして。。。
あ~~!! 道が落ちてる~~╭(°A°`)╮

行けるかな~?左に足を着けば滑落。深い谷底。
右はステップを引っ掛けそうな狭さ。
そして歩いてみたら地盤が軟らかい。
66.JPG
やっぱここで引き返そうか…
この先どこに繋がってるんだろう。
67.JPG
家に帰ったら、グーグルアースで道を辿ってみよう。
68.JPG
右を見たら、木蓮が3本、白い花を咲かせていました。
69.JPG
残念。今日は帰ろう。
でも又来たいな~。
70.JPG
71.JPG
途中湧き水の所で、かえるの卵を発見。
春ですね~。今年は雪融けが早かったね~。
73.JPG
幌内炭鉱跡近くまで戻ると、石炭がゴロゴロ転がっていました。
74.JPG
家に帰って16時オープン。
洗車は仲ちゃんにお任せします。

たっくさん草や石を積んで帰ってきたみたいです(笑)
75.JPG
2台ともドロッドロ。
オフ車はこうじゃなくっちゃ[るんるん][るんるん]
76.JPG
自作のチェーンスライダーは調子よく働いてくれたようです。
ホームセンターで100円キャスターを買って、
削ってベアリングにはめて作ったんだよ~

P4267009.JPG
一昨年走った張碓林道のブログ ↓ ↓ ↓
36.JPG
http://koborezakura2.blog.so-net.ne.jp/2015-08-07
      ↓ ↓ ↓
無題.jpg

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

41.三笠林道ツーリング 宮島沼のマガン [林道ツーリング]

ふきのとうが大きくなり始めた 2017年4月24日(月)
気温14℃。ちょっと寒いけど快晴です。
30.JPG
今日は新しいマシンで林道を目指します。
私のバイクは「ディグリーXL250」
1.JPG
仲ちゃんは「TS200R」2ストです。
2.JPG

岩見沢を出発し、8キロ程で林道に入ります。
「一の沢水源地」の裏手にある林道です。
3.JPG
開けた場所に、ため池がありました。
本当は、「一の沢水源地」の林道を桂沢湖まで
走りたいのですが、「熊出没中」の看板があり、
ゲートが閉じていたので、入れませんでした。
4.JPG
地図を見ても載っていないこの林道。
この先どうなってるかワクワクします。
5.JPG
遠くに見える雪の被った白い山は「暑寒別岳・浜益岳」ですかね。
雨竜沼湿原方面です。
景色が綺麗な場所にバイクを止めて写真撮影。
6.JPG
仲ちゃんに置いていかれます。
7.JPG
さて、どっちに進みますか?
8.JPG
9.JPG
10.JPG
真っ直ぐ伸びた道を行きましょう。

あちゃーー。泥々だぁ~~╭(°A°`)╮
今日はバイクを汚したくないので、Uターン。
違う道を行きますよ。
11.JPG
さー!! この分岐は道なりに行き、
         次回の探検にとっておきましょう。
12.JPG
13.JPG
左側はとっても深い谷。
少しだけ雪が残っています。
14.JPG
古いガードロープと、日焼けして文字が読み取れない道路標識。
昔、人々が利用した道なんでしょうね。
15.JPG
林道を出て、「三笠鉄道村」の奥の
「幌内炭鉱跡」の駐車場で休憩です。

まだ雪が残っていて寒いです。
温かいコーヒーが飲みたいところですが、
持参したメロンソーダとコカコーラを飲みます。
16.JPG
まだ時間があるので、今度は月形方面を走りましょうか。

走りながら頭上を見ると、飛行機が飛んで行きました。
17.JPG
頭上をマガンが群れを成して、
ガーガー鳴きながら飛んでいきます。
マガンはこの先の「宮島沼」で羽を休めています。

18.JPG
ここ!! 真冬に一人で来ました。
その時マガンは、南を目指して飛んで行った後で、
姿を見る事が出来ませんでした。

だけど今日も沼にマガンの姿はありません。
19.JPG
ですが沢山の人が、大きなレンズの付いたカメラを持って

沼の方にカメラを構えています。
20.JPG
ワシか?鷹?が、木の枝に止まっていました。
21.JPG
驚いて飛んでいきました。
22.JPG
その先にはヤギ君の小屋があり、顔を出していました。
仲ちゃんが手を出すと、ウットリ撫でられているのに、
私が手を出すと、頭突きしてきました。危険危険(笑)
23.JPG
宮島沼の受付のお姉さんに「ガンは帰って来るのですか?」
と尋ねると、「今 田んぼでお腹一杯ご飯を食べていますよ~。
ほら~あそこの田んぼに一杯いますよ~」と教えてくれ、
「日が沈んだら8万3000羽戻ってくる」とも言っていました。
24.JPG
言われた田んぼに行くと、マガンがたくさんいました(笑)
25.JPG
土地か何かを偵察に来ている人に驚いたみたいで、
一部のガンが一斉に飛び立ちました。
26.JPG
日が沈みかけて、ガンが何羽戻って来ました。
27.JPG
長閑で、静かでいい場所でしょ~。
岩見沢から15キロくらいの場所です。
28.jpg
あはは[わーい(嬉しい顔)]みんな丸々太っていますね(笑)
29.JPG
今日は林道と公道を88キロ走りました。
これから深夜2時まで営業です。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

40.上富良野へツーリング / 幾春別 更科食堂 [バイクツーリング]

2017(平成29年).04.13(木) 
雪融けが進んでほぼ雪がなくなっていたのに…
朝起きたら真っ白に。

今日は札幌で仕事。今から43キロ移動します。
この時期は雪が降ったり融けたりを繰り返すので、
スタッドレスから夏タイヤに取り替えるタイミングが重要だ。

私は天気予報を真剣に見ていたので、スタッドレスのままです。
良かった~~~~[手(チョキ)]ホッ[ダッシュ(走り出すさま)] 岩見沢を出発しま~~す。


1 04.13.JPG

札幌で仕事をしている間もずっと雪は降り続いていました。

またバイクに乗るのが遠のいてしまったな~[もうやだ~(悲しい顔)]

2 04.13.JPG

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

だけど。。。その3日後の4月16日(日)
気温16℃[かわいい]になり、春の陽気[グッド(上向き矢印)]
3日前に積もった雪はほとんど融けました[雪]

岩見沢から89キロの、上富良野の高台にあるトイレまで、
休憩なしに一気に走って来ました[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

寒い寒い[台風]5枚も重ね着して、冬のグローブを
履いてきたのですが、指先が冷たーーくなっています[台風]

トイレの陽の当たる休憩所で、暖かいコーヒーを飲みます。

遠くに三角の展望台が見えますか?
あそこが日の出公園ですよ。

         ↑ ↑ ↑ 前回のブログです。

10.JPG

今日は岩見沢に戻ったら仕事なので、観光はぜず
そのまま帰りますが、美しい丘陵地帯は必見です。

土の館(トラクター展示施設)に寄ってみましたが、
日曜日なのに休館でした。

丘陵地帯でバイクを止め、写真を撮り、また一気に
岩見沢まで戻ります。

6.JPG

雪が融けたばっかりの路肩。

4.JPG

上富良野方面は曇っていて、大雪連山は見えません。

5.JPG

重ね着でパンパンのおデブに見える私(笑)[わーい(嬉しい顔)]

7.JPG

8.JPG

まだ雪が残っていますね。
やっぱまだ15℃は寒いです。

9.JPG

寒くて寒くて…寒さを我慢して走ってきたので、お腹も空いたし
幾春別で有名な蕎麦屋「更科食堂」で外食して帰ることにします。

ここは仲ちゃんお薦めの店で、
仲ちゃんは10年程前からよく行っており、
私も5回目くらいかな。

3.JPG

ご飯を食べて、シャワーを浴びて、開店です。
深夜2時まで仕事。眠くなるんだよな~。


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

39.白銀荘  [温泉へGo!]

2017.03.27(月) 今日は19時から営業。
最近は近所の温泉で済ましているので、
今日は遠くの上富良野の温泉を選びました。

雪融けが進み、そろそろバイクの季節になり、
道路の下見を兼ねて、富良野方面に走ります。

1.JPG

ここは桂沢湖の峠の道路。
北海道のアスファルトは半年間雪の下に埋もれます。
雪が融けて顔を見せたアスファルトは、穴が空いてボッコボコです。
春先は、アスファルト工事で「片側交互通行」が多い北海道です。

バイクのタイヤがダダダーンと穴に嵌れば、ちょっと危険。
まだ山間部は寒いし、山越えは厳しいかな~~。

2.JPG

高台から富良野市が見えて来ました。
大雪連山はまだ雪景色です。
あの山の中腹に、白銀荘があります。

3.JPG

3/27現在。富良野の畑はまだ雪で覆われていました。

4.JPG

この季節、畑の雪を少しでも早く融かすために、
黒い粉を撒く農家さんが多いです。

5.JPG

これがその黒い粉です。
発酵鶏糞や炭、農家によって撒く粉が違うんだそうです。

6.JPG

芸術ですよね~。

7.JPG

ここから上富良野に入り、山の中腹に向かいます。

8.JPG

市内は随分雪融けが進んでいますね。

9.JPG

けど…標高が上がるにつれ、積雪が見え始めました。
バイクで温泉に来るのは、不可能ですね。

10.JPG

11.JPG

12.JPG

白銀荘の玄関先に到着しました。
雪原に付いた人の足跡は、冬山登山客の足跡です。

ここ白銀荘は、登山客が宿泊する自炊できる宿でもあるんですね~。
そして、外国人が目立っていました。

13.JPG

沢山の雪だるま君達が、お迎えしてくれました。

14.JPG

白銀荘のパンフレットからの写真です。
写真の真ん中に見える湯は、混浴の屋外温泉プールです。
今回仲ちゃんは水着がなかったので入れなかったのですが、
私だけ入って来ました。

14-15.JPG

15-15.JPG

露天風呂は4つの温泉に別れていて、
それぞれ温度も違うし とても充実します。

16.JPG

17.JPG

露天風呂から建物の軒下を見たら、
こんなに大きなつららが張っていましたよ。

15.JPG

19.JPG

18.JPG

3時間温泉を楽しみました。
これから岩見沢まで2時間ちょっと。
7時openなので帰りますよ~。

20.JPG

21.JPG

この辺の右手に「吹上露天の湯」という、無料露天風呂があり、
駐車場には5台程の車が停まっていました。

22.JPG

この下った先には「青い池」があります。
冬季間は休業しています。

その道路の付近で、車の音に向かって狐が現れました。
車を停めると、じっとこちらの顔色をうかがい、近付いてきます。

外国人観光客が餌をあげちゃうのかな~?
このような野生の動物には、人間が餌をあげてはいけないのですが…。

車や人に慣れてしまった野生動物は、簡単に道路に出てきますから
警戒心がなく、車に轢かれて死んでしまうのです。

この狐もうちらの動く車を追いかけて来ました。
ごめんね…ここで餌をあげちゃうと、あなた達が
餌を捕る事をしなくなって、飢え死にしちゃうから
何もあげられないんだよ。
追いかけてくる姿が愛くるしくて、心苦しく思いました。

23.JPG

富良野の「土の館」を過ぎた所から左折して、
丘が見える景色の良い道を帰ります。

24.JPG

25.JPG

26.JPG

日照時間の長い場所は、だいぶ雪が融けていますね。

27.JPG

帰り富良野の上空に飛行機雲が真上に昇って行くのが見えました。
凄い音だったので、ジェット
戦闘機だと思います。

28.JPG

3月のバイクはやめて、アスファルトが整備された
4月上旬に乗る事にしました。

白銀荘…良かった~~。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

38.厚田かねとも寿司 道民の森ドライブ 厚田港のニシン漁 冬景色 [山の中探検]

2017年2月26日 深夜。
岩見沢は積雪20cmほどだった。 

1-1.JPG

翌朝は当然雪掻き。

2.JPG

昨日までは雪融けが進み、もうバイクに乗れるかな??
って感じだったのに、見事に裏切られた気分[ふらふら]
[バッド(下向き矢印)]

1.JPG

どうしてもフィレオフィッシュバーガーとポテトが食べたくて…
ちっちゃくなったね(笑)[ファーストフード]

3.JPG

数年振りにマックに行き、雪原の真ん中に車を停めて
仲ちゃんと2人でパクパク[ファーストフード]

4.JPG

食べ終わるまで、車が1台も通らなかったです[exclamation]

見渡すと本当に綺麗な景色[ぴかぴか(新しい)]
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

5.JPG

ずっとずっと、夕日に染まるまで見ていたいです[リボン]

6.JPG

道民の森。。。この山の中を走り、厚田に抜けます。

7.JPG

8.JPG

車を走らせて、月形の入口まできました。
ここには「宮嶋沼」という沼があり、毎年渡り鳥の
休憩地点になる沼になります。

今は1羽もいなく、ひっそりしています。

9.JPG

この施設にいる1頭のヤギ君。
モグモグしてお休み中。

そっと手を伸ばし、頭を撫でようとすると…

10.JPG

頭突きの準備なのか、頭を下げます。
だから残念だけど、撫でるのを断念しました[パンチ]

11.JPG

きつねの足跡[猫]

12.JPG

珍しい2階建ての倉庫。
展望台に最適ですね。

13.JPG

雪の中に真っ白なロールが転がっています。
可愛いですね。

14.JPG

若干雲ってはいますが、三笠・美唄方面の山が見えます。

14-1.JPG

寄り道をしながらやっと、月形の町(R275)に入りました。
少し雪が融けていて、塩カルで雪が茶色になっています。
きったねぇーーーー[がく~(落胆した顔)]

15.JPG

月形から道民の森に入って、厚田まで抜けます。
雪が降り積もった後は、車が汚れないので助かります。

16.JPG

17.JPG

線路を渡って、ここが道民の森の入口です。
うひゃーーー楽しみ~~[ドコモポイント]

18.JPG

19.JPG

所々アスファルトは出ていますが、このような状態が
一番滑ります[車(RV)]
[台風][台風]

20.JPG

枝に雪が積もっていて綺麗です。
樹氷ではありません。

21.JPG

厚田の海岸まで出ました。
ニシン漁が盛んに行われていました。

22.JPG

何だか活気付いていて、私も嬉しくなりました。

23.JPG

24.JPG

25.JPG

クレーンで吊り上げているのは「ニシン」。

26.JPG

27.JPG

大漁ですよ~~[ぴかぴか(新しい)][かわいい][ぴかぴか(新しい)]

28.JPG

カモメの足跡が可愛く残っています。

29.JPG

「かねとも寿司」を見ると、こんな張り紙が。
いつ再開するのでしょうか。
岩見沢に住んでからは、一度も食べに行ってないです。

大将は80歳近いから、ゆっくり休んで欲しいです。

30.JPG

火曜日札幌のサラに仕事で行きました。
私は今、予約が2ヶ月待ちで、とっても忙しく、
ロンのカットは3月21日を予定しました。

今日は肛門の周りと、お腹と顔周りをカットしました。

もう犬種がわからなくなっています[わーい(嬉しい顔)]
もう少し待っていてね[るんるん]

P2227024.JPG

その後の「かねとも寿司」の情報ですが…。
お店は営業しています。
しかし、カウンターや座席はなく、
握ったお寿司をパックに10貫詰めて
販売しているそうです。
(2017.4.上旬再開しました。)


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

37.スノーシュー と 新篠津 しんしのつ たっぷの湯 [山の中探検]

スノーシューで雪を歩くのは1年振り。

あれ??バンドの締め方が…忘れた[たらーっ(汗)]
左右が分からない…写真は完全に逆だね[わーい(嬉しい顔)](笑)

はい!やり直し[もうやだ~(悲しい顔)]

1.JPG

駐車場から見る公園。人間の足跡は一つもありません。
またまた貸切です(笑)

2.JPG

公園内の川淵を歩いていきます。
マイナス気温なので、パウダースノーですが、
あまり深くないのでサクサク歩いていけます。

3.JPG

きつねの足跡をつけて来たら、道央自動車道の下まで来ました。
しかし、きつねとの遭遇はありませんでした。


4.JPG

ポールを忘れた私。
けど雪が深くなかったので結構らくに歩けました。

5.JPG

仲ちゃんはポールがあるからスタスタ登れます。

6.JPG

私はゆっくりと、平らなところを迂回。

7.JPG

このあと2人で「新篠津 たっぷの湯」へ行き、
温泉に入る前に、腹ごしらえ。

P2207015.JPG

木の中に「かけす?」がいます。
こんなに人の多い所に、ずっと長くとまっています。
ねぐらなのかな?

P2207019.JPG

私は豚丼。

1.JPG

仲ちゃんはこちら。

2.JPG

露天風呂から見える「わかさぎ釣り(有料)」の可愛いテント。
新篠津湖。湖の上にテントが張ってあります。

3.JPG

その周りをバナナボート(有料)が、走ります。

4.JPG

バナナボートの営業が終わったらしく、小屋からお兄さんと
ワンちゃんが出てきて、ワンちゃんは膝の上にちょこんと
お行儀よく おっちゃんこ しています。可愛い
[揺れるハート]

5.JPG

ここの湯は しょっぱい茶色。
とっても温まります。

P1000014.JPG

帰りは悪天候になっちゃった。

6.JPG

冬の北海道のダンプやトラックは異常に速い。
ブワァーーと粉雪を巻き上げて、すごくカッコイイです[グッド(上向き矢印)]
[グッド(上向き矢印)]

7.JPG



 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

35.七条大滝 支笏湖周辺 [山の中探検]

今から3年前の 2月2日のお話しです[わーい(嬉しい顔)]

讀賣新聞の1面に、「七条大滝」の写真が掲載されていました。
                            (勇払川の水が氷の滝になる)
P2024162◎.JPG

こんな写真を見てしまったら 絶対行くっきゃないでしょう[exclamation×2]
札幌から1時間弱くらいでこの滝に出会えるなら…
と言う事で、早速週末に時間を作って 仲ちゃんと行く事にしました。

先日購入したスノーシューを使いたくてたまらない二人。
これまでも
百合が原公園
豊平渓ダム
西岡水源地公園
西岡水源地公園part2
さっぽろ湖 
青い池 
小天狗山の裏を歩きました。
    ↑ ↑ ↑ クリックして下さい。

拡大地図.jpg

支笏湖に出ました。
赤のラインが七条大滝です。

今にも雪が降り出しそう。
そして今日から『千歳
支笏湖氷濤まつり』が開催されます。

2.JPG

左側に見える山の中には、鹿の群れが見えました。

3.jpg

4.JPG

札幌芸術の森から1本道で、支笏湖に出られます。

あ!七条大滝への入口が見えました。

5.JPG

指定の無料駐車場に車を停めて、入口まで歩きます。

入口に外国人がいて、話し掛けられました。
『今滝から歩いて来たのですが、ポールのヘッドを
落としてしまいました。貴方たちが歩いてヘッドを見つけたら、
支笏湖の●●ホテルのロビーまで届けて下さい』との事。

6.JPG

だけど、こんなフッカフカの雪。
ヘッドを落としたら、雪に埋もれて絶対みつからないよ~
[ふらふら]

スノーシューを持ってきたのですが、道が付いていて
履く必要がなかったので、持って歩きます。

7.JPG

仲ちゃんは持って歩いていますが、私はスノーシューが
重たくてたまらず、途中の雪の中の木の下に置いて
行く事にしました。

ここでポール等で目印を付ければ良かったのに、
それを怠った為、後で大変な事になりました。

8.JPG

ボットボト…湿り気のある大粒の雪が降って来ました。

歩いたのは『平成26年2月』。

熊が現れたのは恐らくこの辺でしょうか…。
平成26年10月、
山菜採りに来た人が熊に襲われ、頭を噛まれ、
腕を骨折した事故がありました[がく~(落胆した顔)]

※この看板は10月にここを訪れた時に、入口に立てられていた看板です。

SN3N0021.JPG

9.JPG

しばらく進むと家族に会いました。
「滝はもう少しですか?」
「あ!あと10分くらいですよ」
「滝は見られましたか?」
「危険そうでしたので、下に降りなかったです」

10.JPG

そう言えば、入口で会った外国人が
「アイゼンはありますか?アイゼンがないと、
ちょっと厳しいかも知れませんよ」と教えてくれた。

11.JPG

重たい雪で、うつむきながら歩きます。
ダウンが湿り気のある雪でべっちゃべちゃになったので、
リュックからウィンドブレーカーを出して上に着ました。

12.JPG

雪が降っているだけじゃなく、木の枝からも落雪です。

13.JPG

14.JPG

やっと看板。けど…滝はどこ?

15.JPG

お~~~!!50分歩いて、やっと看板をみつけました[ハートたち(複数ハート)][かわいい][ぴかぴか(新しい)]

16.JPG

凄い急な坂です。
アイゼンは持ってないけど、何とか行けそうですね。

後ろ向きに下りた方が安全みたいです[あせあせ(飛び散る汗)]

17.JPG

秋に写した写真 ↓ ↓ ↓ かなり急でしょ~[exclamation&question]

SN3N0026.JPG

私はここでツルンと滑って、頭打って、ひじ打って…
頭痛と吐き気に襲われたまま下りていきます[どんっ(衝撃)]

18.JPG

下から見たらこんな感じ[がく~(落胆した顔)]

SN3N0024.JPG

このロープを使って下ります。

19.JPG

20.JPG

滝の音が聞こえ、氷の固まりが見えてきました[かわいい]

21.JPG

秋に見える滝は 1本です[バッド(下向き矢印)]

SN3N0025.JPG

わぁ~~oh~~[るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]

22.JPG

右下に写ってるのが 仲ちゃんです。

23.JPG

冬の滝

25.JPG

秋の滝

SN3N0023.JPG

凄い迫力[るんるん][るんるん][るんるん]

26.JPG

綺麗で、嬉しくてバッチバチ写真を撮ります[カメラ] [カメラ] [カメラ] [ひらめき]

27.JPG

28.JPG

29.JPG

30.JPG

疲れた顔ですが、1枚撮ってもらいました。

31.JPG

32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

36.JPG

37.JPG

日も暮れ始め、ダウンに水が染みてきたので、
こんなに歩いたのに 寒くなって来ました。

38.JPG

39.JPG

すっかり日が落ちて、辺りは真っ暗。
雪に埋めたスノーシューを探しながら歩きます。

40.JPG

41.JPG

しかし、スノーシューを埋めた所が分からなくなってしまい、
見つけられないまま出口まで来てしまいました。

「ポールで目印付けてたんじゃないの?」
「いんや、全部丸ごと埋めてしまって…[あせあせ(飛び散る汗)]

42.JPG

「明日、明るいうちにもう一回来て、探し出すから
今日はそのまま帰ろうよ…[もうやだ~(悲しい顔)]」疲れ果てて
仲ちゃんにそう言うと、
「いや、見つけ出す[exclamation]
[exclamation]

そう言うと仲ちゃん…また山の中へ入って行きました。
トボトボ私もついて行きます。

43.JPG

仲ちゃんが「この辺じゃなかったかな~??」
と言って、雪がこんもり盛り上がった所を掘ると…

やった~~!!出てきた~~!!

44.JPG

すっかり身体が冷えてしまったけど、涙が出る程嬉しかった[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
スノーシューの上に20cm以上雪が積もっていました。

45.JPG

入口のゲートまで12分。
駐車場まで更に150メートル。

46.JPG

ダンプが雪煙を上げて、真横を走り抜けていきます。
私はクタクタ、仲ちゃんはスタスタ歩いていきます。

47.JPG

48.JPG

まずは、水で重たくなったダウンを脱いで、

50.JPG

コンロでお湯を沸かし、暖かいコーヒーを飲みますよ[喫茶店]
寒い寒い。なかなか温まりません。

49.JPG

今日から支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり。
私は1度も見た事がないので、行ってみたいと思いました。

赤が七条大滝緑がお祭り会場と札幌方面。

場所.jpg

しばらく走ると、衝突事故があり、

51.JPG

その先は、お祭りで並ぶ駐車場渋滞が出来ていました。

52.JPG

これじゃー札幌に帰るにも時間がかかり過ぎます。
そしたら、千歳を抜けて帰るか~~。
…と青のラインを帰ることにしました。

雪が融けて、葉っぱが落ちた10月。
ゲートが開いていて、車でなら入る事が出来ました。

SN3N0021.JPG

SN3N0022.JPG

SN3N0030-1.jpg

熊には出会わなかったですが、この時期徒歩では襲われますね。

SN3N0027.JPG

29.JPG

すっごく綺麗で感動でした[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][かわいい][かわいい]


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

34.スープカレー チュッタ と ホワイトアウト [パジェロミニでドライブ]

冬に閉ざされた 真っ白な北海道。
雪の白さが目に眩しく感じます。

1.JPG

今日は仲ちゃんと、野幌のカレースープ屋のチュッタに行きます。
最近お気に入りのこの道路。
20キロくらい直線が続きます。

2.JPG

綺麗でしょ~。
道路に積もった雪がシバレて固まって、圧雪アイスバーンになっています。
このシバレた時期にしか見られない、真っ白な道路です。

3.JPG

4.JPG

5.JPG

ここから南幌温泉の裏に出て、野幌の街中を走りチュッタに到着です。

6.JPG

アジアンティックな店内です。
装飾品と色彩に癒されます。
私達は窓に面したカウンターに通されました。

7.JPG

このカウンターは、お一人様が座るみたいです。

8.JPG

装飾品。カラフルな布で作られた動物。
可愛いですね。

9.JPG

こんなのを観ると、海外旅行がしたくなります。

10.JPG

11.JPG

来ました。
私は「辛さ0」。仲ちゃんは「辛さ5(100円増し)」です。

12.JPG

ご飯はMもLも料金が変わらないのでLにしました。
スプーンにライスをもって、スープに沈め浸して食べます。

今日は寒の入りで、外気温はマイナス(氷点下)6℃でした。
雪の上を歩くと「キュッキュ」と雪のきしむ音がします。

また綺麗な景色を見ながら帰ります。

13.JPG

川が氷って、その上にパウダースノーが降り積もって真っ白な川です。

14.JPG

眩しい[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

15.JPG

16.JPG

風が強いので、道路脇の雪が風で飛んで、砂漠みたいになっていますよ。
厳しい冬ですが、綺麗です。
しかし外灯がないので、夜は路肩が分からないので怖いと思います。

17.JPG

18.JPG

向こうには雪雲が見えて、降っているみたいですね。

19.JPG

20.JPG

向こうは晴れているのですが、北海道の雪道は1秒で豹変します。

21.JPG

22.JPG

パウダースノーが強風で舞い上がり…、

23.JPG

一瞬にして、道路が見えなくなります。

24.JPG

これがホワイトアウト

25.JPG

26.JPG

バッサーーーーと雪の中に突っ込んでいきます。

27.JPG

こんなになったら、肉眼では前方の車も見えづらく、
前に車が止まっていたら、ガッシャーーーン衝突ですね。

28.JPG

ここは強風で舞い上がった雪の中。吹雪き(ふぶき)ではありません。
周りは晴れていますので、西の方には太陽が見えます。
不思議でしょ~(笑)

29.JPG

岩見沢の市街地まで帰ってきました。

30.JPG

31.JPG

北海道は雪に強く、雪が積もっても交通マヒがおこりません。
柔軟性があり、季節ごとに順応していますので、パニックになりません。
皆さん運転もお上手です。

32.JPG

市内のゴミステーションの分別棚です。
皆さんルールを守っています。

33.JPG

34.JPG

旧国道に出たら、路面は一気にアイスバーンに変わります。

あ~あ~~ 追突事故みたいですね。

35.JPG

きっと対向車線にはみ出して、正面衝突でしょう。

北海道の高速道路も、毎日事故で、通行止情報はひっきりなしです。

36.JPG

先日エグザイルのまきだいさんが乗る車が追突され、
まきだいさんが大怪我をしましたよね。
あれは、ドライバーがコンビニの駐車場から右折して道路に
出る時に、右から来た車に追突されたみたいですが、
その時も函館は、ホワイトアウト状態だったそうです。

北海道の冬道ドライブは、本当に気を付けて下さいね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

33.三笠ジオパークツアー 三笠恐竜博物館集合 [山の中探検]

平成27年10月17日 ポカポカ陽気の秋。
三笠の恐竜博物館で、「ジオパークツアー」が開催されました。

2ヶ月前の広告を見て、参加を決めました。
私は一人で参加です。

現地に集合し、参加料100円を支払います。
そこで知らない方々とグループになり、この写真の方の案内で
博物館裏の散策道を1時間半近く歩きます。。

1.JPG

ツアーの案内係は酒井さん。

2.JPG

恐竜がアンモナイトを食べています。
近付くと迫力がありますね。

3.JPG

この三笠はかつて炭鉱の町でした。
このトロッコは人を乗せるとバックで走り、
バックで地上の明かりを見ながら坑内に
入って行ったそうです。

4.JPG

昭和15年頃の写真です。
自分の夫がこのような仕事だったら…心配だろうな~。
だけど、炭鉱で働いた方の年金って、すんごく高いですよね。
今は年金でいい暮らししている方が多いです。

5.JPG

博物館の裏に、こんな素敵な景色が広がっているとは
思ってもいなかったです。
いつもバイクで走り抜けていただけで、知りもしなかった[あせあせ(飛び散る汗)]

6.JPG

この川は2色に分かれているんですよ。
二つの川の合流地点だそうです。魚はいるのかな~?

7.JPG

2色ですね。

8.JPG

橋を渡ると看板があり、今日はこの看板に沿ったツアーとなります。

9.JPG

散歩道の石の壁には、苔が生して情緒がありますよ。

紅葉も始まっています。

10.JPG

この看板の写真(右上)の岩盤が・・・↓ ↓ ↓

11.JPG

現在はこのように木が生えています。
石炭が取れた岩盤です。

12.JPG

酒井さんの案内を聞きながら、古くからの建物を観て、
自然を見て、いいな空気を吸って、何て素敵な時間なんでしょう。
日頃の疲れが次第に取れていきますね。

13.JPG

ここは石炭の大きさを選別していた場所って言ってたかな~。
雪が降るとこの建物に、鹿が寒さを凌ぎに来るんですって。

14.JPG

建物の横には、炭鉱でお馴染みのコレ(たてや?)がありますが、
ここのは背が低いですよね。
それは、ここが頂上で、この下は地中に埋まっているからだと
説明を受けました。

15.JPG

この方々と一緒に行動しました。

16.JPG

そして階段を下りて元の散策道に戻り、
少し歩いてから又更に下に降ります。

硫黄の香りがしますが、足元に流れる水は冷たいです。

17.JPG

今は閉じられている坑道ですが、昔は賑わって
いたのでしょうね。

18.JPG

そしてここは、日本国内でも珍しい「縦の地層」。
この縦断層の間に石炭が詰まっていて、当時は
夜な夜な石炭泥棒が出没していたそうです。

19.JPG

20.JPG

石炭のダイヤモンドが埋まっているのだそうです。

21.JPG

22.JPG

ここは活断層で、ここをひとまたぎするだけで、
年代がタイムスリップするんですって。

23.JPG

この先は「5000万年前の地層」って事になります。

24.JPG

この貝は、桂沢の採石場で発掘されたんだそうです。

25.JPG

26.JPG

27.JPG

歩いてきたトンネルを振り返ります。

28.JPG

今季最後のツアーはここでお仕舞いです。

29.JPG

昭和15年にはこの場所から山中に入った所に
温泉があり、炭鉱で働いていた人たちは、
その温泉で疲れを取ったという事です。

あの大きな石がトロッコの線路があった所ですって。

30.JPG

このトンネルは、石炭を運ぶ為に掘ったトンネルだったんですね。

31.JPG

ここからUターンして、スタート地点に戻ります。

32.JPG

33.JPG

34.JPG

戻って来ました。

恐竜博物館も観光したかったのですが、私は仕事に戻ります。

35.JPG

36.JPG

37.JPG

38.JPG

別の日。
紅葉が散って氷雨が降るある日、彼をつれてまた来ました。

39.JPG

氷雨でシューズが濡れて靴下が冷たくなりました。
散策路は枯葉でいっぱいになっていました。

40.JPG

いずれここも雪の中に埋まってしまうのでしょうね。
今度はスノーシューで歩いてみようかな。

41.JPG

42.JPG


nice!(3)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

32.美唄式やきそば [色々]

PB136797.JPG

随分前になりますが、『ケンミンSHOW』で
「袋から直接食べる美唄式やきそば」というのが
紹介されていました。

それならば買いに行きましょう!!と、雨の中、
美唄コープ(農協)に向かいます。
岩見沢からは約40分くらいです。

PB136789.JPG

「あった!あった!これ!これ!」
家族にもお土産を数個買いました。

PB136790.JPG

やきそばは、冷たいままでも食べられるのですが、
今日は寒いので、会計後にスーパーでチンしてきました。
お腹を空かせてきたので、車の中でかぶりつきます。

一種類しかないと思っていたのですが、三種類あります。
それから地元でもすぐに売れ切れてしまうと言う
「石炭やきそば」と言うのがあるらしいのですが、
今日は売り切れていました。

PB136793.JPG

途中「峰延(みねのぶ)」の農協にも寄ってみました。
岩見沢から峰延までは15分。
わざわざ美唄まで行く必要なかったね(笑)

峰延農協の店員さんが教えてくれました。
「三笠の道の駅のセブンイレブンにも売ってるよ~行ってみたかい?」

三笠なら車で10分以内。
2人で笑っちゃった~。

お天気回復して青空になったので、ちょっとドライブしていきましょう。

PB136791.JPG

夕張方面に走ると、万字の手前に毛陽(もうよう)の
直売所があります。そこに行く事にしました。

野菜や果物を格安で沢山買い物できました。
近くにこんな素敵な直売所があったなんてね。

PB136794.JPG

またきま~す。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

31.岩見沢市と万字の紅葉 [ワゴンRでドライブ]

岩見沢に住み始めて7ヶ月。
だいぶ環境に慣れました。
そして昨日、51歳になりました。
---------------------------------
2016.10.26
今日は私一人で、紅葉を見に行きます。

今年の紅葉は赤が少なく、黄色と茶色が目立ちました。
紅葉はあんまりパッとしなかったけど、
北海道はやはり、広大な景色に癒されます。

岩見沢を流れる幾春別川の景色。
買い物の帰り道にここを通ります。
凄く好きな景色です。

1.JPG

2.JPG

3.JPG

この緩やかな曲線が好きなのかなぁ~。
石狩街道のポプラ並木も豪快ですが、
こちらのポプラは若くて細いんですね~。

4.JPG

5.JPG

幾春別川を離れ、岩見沢郊外の万字方面に行ってみます。

岩見沢市役所前の紅葉はとっても綺麗に色づいています。

6.JPG

岩見沢の陸上競技場前の銀杏並木。
銀杏拾いしたかったな~。

7.JPG

少し走ると、すぐ山の道になって行きます。

8.JPG

畑や田んぼの多いこの辺は、煙が上がっているのを
よく見かけます。
今日は車ですが、バイクで走ると煙で目がチリチリしてきます。

9.JPG

正午です。日が差してきました。

10.JPG

どんな色でも、やっぱ紅葉は綺麗ですね。
稲の刈り取られた跡ですね。

11.JPG

毛陽のメイプルロッヂを通過して、万字の方へ走ったら
小さな川の紅葉が綺麗だったので、車を停めました。

12.JPG

カメラの調子が悪く、色がハッキリでないのです。
カメラ買いたいな~。

13.JPG

橋の上から、流れていく水を写します。

14.JPG

今まで穏やかだったのに、急に強風になり
カメラを手から落としそうになりました。

15.JPG

反対側。
交通量が少なく、5分程いましたが、
夕張方面へ行く車が3台通っただけでした。

16.JPG

綺麗でした~。
だけどカメラがぁ~~╭(´A`)╮

17.JPG

もう少し足を延ばして、地図に載ってた「万字線鉄道資料館」を
見に行きました。
しかし入口には休業の張り紙。

18.JPG

建物の周りは廃墟が目立ちます。
ですが、廃墟の後ろ側に、新築された家が建っていて
結構みなさん良い暮らしをしているのを感じます。

19.JPG

壊れた長屋。懐かしいですね。

20.JPG

美流渡は何で栄えた町なんでしょうかね。

21.JPG

トタン屋根の薄い壁。
ここは豪雪地帯ですから、この様な家はさぞかし寒かったでしょうね。

22.JPG

ゴミステーションの隣に、熊の看板がありました。
住宅地ですよここは…。
熊に遭遇する確立はそんなにないと思いますが、
この町の人は会った事あるのでしょうか?

23.JPG

帰りも好きな所に車を停めて、紅葉を見ながら
素敵な時間を過ごしました。

あ~~お腹すいた。

24.JPG

このカメラ…私は新しいもの好きではないので、未だにガラ携なんです。
このカメラは確か…購入してから8年は経っていると思います。

写真でお分かりの通り、画像の左下が黒く映ります。

2016092517280000.JPG

2016092517290001.JPG

たまたまヤフオクを調べてみたら、本体だけで「3000円」という
出品があり、仲ちゃんが落札してくれました。

古いカメラは部品取りの為に取っておく事にしました。

 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

30.三笠焼き鳥くいしんぼう&三笠鉄道村 [250ccバイクツーリング]

天気がいいのでバイクに乗りたい。
だけど昨夜は深夜4時まで仕事。
だから今朝は、昼近くまで寝ていた。
だけど午後2時のオープン前に少し走りたい。

…って事で、2016.10.01
近場をツーリング。

2.JPG

三笠市は多くの化石が発掘された土地なんですよ。
近くには恐竜や化石の博物館もあります。http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/museum/detail/00001351.html
   ↑ ↑ ↑
三笠市立博物館(みかさしりつはくぶつかん)のURLです。

3○.JPG

ツーリングへ出発する前に
三笠の焼き鳥屋「くいしんぼう」に予約の電話をします。

080-5728-9791
三笠市幸町11-16
予め予約すると、待たないで受け取りが出来ます。

1.JPG

焼き鳥を受け取って、ここから10分の
鉄道村に行こうと思っています。

10月だというのに、今日は20℃もありポカポカです。

4.JPG

鉄道にはあんまり興味はないのですが、
走っている姿を見るのは大好きです。
特に、踏み切りが下りると、通過するのを見るのが楽しみです。

5.JPG

何だかのどかでいいな~。

6.JPG

向こうにいる汽車が「ポーーーーーー」っと汽笛をあげると、
シュッシュッシュッシュッ・・・・・・・と汽車が発車して来ました。

7.JPG

11.jpg

園のベンチに腰を下ろし、買ってきた焼き鳥を食べます。

8.JPG

おにぎりを買った生協の前に「おやき」の販売車が停まっていて、
「たべたいなーーー」と思っていたら、
私がおにぎりの会計をしているうちに
仲ちゃんがこっそり買っていてくれて・・・
そのサプライズにビックリでした(●´∀`●)やったーーー!!

9.JPG

汽車がたくさんのお客さんを乗せてこっちへ走ってきました。
大人も子供も楽しそうですね。

10.JPG

12.JPG

外で食べるご飯はとても美味しいです。
ここは近いので、また今度来てみたいと思います。


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

29.登別カルルス温泉・鈴木旅館&白絹の床&三階滝 [車でドライブ]

http://koborezakura2.blog.so-net.ne.jp/2016-11-02
               ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
28.昭和新山&そうべつの滝&伊達の町&オロフレ峠の続きです。

オロフレ峠を激走し、向かった先は「登別カルルス温泉・鈴木旅館」です。
今日は3月末以来の、6ヶ月振りに初めて丸々1日休める日です。

温泉が楽しみ~。

1.JPG

1年振りの鈴木旅館です。
明るいうちにチェックインを済ませましょう。

2.JPG

あららら…野良猫ちゃん達が勢揃いですね。

旅館なら育ててくれるだろうと、心無い人間達が
猫をここに捨てに来るのだそうで、年々野良猫が
増えているんだそうです。

3.JPG

下の写真の子猫は、里親が見つかったらしいのですが、
大人の猫は人見知りをしてなつかない為、
なかなか里親が見つからないのだそうです。

4.JPG

鈴木旅館の廊下の亀君(名前忘れました)は元気にしていました。

5.JPG

年を取るにつれ、金色の毛が生えてきたらしいです。

6.JPG

部屋に案内され、一息ついてからフロントで
はしご湯の札を頂きました。

9-1.JPG

徒歩で下記のホテルの温泉めぐりをしてきます。

9-2.JPG

温泉水と交じり合った水の色が綺麗ですね。

7.JPG

8.JPG

かつて旅行した、九州の高千穂峡を思い出すような光景です。

9.JPG

ここはホテル岩井です。

10.JPG

11.JPG

飲める温泉があります。
ここの源泉100%のお湯が熱っついんだーー。
身体に真っ赤な線が付くくらい熱いんですよ(●´∀`●)

きっもちい~~!![グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

12.JPG

他にどなたもいらっしゃらなかったので、写真を撮りました。
小さいながらも露天風呂があります。
私は熱いお湯が好きなので、ここのお湯はとても好きです。

13.JPG

岩井ホテルを出て、火照った身体で次の温泉を目指します。

14.JPG

鈴木旅館に戻ったら、違う猫ちゃん達が出迎えてくれました。
飼い主達に捨てられて、かわいそうな猫達です。
無責任な人間達です。

15.JPG

何回も何回もお風呂に入り、美味しい夕食とお酒、
翌朝は心のこもった朝食をいただき、
とうとうチェックアウトの時間が来てしまいました。

またオロフレ峠から帰ります。
今日は19時開店ですので、時間がたっぷりあります。

正面に見えるのが、昨日プチ登山もしたオロフレ峠の頂上です。
下から見ても迫力があります。

16.JPG

途中立ち寄ったところは、北湯沢の『白絹の床』です。
ここの川の中に、黄色や白の絹を流したような岩が
寝そべっているのです。

17.JPG

これがそうです。
川の水で削れて平らになったのでしょうか?
奇岩好きの私には、見応えがあります。
白絹の床っていう名称も好きです。

18.JPG

こんな感じです。
心があらわれ、癒されます。

19.JPG

20.JPG

ね~(^^)/きれいでしょ~。

21.JPG

緑のの中…今は見えませんが、水鳥が水面に顔を入れています。
魚がたくさんいるんでしょうね~。

22.JPG

川の水は冷たく美味しそうでしたが.かったです。
けど、北海道の川の水は絶対に飲んじゃ駄目ですよ。
エキノコックスが怖いですからね。

次に足湯です。

23.JPG

24.JPG

風邪をひいてしまいそうな、ぬるいお湯です╭(´A`)╮

25.JPG

私達にとってはぬるいですが、トンボにとっては
結構熱いと思います。
違う種類のトンボがツガイになって、
温泉水に必死に卵を産んでいます。
孵化することのない卵ですね。

26.JPG

そして一休み。
もう最後の力を振り絞っているのでしょう。

27.JPG

あ!!カナチョロ君。仲ちゃんが必死に追いかけると、
お湯の中を泳ぎ、相手も必死に逃げようとしています。

28.JPG

捕まえた~~。

29.JPG

顔がワニに似ていますね。
正式名称はカナヘビ。。。です。
腕と指と尻尾が可愛いですね。全部か(笑)
30.jpg

今度はいつ白絹の床を見に来られるかな~。
また休みが取れたら、こっち方面に来たいです。
鈴木旅館にも行きたいです。

31.JPG

走ってる途中に『三階滝』という看板を見つけました。
ちょっと脇に逸れますが、寄り道していきます。

この滝は、おおたき村という所にあります。
仲ちゃんはバイクで何回も来ているんだそうで、
私は初めてです。

32.JPG

いつも2人でいると楽しいんです(笑)
仕事もプライベートも遊びもいつも一緒です。

33.jpg

お!どんな滝かな?

34.JPG

あ~~綺麗ですね。
今日は9月26日。
紅葉がボチボチ始まっています。

35.JPG

マイナスイオンに癒されますね~。

36.JPG

37.JPG

そして少し歩くと、こんなのもありました。

38.JPG

飲んでみましたが、硬い水って感じでした。

39.JPG

駐車場に向かう途中、

40.JPG

川に下りて行ける小路があり、下りてみました。

41.JPG

自然に油が沸いているみたいです。

42.JPG

さっきの滝の川とは、違う川みたいです。

43.JPG

アロニア?初めて聞く名前です。

44.JPG

売店で、そのアロニアのソフトクリームを食べてみます。
うーーーん…ラズベリー程酸っぱくなく、ブドウより
味が濃くなく、甘くないサッパリ系のソフトでした。

45.JPG

何ていう虫でしょうか、胴体より触覚の方が長いですね。
邪魔じゃないのでしょうか。
この場所で息絶えていました。
踏まれないように、そっと草の上に置いてあげました。

46.JPG

キャラバンで車中泊の回数が随分減りました。
今年はこれで終わりです。

47.JPG

一昨夜ここを通過した時、ここで車中泊しようと思いました。

48.JPG

しかし車が他に1台も泊まっていなく、標高もあり寒かったし
恐竜が動き出しそうで気持ち悪かったので(笑)
壮瞥(壮瞥の道の駅)まで走り、そこに泊まりました。

49.JPG

ここはきのこ汁で有名ですね。
店頭には「ぼりぼり」や「なめたけ」「らくよう」が売っています。

50.JPG

道の駅は混んでいそうなので通過します。

前には大きなトラックが走っています。
急発進をして、この木が崩れてきて
私達に突き刺さらないかとドキドキします。

51.JPG

すすきの穂がふわふわと小さいお花が可愛いね。

52.JPG

秋ですね~。畑の収穫はもう終わっています。
北海道ですね~。土地がずーーーーっと向こうまで
続いているんですよ~。でっかいですね~。

53.JPG

岩見沢の看板が見えました。
あと20分で着きます。

54.JPG

長沼町です。

55.JPG

あ~あ~。もう到着しちゃいます。
今日は19時openです。
がんばります。

56.JPG 

オロフレ峠綺麗だったな~。
楽しい事は早く終わっちゃうのね~。

P9266502.JPG


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

28.昭和新山&そうべつの滝&伊達の町&オロフレ峠 [車でドライブ]

9月25日(月)は、20時に仕事が終わり、家に帰る。
予めキャンプ道具を積んだ車に乗り換え、
夜の道を、鹿の飛び出しに気を付けながら登別を目指す。

4月1日から一度も休まず営業して来ました。
今日は6ヶ月ぶりの休みです。

深夜「壮瞥(そうべつ)道の駅」に到着した時には
辺りがどんな景色か見えなかったのですが、起きてみたら
昭和新山が正面に見える道の駅でした。

1.JPG

道の駅には、昭和新山と有珠山の噴火の博物館があり、
暫し観覧していました。

朝もぎ野菜や、ご当地のお菓子などがズラーっと陳列されていて
凄い数の観光客でごった返している道の駅でした。

2.JPG

有珠山が噴火したのは、私が5年生くらいの時だったと思います。
有珠山から札幌までは100kmは離れているのに、
札幌まで火山灰が降り、車の屋根や傘が灰色になったのを
憶えています。

3.JPG

これから銀行に行かなくてはなりません。
さて…何処まで走れば銀行があるかな?

その前に壮瞥町を探検しましょう。
観光案内所に行ったら「そうべつの滝」を案内されまして、
伊達の銀行に行きがてら、立ち寄る事にしました。

ハイキングです。
天気がいいので、気持ちが癒されます。

4.JPG

ズンズン歩いて行くと、滝の音が聞こえ…

5.JPG

目の前に滝が姿を見せました。

6.JPG

こんな町の真ん中に、こんな素敵な場所があるなんて
癒されますね~。

7.JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

私のデジタルカメラ…もう15年以上使っています。
とうとうレンズの蓋がイカレてきています。

この機種はもう販売していません。
オークションに出るのを待ちます。

13.JPG

9月の大雨の影響で結構倒木があります。

14.JPG

15.JPG

さて…ここから一番近い銀行は、伊達の銀行です。
伊達まで約30分くらい走ります。

18.JPG

伊達の町はさすがに、時代を感じる町です。
瓦(もどきですが)の屋根は、札幌の人には馴染みがないですね。

16.JPG

こぢんまりとした銀行です。

17.JPG

北海道銀行と、北洋銀行で入金を済まし、
登別カルルス温泉を目指しますよ。

1年振りのカルルス温泉・鈴木旅館です。
ワクワクドキドキ。
来た時とは違う道を戻ります。

18.JPG

あれが昭和新山でしょうか。
隣の山には、噴火時に備えてのシェルターが見えますね。

20.JPG

21.JPG

山に近付いてきました。
未だに木や草が生えないんですね。

22.JPG

豆でしょうか?稲でしょうか?
初めて見る三角帽子です。

23.JPG

24.JPG

遠出は半年振りです。
嬉しいわ~。

天気もいいし、サイコーー[かわいい]

25.JPG

オロフレ峠に入りました。ちょっと霞んでいますが、
路側帯から洞爺湖がみえました。
山頂に『洞爺サミット』が行われたホテルが見えますね。

27.JPG

ん?ん?あのハゲ山は何かな?

28.JPG

このオロフレ峠は北海道の中でも、結構な急勾配な峠で、
昔は砂利で、車が落ちたりした事故の話は、よく聞きました。

30.JPG

ダケカンバの木が、目を楽しませてくれます。

31.JPG

これから行く「カルルス温泉鈴木旅館」は、2時にチェックインしたら、
「はしご湯」の入館証を頂き、近隣の温泉3軒の入浴が出来るから楽しみです。

途中看板に「オロフレ峠山頂 2.6km」という看板を見つけ、
わき道に入りました。寄り道していきます。

駐車場に到着です。
少し霞んでいますが、天気がいいので羊蹄山がみえますね~。

33.JPG

羊蹄山は左の山ですよ~。

121-1.JPG

展望台は古びていますが、昔(昭和40年代)は
お食事処があり、お土産物屋があり、賑わっていたそうです。

101.JPG

こんな険しい道が、オロフレ峠の旧道だったんですね。

102.JPG

ここから先は道路が谷に滑落していて、通行止めになっていました。

103.JPG

あ~~~随分転がっていますね~。

104.JPG

これが谷底。
火山灰なんでしょうか?地盤が軟らかそうですね。

104-1.JPG

そろそろ滑落しそうな錆びついたガードレール。

104-2崩れていく.JPG

旧道は、右に聳え立つ崖の途中で切れていますね。 ↓ 
左に見える道が、カルルス温泉に続く今の道です。

こんな崖っぷちに、よく道を作りましたね~。
人間って凄いな~って、つくずく感じます。

105.JPG

旧道を歩いてみたいな~。
あの先は どうなってるんだろう。
106.JPG

107.JPG

123.JPG

綺麗だな~

108.JPG

109.JPG

車に行く途中、鹿のウンチが沢山落ちていました。

111.JPG

「私、あの山の上まで登ってみたいな~」
「小屋があるのかな~?」
「登山道になってるみたいだね」
「行ってくるわ~」

112.JPG

少し視界が高くなると、向こうの景色も開けて来ました

113.JPG

やっほーーー!!って叫んだら、仲ちゃんじゃなく、
別の夫婦が手を振ってくれました(笑)

観光の車がいつの間にか増えていました。

114.JPG

おーーーい!! 仲ちゃんには聞こえないようです(笑)

114-1.jpg

結構 息が切れますが、いい景色です。

115.JPG

カメラが壊れ始めて、レンズの蓋がバカになって、
左の下が黒くなってしまいます╭(´A`)╮

116.JPG

すっごーーい!あの道の、更に向こうの道まで見える~!!

117.JPG

あっ!! 最後の1台も帰っていった。。。

118.JPG

駐車場からは見えなかった、後ろの山まで見えるわ~。

119.JPG

そして山頂です。
駐車場から見えていた小屋みたいな物は…

120.jpg

↓ ↓ ↓ この岩でした╭(°A°`)╮

下山します。
一人で楽しんだ、ミニ登山でした(●´∀`●)

121.JPG

駐車場で合流して…さぁ!! 

カルルス温泉鈴木旅館に向かいますよ~
汗をかいたので、はしご湯が楽しみです[るんるん]
[るんるん]

122.jpg

(●´∀`●)つづく


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

27.滝ノ上公園の吊り橋と柱状節理 [ワゴンRでドライブ]

「りかさん、滝の上公園って知ってる?」
「うん知ってるよ。一度も行った事がないけど、芝桜の公園でしょ?」
「いやいや。そっちの公園じゃなく、樹海ロードの方の滝の上公園」
「りかさん柱状節理がスキでしょ?一度仲ちゃんと行って来たらいいよ」

って事で、2016.10.03 滝の上公園に向かいました。

1.JPG

田畑の作物はもう収穫されて、土になっていまして、
紅葉も少しずつ始まってる感じでした。

2.JPG

栗丘~栗山~由仁~石勝樹海ロードに出て~公園を目指しました。

たきのうえ駅を右手に、石勝線の踏切を渡ったら、
その先に無料駐車場がありました。

3.JPG

最初に、レンガ造りの発電所が見えてきました。
洋館のようで素敵ですね。

4.JPG

紅葉しています。
今年の紅葉は、赤が少なく茶色が目立ちます。
北海道はずーーっと暖かかったからですね。

5.JPG

おーーー!!橋が見えて来ました。
凄い高さのある橋です。

7.JPG

バスガイドさんが、観光客を案内しています。
関西か?信州か?の発音でしたので「どちらからですか?」と
ご夫婦と思われる奥様に声をかけましたら、「鳥取県からきました。
あなた方はどちらからですか?」と逆に質問され、
「札幌ですが、この公園の事は知らなくて初めて来ました」と
答え別れました。

8.JPG

足がすくんでしまいます。
すっごい高さです。

9.JPG

柱状節理が横這いになっていて、こんな奇岩は初めて見ました。

10.JPG

奇岩と川は大好きなので、ずっと見ていても飽きません。

11.JPG

12.JPG

かっこいい。人工的に削られたのか…それとも自然なのか…

13.JPG

14.JPG

遠くを見ると、赤い橋があります。
何だかあっちまで歩けそうですね。

15.JPG

川に見とれているうちに仲ちゃんは、ずっと向こうに行っていました。

16.JPG

少し歩いて、あっちに見えた赤い橋まで来ました。
またまた違う景色で、うっとりです。

17.JPG

さっきまでいた橋が見えますね。
紅葉の赤もちらちら見えています。

18.JPG

今日は半分休み。19時openですので帰ります。
最近は5時になると、真っ暗になりますよね。

19.JPG

トイレをお借りしましたが、管理が行き届いていて綺麗でした。
最近2人共太りました。太ったというか、弛んでいます╭(°A°`)╮

20.JPG

この先の道…日勝峠は今でも土砂崩れの復旧がなされず、
通行止めです。
道東へ行く道が寸断され、今は道東道か、狩勝峠を走らなければ
いけません。

帰りは違う道で帰ります。
寸断された手前の道の駅に寄ってみます。

21.JPG

バスが店の前に停められていて、観光バスはなく、
車も私達1台だけでした。

22.JPG

そして店内に入ると、名物の「夕張石炭シュークリーム」も、
「石炭ざんぎ」も何も売っておらず(…てか、陳列棚もなくなっていて)
お店の規模が十分の一くらいになっていました。

23.JPG

おかしかったのはコレ ↓ ↓ ↓

おばちゃんの何ともこっけいな姿にホッコリさせられました(笑)

24.jpg


nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

26.上富良野・千望峠駐車公園~はげ亭~日の出公園 [250ccバイクツーリング]

2016.09.21 晴れ 気温24℃

さて、今日はどこの何を食べに行きますか?
店は15時半openだから、富良野までひとっ走りしましょうか。

…って事で、

桂沢湖~キムンダム~三段滝~空知川を越えて、休憩なしの
岩見沢から1時間程でここ、上富良野の千望峠駐車公園まで来ました。

P5236208.JPG
                                                       2016.05.23撮影↑ ↑ ↑

1.JPG

P5236210.JPG
                                        2016.05.23撮影↑ ↑ ↑

2.jpg

3.jpg

もうお昼の時間なので、少し靄がかかって大雪連山は見えませんが、
ここから見る上富良野の景色は、とっても綺麗です。

4.JPG

この日の気温は24℃。
私はインナーにフリースを着ていたので寒くなかったのですが、
仲ちゃんは指先が冷たくなり、山の中は寒かったと言っていました。

5.jpg

この写真は↓ ↓ ↓ 2016.05.23に仲ちゃんと車で行き撮影しました ↓ ↓ ↓

P5236209.JPG

P5236211.JPG

P5236216.JPG

さくらんぼの花が満開でした。このあと「土の館」へ行ったのですね~。

--------------------------------------------------------------------------

上富良野に来たら、ここの弁当屋の弁当は、絶対外せません。

先日も、仲ちゃんのバイク仲間がわざわざ、私達の為に
お弁当を買って届けてくれました。Saさんありがとう(^^)/

食べログやるるぶに掲載されている、有名なレストラン、
行列が出来るカレー屋なども、一度は行ってはみましたが、
正直、何処も名前が有名なだけで、
あんまり美味しいとは思えず、がっかりちゃんでした╭(°A°`)╮


けど、味のはげ亭は美味しいです。お勧めです。
頭の低いご主人と、80歳近いのかな~…お上品なお母様の
お2人が厨房にいらしゃいました。

食べていく事も出来ますが、今日は天気が良いので
テイクアウトして、日の出公園で食べようと思います。

6.jpg

日の出公園は、子供が小学生の頃、母と4人でキャンプした場所です。
駐車場に来たら、赤い車が何の躊躇もなく、坂道を登っていくのが
見えました。管理の車かな~?と…私達もその車の後を追うと…

なんと!!こんな綺麗な展望台に来ちゃいました。
看板も何も無かったのに、これは得した気分です。

7.JPG

さっきまでいた千望峠駐車公園のちょうど逆景色なので、
スッキリ晴れていればここから千望峠が見えると思います。

8.JPG

「仲ちゃ~ん!!私はここだよ~~!!」↓ ↓ ↓
下をウロウロする仲ちゃんに声をかけました(⌒∇⌒*)

9.JPG

10.JPG

連山はちょっと霞んでみえていますね~。

12.JPG

11.jpg

だーれもいません。貸切りです。

13.JPG

駐車場にも私達のバイクが2台停まっているだけです。 

そして…今いる所が展望台です。
日向は暑い暑い[あせあせ(飛び散る汗)]日陰に入らないと煮えてしまいそう。
お腹もグーグー鳴ってます。

14.JPG

食べる場所はここでいいんじゃないか~。

15.JPG

お弁当の名前は忘れたけど、このフライ、ザンギ、たまご焼き、
ポテトサラダ、ご飯の炊き方も最高に上手です。

16.JPG

甘いたまご焼きが、いいですね~。

17.JPG

18.jpg

さっき丘まで上がってきた道路は一部工事中で
深砂利のダートですので、ダートに自信のない方は来られないと思います。↓ ↓ ↓

19.JPG

ずっと見ていても、飽きない景色です。
2人で結婚式を挙げた気分になりました(*^_^*)

20.JPG

さあ、openまでの時間が迫っています。
ここから峠をかっ飛ばして帰ります。
トイレ休憩なしです。

21.JPG

1時間10分で着いちゃった[かわいい]


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

25.万字~夕張~シューパロ湖~更科食堂~一の沢水源地 [250ccバイクツーリング]

2016.09.12は、幾春別の更科食堂に
美味しいお蕎麦を食べに出かけました。

しかし、ただ食べに行くだけではつまらない。
って事で、夕張ツーリングからの更科食堂からの
一の沢水源地のコースになりました。

北海道は毎日いいお天気で、バイク乗りにとっては
本当にありがたいです。

1.JPG

今日の仲ちゃんのバイクはマジェスティ125ccです。
クラブマンGB250は、カスタム中です。

2.JPG

夕張のセイコーマートでコーヒーtimeです。

3.JPG

メッシュのウェアでも、山の中は暖かかったです。

4.JPG

帰りは万字に戻らず、シューパロ湖→桂沢湖方面を帰ります。

5.JPG

あんらぁ~!綺麗ですね~。

6○.JPG

8.JPG

夕張岳もクッキリ見えますね~。
こっちが裏か表か分かりませんが、南富良野、幾寅、
新得側からもこの山脈は見えます。
これです。↓ ↓ ↓ 先日の大雨で被災した地域です。 

P3024204.JPG

この山は芦別岳→幾春別岳→鉢盛山→夕張岳→屏風山ですね。
9.JPG

こちらは、むかわ側だと思います。

10.JPG

11.JPG

12.JPG

さあ、あさからコーヒーしか飲んでいませんので、2人共
お腹がペコペコです。
仲ちゃんお勧めのそば屋は、幾春別にあります。
仲ちゃんはここに13年前から行っています。

13.JPG

店内の掲示物。

14.JPG

食べ歩きマップみたいですね。

15.JPG

はい!来ましたよ~。
サラリーマンや地元の人は、1人で2つか、2人で3つ
注文するのが、更科食堂の常識になっているみたいです(笑)

私達も3つ注文しました。
とにかく美味しいんです。
素朴な昔ながらの懐かしい味なんです。

昼過ぎに通過する時は、売り切れでのれんが仕舞われてる時が多いです。
確かこれだけで、1400円くらいだったと思います。

16.JPG

お腹一杯です。
チャックが閉まらなくなってしまう程満腹です。

17.JPG

幾春別から岩見沢まで走ってきましたが、
いつも気になる看板があり、仲ちゃんに
「行きたい所があるんだけど、付き合ってくれる?」って言ったら、
すんなり付き合ってくれまして、

18.JPG

19.JPG

20.JPG

ここ!!行きたかったんです。
一の沢水源地。

21.JPG

この看板を左折して田舎道を行くと、
本当はこの赤いラインを曲がらなくてはいけないのに、
看板が見えず、私達は青いラインを曲がってしまい…

22.JPG

凸凹のアスファルト道が、次第にダートになり、

23.JPG

深砂利、土をずっと進むと、ダンプが1台やっと通れるくらいの道になり、

24.JPG

このダンプの後をついていくと…

25.JPG

ダンプは途中の工事現場に入って行き…
私達の走る道は、完全に林道になってしまい、

26.JPG

とっても心細くなり…急なのぼりがあったり、下りになったり
水溜りがあったり…
これは完全にオフロードバイクコースであり…

27.JPG

28.JPG

やっと林道のふもとのビニールハウスに出たのに、
当然の事ながら、水源地はみつからず…

29.JPG

とても広々とした田んぼや畑の中を走りぬけ…

30.JPG

31.JPG

またこの看板まで戻って来ました(笑)

さて…2時OPENですので帰ります。
あ~!楽しかった~!充実の3時間でした。

21.JPG

今日は水源地まで辿りつく事が出来なかったのですが、
後日、車で行って来ました。

「熊出没注意」「まむし出ます」の看板の前には
通行止めのゲートが締まっており、
辿りついても結局立ち入る事が出来ない状態でした╭(°A°`)╮笑


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

24.三笠焼き鳥くいしんぼ 三笠達布山展望台 [250ccバイクツーリング]

北海道の三笠市には、地元の人に人気の焼き鳥屋があります。

やきとり.jpg

嘘じゃなく、本当に美味しいんです。
嘘だと思ったら、一度買って食べてみて下さい。
私と仲ちゃんは、ここの焼き鳥の大ファンです。
富良野方面に行く時は、
少し遠回りをしてでも買って食べたい焼き鳥。

今日はこのツーリングのあと仕事なので、
すぐ帰らなくてはいけません。

『三笠の道の駅』に来ている焼き鳥屋さんの販売車。

家を出発する前に、くいしんぼうに予約を入れます。
くいしんぼう 080-3575-3676
そしたら列に並ばなくて買うことが出来ます。

本店は 080-5728-9791
三笠市幸町11-26
日曜日が休みです。  


やきとり.jpg

焼き鳥を4本買いました。

リュックに入れて、さて…どこに行きますか?

そうそう!いつも道道116号を走る時に
山の上の方に見えている、展望台に行ってみない?

いつもちょっと気になっていた場所だったので
仲ちゃんもすぐにOKしてくれました。

今日の仲ちゃんのバイクは、CBX125カスタム。

1.JPG

11.jpg

今日はすっごく暑い。たぶん28℃くらい。

12.JPG

この暑さの中、展望台の階段をのぼる。

結構高い。
三笠の田畑は水害が無かった。よかった~。

13.JPG 

そして…
風でフワフワ塔が揺れてる╭(°A°`)╮
塔ごと倒れたら…間違いなく…死ぬな

月形方面 ↓ ↓ ↓

2.JPG

三笠、幾春別、富良野方面 ↓ ↓ ↓

3.JPG

札幌方面ですね~↓ ↓ ↓

14.JPG

あ~!!お腹すいた~~。
リュックからはいい匂いがしています。

暑いので木陰へ。

これこれ~~!!!
も~!!!大好きな焼き鳥です。

4.JPG

デカいんです。
そしてネギの代わりに、玉ねぎを使ってるんです。
サクサク玉ねぎに、ふっくらお肉。
たまりませんね~。

5.JPG

1本120円(安い!)
3本食べてお腹一杯になりました。

満足満足(⌒∇⌒)

6.JPG

仕事で岩見沢に来て6ヶ月。
この景色も見慣れました。

10.JPG

今日は8月28日。
あと何回バイクに乗れるかなぁ~。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

23.夕張方面は通行止め [250ccバイクツーリング]

雨でやられた8月の北海道。

帯広、南富良野、新得の酪農家、農家が
家屋や畑、家畜が流され、北海道は最大級の被害を受けました。

蕎麦、ビート、米、玉ねぎの収穫を控えていた矢先の台風。
史上初のルートで北海道を通過して行った台風。

大好きだったラーメン屋も蕎麦屋も、みんな床に泥が上がり、
営業できなくなっているそうです。

今では、全国から500人程のボランティアの方々が
被災地に訪れているそうです。

昨日(9/14)は、安倍総理が現地を視察に来ていました。

私は年中無休で仕事をしているので、被災地に
お手伝いに行けなくて、ごめんなさい。
農家さん、酪農家さんは、ゼロからのスタートですね。
一日も早い復興を心から願っております。

----------------------------------------------------------

2016.8.26のお話しです。
最近の中ちゃんとの日課は、夕張までバイクで走る事です。

毛陽のメイプルロッヂを通過し、
美流渡(みると)、万字(まんじ)を通過・・・

P7236354.JPG

峠の入口まで来たところで(夕張まで手前27キロ)のところで
通行止めです。

先日の大雨で、山頂付近の道路が陥没したらしいのです。

1.JPG

今日の中ちゃんのバイクは、ホンダCBX125カスタムです。

戻りましょうか。
途中公園があったね。

2.JPG

持ってきたお弁当は、その途中の公園で食べましょうか。
・・・って事で、万字炭山森林公園へ行く事になりました(^^)/

3.JPG

向かう途中の道は、洪水の爪あとが残っていました。

4.JPG

ちょっとした川渡り(笑)

5.JPG

水が流れた跡は、地面が深くえぐれていました。

「中ちゃ~ん!!写真撮るから~そこでストップ~!!」[手(パー)]

6.JPG

ジリジリと太陽が照り付けます。

初めて来る公園です。

7.JPG

8.JPG

小学校の机が3つ並んでいるのをみつけ、
そこに腰を下ろしました。

昼食timeです。

9.jpg

私は先に食べ終わって、園内を観察。
遠くにバイクと仲ちゃんが見えます。

手入れが行き届いていて、綺麗な公園でした。

10.jpg

ご飯を食べたら帰ります。

11.JPG

またたっぷり、自然の空気を吸いに来ますね。

12.JPG


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

22.富良野 土の館 トラクター展示 [車でドライブ]

5月23日のドライブは、岩見沢を出発して
富良野に向かいます。

今日の目的はここ!
http://www.sugano-net.co.jp/museum/

随分前の日曜日に「土の館」に行ってみたら閉館してまして、
今度こそネットで開館日を検索して、今日行く事に決定しました。

雪の残る 大雪連邦を見ながら車を走らせます。

ため息が出る程の素敵な景色です。
白い山が本当に綺麗です。

P5226099.JPG

雪融けを迎え、5月はまだ作物を植えていない畑が沢山ありますが、
ちゃんと、パッチワークの丘になっていますね。

P5226102.JPG

このトラクターの模型を目印に右折します。

P5226095.JPG

あッ!! 本物のトラクターだ!!(笑)

P5226105.JPG

P5226106.JPG

到着したのは「土の館」。
仲ちゃんがずっと来たがってた「土の館」。

早速中を見てみましょう。

P5226142.JPG

私はトラクターはあんまり詳しくないのですが、
トラクターの顔はほとんどが昆虫みたいな顔をしています。

P5226110.JPG

P5226111.JPG

男の人って、トラクターとか好きなんでしょ~!!

古いトラクターが、ずらーーーっと並んでいます。

P5226114○.JPG

P5226115.JPG

P5226116.JPG

こんちゅーーー

P5226117.JPG

全世界から集められたトラクター。

P5226119拡大.jpg

使用経過を読んでいると、とっても楽しいです。

P5226120.JPG

P5226121.JPG

P5226124.JPG

P5226123.JPG

実は今日の富良野は29.6℃。
東京より暑いのです。

外のプラウ展を見ていて焼けそうに暑かったので、
また家屋に戻りました。

P5226126.JPG

P5226125.JPG

P5226128.JPG

昭和43年の145万円って…
家が1軒建っちゃいますよね。

P5226127.JPG

P5226129.JPG

P5226130.JPG

P5226131.JPG

入館料は無料です。
トラクターの分からない私でも、興味深深です。

P5226132.JPG

皆さんも是非、行ってみて下さい。

P5226133.JPG

P5226134.JPG

P5226135.JPG

P5226136.JPG

このjeepの運転席。
油圧ポンプがこんな所に搭載されています。

P5226137.JPG

P5226139.JPG

ここのお祭りの日は、この蒸気トラクターを動かします。
動画ビデオがありました。

P5226140.JPG

土の館から見える景色です。
とっても素敵ですね~。

P5226141.JPG

さてこれから、望岳台に向かいます。

P5226145.JPG

この山のふもとの登山口まで行きますよ~。

P5226146.JPG

P5226147.JPG


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

20.岩内 万里加 [岩内へドライブ]

「なんか 美味しい物食べに行きたいね~。」
仲ちゃん「峠走りに行きたいな~。」

そしたら…万里加に行きますか~?…って事で。
もう紅葉も終わった11月8日(日)
R393毛無峠~
PB085733.JPG

10月25日に降った雪が、路肩に溜まっています。

PB085734.JPG

結構寒いです。

PB085735.JPG

PB085736.JPG

PB085737.JPG

雪だるま街道から、ちょっとだけ近道。
雨がポツポツ降ってきて、今日は羊蹄山が見えませんでした。

PB085739.JPG

PB085740.JPG

裏パノラマラインは、帰りに走ります。
今日は、R5で国富まで行って~
国富を左折してR276に入り~岩内まで車を走らせます。

そして到着したのは、松尾ジンギスカン 

PB085744.JPG

隣の 喫茶 万里加

万里加の食事は、どのメニューを注文しても、どれも美味しい。
岩内では若者から大人までの 人気のお店です。

今日はサンバーで来ました(●´∀`●) 修理後の試し乗り。

PB085743.JPG

仲ちゃんはお決まりの「松尾スペシャル」

PB085742.JPG

私は「チャーハン」と…あれ?手前に写ってるのは何だったっけ(笑)

PB085741.JPG

量が多くて美味しいなんて、最高ですね。
味がね、レトロな感じで、お上品なんです。

お腹がはち切れそう。 お会計して出発です。

PB085745.JPG

帰りは道道66から、道道604の「裏パノラマライン」で帰ります。

PB085746.JPG

紅葉が終わっていますが、雪はありません。

PB085747.JPG

カーブが続き楽しい道です。
擦れ違う車もほとんどありません。

PB085749.JPG

PB085751.JPG

PB085752.JPG

防雪棚が作業員の手によって、一つ一つ上げられていました。
防雪棚は、吹雪により視界ゼロになる状態を作らない為の棚で、
これにより地吹雪も最小限に留まり、交通事故を減らしている。
北海道では、冬には欠かせない棚(ブラインド)です。

PB085754.JPG

PB085755.JPG

また、雪だるま街道まで来ました。

PB085757.JPG

ここからまた、毛無峠を帰ります。

PB085761.JPG

最近出来た「赤井川の道の駅」。
寄らずに帰ります。

PB085764.JPG

落合キャンプ場付近で、スピード違反?の取締りで
捕まってる車を発見。こわーーー

PB085765.JPG

家に帰ったら、ポンパレで頼んだ「花畑牧場」の
チーズケーキが届いていました。

PB115775.JPG

冷凍で送られてきて、カッチカチです。
値段(1.600円)の割りには、ちっちゃくて ちょっと残念。
これなら、コストコのチーズケーキの方が良かったな~。

解凍されたら ゆっくりいただきます。

PB115777.JPG



共通テーマ:グルメ・料理

19.サラのお客様 [美容室サラ]

URLは削除されました

美容室サラのブログUPが終わっています。

是非見にいらして下さい。

2015111315260000.JPG

ひろ子さん1.JPG

PA015603.JPG

まゆみさん5.JPG

るい君4.JPG

喜久代さん1.JPG

2015110910350000.JPG

千秋親子1○.jpg

千秋親子3○.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

18.積丹半島をハイキング 女郎子岩を見に行ったよ [積丹方面]

義経伝説に出てくる、女郎子岩。
この岩を一度でいいから見てみたいと、

PB185813.JPG

小樽に住む息子を誘って、ドライブして来ました。
北海道の天気は、雨が雪に、プラス気温から一気にマイナス気温にと、
寒暖の差が激しいので、この時期は、天気予報を見ながら、
スケジュールを立てないといけない。

1.JPG

火曜日までは暖かかったが、天気は下り坂。
水曜日は少し寒そうだが、仕事も休める。

よし!決まったら何が何でも決行!

小樽に引越してから風邪ばっかりひいてる息子に、
長期保存できるおかずを作って行く事にする。

材料は至って簡単。
鶏肉は下茹でし、余計な脂分を落とした後炒める。
皮は取っても取らなくても、お好みで。

きゅうりと長ネギをカットして、水をよく切って 3種類を混ぜ合わせる。

2.JPG

今回は材料が多いので、予め鶏肉に砂糖醤油で味付けした。

3種類を混ぜ合わせたら、フライパンに砂糖と醤油を入れ、
数秒間(泡で膨れるくらい・電子レンジでも良い)温めて、

3.JPG

少し冷ましてから、野菜にドバッと回し入れる。
そうすると、長ネギときゅうりから程よい水分が出て
これがまた美味しいのです。

仕上げに白ごまをパラパラっとして出来上がり。

4.JPG

それをタッパーに入れ、頼まれた物(人参、白菜、卵)を
購入し小樽に向かう。

息子を迎えに行き、おかずを冷蔵庫に入れたが、
頼まれていた通帳を持ってくるのを忘れた[バッド(下向き矢印)][あせあせ(飛び散る汗)][がく~(落胆した顔)]
忘れた事にビックリ。ここに到着するまで気付かなかった[爆弾][どんっ(衝撃)][ふらふら]
「母さん珍しいね。」と琢磨に言われた╭(°A°`)╮

--------------------------------------

小樽を出発し、道道956で
 フルーツ街道から塩谷を抜け→
余市ニッカウヰスキー工場を通過→
国道229で 古平家族旅行村を通過→
婦美から道道913に入り、しばらく進むと 
入舸(いりか)の町に入った。

最初の標識があったが、ここではないみたいだ。


5.JPG

あッ!!看板がありました。
この看板の前は駐車場になっており、
ここからも女郎子岩に行けそうです。

しかしここからだと、山を一つ越えなければならないので、
もう少し先の、積丹・島武意海岸の駐車場まで行きましょう。

6.JPG

きっと道外からの旅行者も、ここには訪れた事があるでしょう。
車を停めて、このトンネルを抜けたら、右の写真のような
海岸「積丹ブルー」に出会えます。

しかし今日は工事中で、来年3月までは通過不能です。

7.JPG

人の大きさからも、このトンネルが
どれだけ小さいかお分かりですね?(笑)

8.JPG

トンネルを素通りし、仮設の展望台まで歩きます。
そちらが本来の私達の目的の、女郎子岩がある方です。

ここまで300m坂を登って来ました。
展望台まで来たら、眼下に本来の展望台が見えました。

PB185794.JPG

結構な強風です。
耳がしゃっこくなって(冷たくて)、ちぎれそうです。

PB185796.JPG

クネクネ三脚を木の枝に固定させて、写真撮影[カメラ]
岩にぶつかる波の音を聞きながら、灯台に向かいます。

寒いのでムクムクパンパンに上着を着ています(笑)

PB185799これ.JPG

PB185798.JPG

標識.jpg

ロン君!足、冷たくないかい?

PB185800.JPG

小さな灯台までの坂道を、琢磨にお尻を押してもらいながら
やっとここまできた~。
いんや~[あせあせ(飛び散る汗)]体力なくなったなぁ~。
母さん、25日前に50歳になったよ~[ちっ(怒った顔)]

PB185801.JPG

島武意海岸は結構来ますが、積丹半島を
歩くのは初めてで、景色に感動します。

PB185802.JPG

あの先の尖がった岩の辺りに女郎子岩はあります。
この階段を、帰りは登ってくるのかぁ~[台風]

PB185803これ.JPG

階段がずっと向こうまで続いてるよ~。
すんごい景色だね~。綺麗だね~。初めてみた~。

PB185804.JPG

あの 尖がった岩まで、あと1kmくらいか。

PB185828.JPG

手前に見える岩の下は、火山灰の断崖絶壁で、
ロンがチョロチョロするので 落ちそうで怖かった。

PB185834.JPG

そしてこの岩を越えて、さらに進むと…ベンチがあって、
入舸町から上がってきた道と合流した。

PB185817.JPG

息が切れるがもう少し。
まだ14時半くらいなのに、太陽は夕日みたいに感じる。

数分後、小さな展望台が見えて、そこに上がると…

-------------------------------------

やった~~[かわいい]見えたよ~[かわいい]

女の人が、海を見ている姿に見えるよ~。

PB185805これ.JPG

それは義経を見送る姿なのでありました。

PB185807.JPG

展望台から下りて、一人ずつ写真撮影[カメラ]
1歩背中側にずれると、崖はそこから始まっています。
落ちたら即死だな[どんっ(衝撃)]

PB185810.JPG

私は琢磨と女郎子岩を うまく写したのに、     [左斜め上]
琢磨ったら~
╭(°A°`)╮女郎子岩が切れてやんの[もうやだ~(悲しい顔)](笑)
これじゃーハトにしか見えないや
(^^;)        [左斜め下]

PB185811.JPG

水分と糖分を補給して、少し休んだら出発します。

この絶壁の下まで降りれないのが残念です。
今度はコンディションを整えて、暖かい時に来ます。

女郎子岩さ~ん さようなら~[もうやだ~(悲しい顔)]
今度は登山嫌いな 仲ちゃんを連れてきます~。

PB185812.JPG

帰りは下り坂が多くて、ちょっと助かります。
早くもここまで来ました。

ロンは速くて速くて、リードを引きずって
先に行って私達を待っています。

遠くに、あの階段が見えてきました。

PB185814.JPG

階段はここから登りです。

PB185819これ.JPG

ロン君、お待ち下され~~。
観光客が一人もおらず、貸切りです。

PB185823.JPG

黄昏~~[わーい(嬉しい顔)]

PB185821.JPG

琢磨も~[グッド(上向き矢印)](笑)

PB185824.JPG

PB185826.JPG

後ろを振り返ります。

PB185828.JPG

PB185830.JPG

ここから200m程進むと、

PB185831.JPG

こんな景色が[かわいい][ぴかぴか(新しい)] すんばらしいです。

PB185835.JPG

たそがれてます。
スキーウェアーを着て、調度いい気温です。 6℃。

PB185836.JPG

PB185837.JPG

はい もう少し。 駐車場まで あと300mです。

PB185838.JPG

杖にしていた「イタドリ」を捨てると、
車に乗り、出発です。

帰り、牡鹿が草原で草を食べていました。
牡鹿を見るのは、人生で3度目です。

PB185842.JPG

先日母と行った、白岩の夫婦岩を見て

PB185846.JPG

小樽まで送ると…
商科大学の真ん前から、展望台に上がる道があり、
琢磨と夜景を見に行く事になったが、(標高190m)
真っ暗な道を数分間 車で上がって行き、
真っ暗な駐車場に車を停め、
ホント気持ち悪い場所に旭展望台はあった。(夜だからです[モバQ]


PB185848.JPG

PB185852.JPG

しかし夜景は綺麗だったよ~。

息子とのデート終了。
今度はいつ、遊んでもらえるかな(笑)
ありがとう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

17.屈足(くったり)温泉レイクイン→然別(しかりべつ)湖→タウシュベツ川橋梁→ホテル大雪 [温泉へGo!]

10月24日(土)。
余談ですが今日は、旅行&バイク好きの父が亡くなって23年目の命日。

土曜日は仲ちゃんも私も仕事。早目に仕事を切り上げて、
ごご3時半に家を出発、↓ ↓ ↓
http://www.lakeinn.jp/spa.html
新得町字屈足(くったり)の、レイクイン屈足に行きました。

江別の紅葉は、終わりかけていて、
白樺の白い幹が、黄色の紅葉を引き立てている。

PA245609.JPG

新篠津の大橋を左手に見ながら

PA245610.JPG

幌向(ほろむい)から、岩見沢に入り、三笠から桂沢湖を経由~
R452の
三段滝を通過([トイレ]は10月初旬から冬期閉鎖されていた)~
[トイレ]我慢しながら 富良野に入る。
ここまで来たらもう辺りは真っ暗。

R38 樹海峠を越え~幾寅(いくとら)に入ったら、
スピード違反で1台の車が、覆面パトに捕まっていた[がく~(落胆した顔)]

PA245613.JPG

南ふらのの道の駅で[トイレ]time~狩勝峠~午後7時にホテルへ到着。
夕飯はホテルでいただく事にしました。

ここへ宿泊するのは2度目です。

ここのホテルの露天風呂で、不思議な再会がありました。
前回、仲ちゃんとここに来たのは4月25日。
温泉の露天風呂で知り合い、意気投合した女性二人組み。

今夜も食事が終わって、夜11時に露天風呂に入りに行ったら…
[exclamation&question][exclamation&question][exclamation&question] 何だか何処かで見たことのあるお顔…
そして私…「もしかして…前にここでお会いした姉妹の方ですか?」
と声を掛けさせてもらった。

そしたら「え?もしかしてシュナウザーの方?」と聞かれ[がく~(落胆した顔)]
もー!3人とも素っ裸の対面でビックリ仰天[ダッシュ(走り出すさま)](笑)

彼女達もここを訪れたのは、前回以来だったみたいで、
私達もそうだったのでビックリでした。
この偶然って必然? 運命の偶然?凄い!![わーい(嬉しい顔)]

-------------------------------------------

温泉では「鹿肉」のお土産セットが販売されているのですね。
地方発送が嬉しいですね。

PA255624.JPG

PA255625.JPG

   [かわいい]翌朝[かわいい]

雪がチラつく、っても寒そうな10月25日の朝です。
今日は私の50歳の誕生日[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

PA255631.JPG

屈足湖の紅葉も終わりかけています。
朝食のレストランで、昨夜の姉妹と、
そのご主人にご挨拶をして、名前交換をして
facebookでお友達になりました[グッド(上向き矢印)]

PA255633.JPG

3人さんに別れを告げ、一足お先に出発します。
今日の行き先は…層雲峡のホテル大雪へ日帰り入浴です[いい気分(温泉)]
先ずは、鹿追方面へ右折。

PA255636.JPG

今朝方から降りだした雪が、うっすらと積もっていました。
肥料になるひまわりの花が 寒そうですね。

PA255642.JPG

畑の白黒ラインが素敵です。
秋と冬の境を見られて、ちょっと嬉しいです[るんるん]

PA255643.JPG

針葉樹の枯葉がシャーベットのようになっています。

PA255647.JPG

鹿追の有名な直線道路は走りやすいですが、
取り締まり路線でもあります。

PA255648.JPG

この看板。
昨年の11月に仲ちゃんと、無料露天風呂 鹿の湯に来ました。
  ↓ ↓ ↓
http://koborezakura.blog.so-net.ne.jp/2014-11-06

今日はここには寄りません。

先日、子供2人の生命保険に加入したら、「選べるカタログ」で、
ホテル大雪の招待券をいただいたのでした。

PA255649.JPG

道道85号線の白樺峠を越えて、然別(しかりべつ)湖を目指します。

PA255650.JPG

お~!本当に白樺ばっかりなんだね~。
標高があがるにつれ、雪が多くなってきたよ。

PA255652.JPG

今日は私のワゴンRで来ました。
峠を越える予定でしたので、
早めにスタッドレスタイヤにしてきて正解!

しかし、冬用ワイパーにして来るのを忘れて残念[もうやだ~(悲しい顔)]
ゴムが硬くなって、水はけが悪いです。

ワゴンRは仲ちゃんが、婚約指輪の替わりに
私にプレゼントしてくれた車です[黒ハート]うふふ
[かわいい]
指輪[リボン]もプレゼントしてもらいましたけどね(●´∀`●)[プレゼント]  

PA255654.JPG

然別湖まで来たら、もーー大雪になっていました。
ホテルの脇をすり抜け、ここから湖畔沿いの
危険な道に突入です。

PA255656.JPG

今年7月6日に、ここで転落事故があり、
72歳の女性が死亡しました。
然別湖畔はガードレールがなく、
道が湖畔に向かって傾斜していて、
湖畔ギリギリに車道がある為、
車が擦れ違えない程狭いのです。

事故のニュース 
http://shashuhantei.blog.jp/archives/8889684.html

PA255657.JPG

それにしても…前からも後ろからも車が来ない。
まさか…この先のゲートが閉まってるって事ないよね~。
…と内心ドキドキしながら走っていた。

PA255660.JPG

路面は結構ツルツルしていて、何度か
ブレーキテストをしながら、幌鹿峠を越えた。

PA255661.JPG

この峠を走っている途中で、携帯電話が鳴った。
私の家の 下階に住んで下さってる おじさんの息子さんからだった。

PA255662.JPG

「父が昨夜、葬式の帰りに車にはねられ、
             深夜3時に息を引き取りました」
と。

急な話しでビックリでしたよ。
おじさん、5ヶ月前に奥さんを亡くして、栄養失調気味でした。
ですから、私の母が毎日おじさんのご飯の世話をしていて、
朝と晩は、必ず母が作って持っていってあげていたのでした。

だいぶ身体も弱っていたからな~。
奥さんが迎えに来ちゃったんだな~。
私の誕生日が命日になっちゃったよ。
きっと私に「いつまでも俺の事忘れないでくれよ」って
言ってるんだろうな。

ご冥福をお祈りしながら、車を走らせていました。

PA255663.JPG

ぬかびら温泉郷への出口ゲートに、警備員が立っていて、
「何台か車と擦れ違いましたか?」と質問されたが、
「1台もいなかったですよ」と答えると、
待機していた除雪車が、私達が走って来た道道に入って行った。

PA255664.JPG

私達が通過するのを、待っていたのですね~。

そして車は国道273に繋がった。
ここから先は、
旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋
見られる場所です。

鉄道には あんまり興味はなかったのですが、

PA255666.JPG

折角ここまで来たのですから、自分達もこの目で
その橋を見てみたいと、車から降りました。

車の荷台から、冬のズボンを出してダウンを着ると
すっかり冬の格好。

PA255667○.jpg

しかしこのブーツ。。。大阪で買ったので、
靴底に滑り止めが付いていないので、滑るんです[がく~(落胆した顔)]
[バッド(下向き矢印)]

けど、雪道の歩き方が上手なのが 北海道人(笑)

PA255668.JPG

PA255674.JPG

ほほ~~ これが有名なタウシュベツ川橋梁かぁ~。

もう大分橋が沈みかけていますね~。

PA255669.JPG

こんなに遠く見えます。

事前に営林署に手続きをすると、ゲートの鍵をもらい
橋の近くまで入る事が出来るそうです。

PA255672.JPG

りか 50歳の笑顔(笑)[あせあせ(飛び散る汗)]きもっ[あせあせ(飛び散る汗)]

PA255675.JPG

PA255677.JPG

この木はデカかったね~。

PA255678.JPG

左の散策路には、鹿の足跡しかありませんでした。

PA255680.JPG

2組の観光客と擦れ違いましたが、
中国人や韓国人の観光客が増えましたね~。

ですがこの外国人…国際免許でレンタカー。
北海道の走行大丈夫でしょうかね~[台風]こわいな~

PA255681.JPG

三国峠は標高1139mで、道内最高所の峠です。
眼下には樹海が広がり、圧巻の景色です。

PA255682.JPG

PA255683.JPG

夏には、一面にルピナスが咲くんだそうです。

PA255684.JPG

PA255685.JPG

PA255686.JPG

下りは雪が締まっていて、グリップはするのですが、
もの凄い横風です。

PA255687.JPG

粉雪が竜巻みたいに、巻き上がっているのが見えます。

PA255688.JPG

13時には、ホテル大雪に着きそうですね。

PA255691.JPG

PA255692.JPG

大雪山層雲峡・黒岳ロープウエイの停留所脇に
ホテル大雪はあります。

PA255694.JPG

ホテル大雪では、3つのお風呂が楽しめます。
その度に着替えをして、出なくてはいけないのですが、
上から眺める景色が最高で、落ち着ける温泉です。

お風呂上りでスッピンですが、誕生日なので記念撮影します。きもっ
[どんっ(衝撃)]

PA255696.JPG

お風呂から出ると、車に10cmも雪が積もっていて、
スノーブラシを車載するのを忘れ、ホテルからお借りしました。

層雲峡は目も開けていられないくらいの、猛吹雪。

帰りはお腹が空いたので、旭川を過ぎて
芦別の道の駅で、「がたたん」を食べて帰ります。

PA255697.JPG

これが「がたたんラーメン」

PA255700.JPG

PA255701.JPG

これが「がたたんチャーハン」

PA255702.JPG

「がたたん」誕生秘話です。↓ ↓ ↓

PA255703.JPG

数十年前に閉園になった、芦別レジャーランドの観音像が見えました。

PA255698.JPG

レジャーランド…一度も行かないうちに 潰れちゃいました。

PA255699.JPG

ここからは、私の運転で、雪のない札幌まで帰ります。
帰ったら、下のおじさんの仮通夜に行かなくちゃ。

捕まらないように帰らないと。
けどまた、R337で覆面に捕まってる車を発見。
いるね~。
北海道を走る時は、スピードを落として
安全運転で走って下さいね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

16.余市ニッカウヰスキー工場→夫婦岩→オタモイ海岸 をドライブ [積丹・余市方面]

みなさん こんばんは[三日月]
昨日11/1は定休日で、母と一緒にドライブに出かけました。
最初に向かった所は、小樽のアパートに住む息子のところ→
行った時息子は、ご飯を炊いて、サケを焼いていました。

部屋を少しだけ掃除したあと、風邪気味の息子に
別れを告げ(大げさ)www

余市ニッカウヰスキー工場へ ↓ ↓ ↓

PB015656.JPG

朝の連続テレビ小説「まっさん」の撮影で使われた場所。

PB015639.JPG

ピートは、スモーキーフレーバーの香り付けに使われた泥炭ですね。

PB015641.JPG

母です。足が痛くて長い時間は歩けませんが、とっても元気です。
リタハウスは入れませんでしたが、窓から覗きました。

PB015635.JPG

ちょっと肌寒いですが、観光客もたくさん来ています。

PB015634.JPG

まっさんこと、竹鶴さんが吊った魚拓です。

PB015655.JPG

リタと、竹鶴の思い出の写真がいっぱいです。

PB015627.JPG

PB015633.JPG

PB015621.JPG

2人の自宅に入ります。
写真が展示してありました。

ニッカウヰスキー工場は、全部無料で開放しています。
太っ腹だな~ニッカさん。 ありがとうございました。

PB015620.JPG

----------------------------------------------

車は余市を出て、古平方面へ向かいます。

私はこれを観たかったんです。
新しいトンネルが出来る前までは、ここが国道でした。
ですから積丹や神威岬に向かう時は、必ず目にした岩でしたが、
今はもう、わざわざ行かないと見られなくなってしまったのです。

えびす岩と大黒岩(夫婦岩) ↓ ↓ ↓PB015660.JPG

PB015661.JPG

PB015672.JPG

こちらの海水は大変綺麗です。
これが噂の積丹ブルーです。

PB015670.JPG

後ろを振り返ると白岩が見えます。
このトンネルが、旧国道です。
雪ではありませんよー。

PB015664.JPG

-------------------------------------

日が暮れる前に、母を連れて行きたい所がありました。

オタモイ海岸です。 ↓ ↓ ↓

PB015692.JPG

PB015695.JPG

昭和7年の夢のあとがそのまま残されています。

今はもう誰も 下りる事のない階段。
ここへ立ち入る時は、電話をして許可をいただきます。
みんな勝手に入っていますけどね。

PB015688.JPG

この崖っぷちを あの門まで歩きます。
凄く狭く、手すりが海側に倒れていて怖いです。

PB015687.JPG

門をくぐり、下を見る。
ここは心霊スポットでもあり、自殺の名所。
けど、なんて素晴らしい景色と海岸なんでしょう。

後方に見える展望台には、龍宮城と呼ばれる娯楽施設が建っていました。
戦争が終わり、再開しようとした矢先、不審火で出火。
全滅したという事です。

PB015677.JPG

ここが展望台。
綺麗だけど 高くて怖くて屁っ放り腰です。

PB015680.JPG

母と2人だけでドライブしたのは、何年振りでしょうかね。
色々な話しも出来て、とっても楽しかったです。

もうひとつのブログは「アメブロ」の方に書きました。
興味のある方は、どうぞ覗いてみて下さい。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/biyoushitsusara/entry-12090875539.html



共通テーマ:旅行

15.紅葉 [ロンとお散歩(シュナウザー)]

あ~る~晴れた~ ひ~る~さがり~
ロンの好きな公園に行きました。

ドウダンツツジが真っ赤になったこの日は、
少々肌寒い 気温は16℃。

1.JPG

この公園から創成川の川沿いを歩きましょう。
ここは「屯田みずほ通り」って言うんですって。

初めて来ました。ロンも嬉しそうです。

2.JPG

マラソンランナーや、犬の散歩、車椅子の方も、
手をつないだ老夫婦も お散歩していました。

気持ちいい道でしょ?(●´∀`●)  

3.JPG

見事な 柳の木ですね。
ナナカマドも赤く 色付いています。

4.JPG

1500歩 歩いて、折り返しです。
往復3000歩。風は少し冷たく感じますが、
うっすらと汗をかきました。

5.JPG

このあと、同じ犬種のシュナウザーをお散歩されていた
素敵な女性と立ち話。

彼女は、ヘッドスパをする美容室を探されていたようで、
いつか「美容室サラ」にいらっしゃると、
お約束されて、お別れしました。

又いつの日か再会したいです。

サラのブログはこちらです。
   ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/biyoushitsusara/entry-12085150579.html


コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。